1390620 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そんなテルアビブ★イスラエル★

全7件 (7件中 1-7件目)

1

恋愛:年下君

2009年05月17日
XML
カテゴリ:恋愛:年下君

話はローマ法王から一気に飛びます!!

オフェルさんのところで働いているノアム君初デートが3月21日

その後、電話があったが出られず、SMSも来ていた。

でも時間が折り合わず会っていなかった。

週末は疲れてどこにも行きたくない状態。それも言い訳になるかなぁ~?

平日は本当に本当に何もしたくない、体力ないねぇ~。


そこで、「ごめんね、忙しくって、時間作ってみるから。」

みたいなことを書いてメッセージを送ったのですが、これが誤解を招いていました。


翌日用事があってオフェルさんに電話をすると、

「若者がしょげていたよ、bonbon に嫌われたって。」

「え? 私そんなこと言っていないよ。」


聞くと、私のメッセージは遠まわしに彼のことを断ったと、思ったようです。

それで、しょげているのかなって思ったから

4月2日のテルアビブ100周年記念に行こうと誘ったが彼の仕事が入って駄目。



Rothchild Street TLV

その後、私はトルコ旅行があり、もちろん旅行から戻ったら仕事の山。

時間があっという間に過ぎ、また会えずじまい。

独立記念日の1週間くらい前のSMSメッセージで

「ごめんね、今度会ったときにキスしてあげる。ufu。。」

何気に言った言葉だったのに、

「本当! でもどうして?」

え、あ、ふ・・・どうしてって言われても、軽く流してほしかったのに。

もちろん、どうしてと言った彼の返事はせずに違う会話で流しましたウィンク



near my apartment TLV


それでまたオフェルさんと電話で話することがあって、

(まったくイスラエルの男って恋愛話を男に相談するのかね?)

「若者、また悩んでいたよ。」

「え?」

「今、若者隣にいるから英語で言わないけど、なんだか接吻するとかってメッセージ送ったんでしょ?」

(オフェルさん日本語達者です) 若者が横にいてもあえて接吻とかって言わなくても、

接吻、接吻ですか?? 大笑い大笑い

「若者ね、これは違う人に送るはずのメッセージを間違えて送ったと思っているから、俺はねお前のこと知っているから、 bonbon はずっと会えないから悪いと思ってこのメッセージを送ったんだよって言ったんだよね。」

「さすが、オーちゃん、もちろん彼に送ったメッセージだよ。」


それで、初めてのデートから1ヶ月ぶりの4月25日に2回目のデートをしました。

「あのね、メッセージでキスしてくれるって言ったでしょ。。。」

あ、そう来たか。。どうしよ・・・・・。



Ibn Givrol Street TLV

4月下旬、会社に対してとても頭に来たことがあってデートどころじゃなかった。

(それは今も続いているのですが)、5月10日が彼の26歳の誕生日だから、

いつもおごってくれている彼です、6日の電話をしました。

「週末どうしているの?」

「友達が誕生日プレゼントで北部旅行連れて行ってくれるんだ!!」

などの会話をしていたのですが、

「レストランの仕事終わってから君の所に言っていいかな?」



Dizengoff Street TLV

翌日、オフェルさんと電話で話すことがあって、

「昨日、若者行っていたんでしょ?」

「うん。」

「どうだった?」

「何もしていませんって!」

「若者もあんたも汚れているんだから、どうして呼んでおいて・・・、可哀想でしょ!!」

「いや、汚れてるって (爆笑)。や、 呼んでおいてって、彼が来るっていうから、別に断る理由がなかったのよ。たしかに、可哀想よね、我慢していたんだろうねぇ。」



それから数日後、またオフェルさんと電話で話した時に、

我慢君どうするの?」

「あははは大笑い我慢君ですか」


我慢君

北部にキャンプに行こうと言っていた。

ゲイパレードは付き合ってくれるって言ってた。

でも、エルサレムは行きたくないって言うんだもん!!!!


我慢君と何か進展がありましたらまた報告します。







最終更新日  2012年04月25日 06時40分37秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年03月21日
カテゴリ:恋愛:年下君

 

オフェルさんのレストランで働いている男の子と本日デートでしたウィンク

オフェルさんが紹介? (2008年03月15日) してくれた男の子。

本当は先週の水曜日はどうだろうと話をしていたが、テルアビブから北部アッコまで

片道約2時間半かけて通っている私は週中は本当に体力がなく、

朝の6時半くらいに起きて、家に戻るのが9時近く、

週に2~3回会社に行っているのだが、これが結構疲れるしょんぼり

だから週末にしましょうとのことで、今日土曜日会いました。





お車で迎えにきて、南テルアビブのフローレンティン (Florentine) へ行きました。

ノアム君、普通の25歳の男の子。


基本的にブルーアイズにあまり魅力を感じることのない私。

迎えに来る前に彼に忠告をした。

「お願だからフレグランスをたくさんつけてこないで。」


私、イスラエルで何が最も嫌か、フレグランスつけ過ぎ、とクスバラ(コリアンダー)。

本当にこの国の人、100メートル離れてもに追ってくるほどフレグランスをつける。

付けるというよりシャワーの如く振りかける。

どんなに格好良い男の人でも1分も彼の傍にいることができない。


失礼にならないように彼にフレグランスのことを告げました。


出かける前にルームメイトのアサフが

「何かあったらすぐに僕に電話するんだよ!!」

何かあったらって、そんな会ったその日に?? 大笑い


オフェルさんも彼はそんなタイプではないって言っていたし、

話を聞く分にはセクシーダイナマイト、俺ってナイスでしょ、という感じではないから。

実物の彼も、そんなタイプの男の子じゃなかった。


過去イスラエルで 「俺ってナイスでしょ!」 イェ。イェ。イェ。イェ。

って感じの男性に会って来ている。それもそれで面白いんだけどね大笑い





それで、いつもの如く毎回聞かれる質問、

「どうしてイスラエルに来たの?」

「ユダヤ人になりたかったの。」


しかし、今度からは色々なパターンの返事を用意しておこうと思う。

「イスラエルが好きだから、とかユダヤ教に興味があって」は一般的すぎる。

いや、イスラエルが好きって言う時点で一般的ではないのかもしれない。

彼とも笑いながら言っていたのが、 「世界から嫌われるイスラエル」大笑い


どんな理由がいいかな?

仕事があると来てみたら、身売りの仕事だったとか?

イスラエル人と結婚したが、彼がテロで亡くなったとか?

やぁ~、やっぱり昔から冗談で言っている 『婿探しに来た』 が一番いいかなウィンク?



それで2時間くらいの間に何を話していたのか、

やっぱり私はちょっとだけイスラエルとパレスチナの話をしていた。

「暴力は問題の解決にはならない。2国共存はできる。」

これが彼の見解。で、シオニストのことも聞いた。

「シオニストにも色々な考えを持った人がいる、イスラエルはユダヤ人の国でアラブ人をイスラエルから追い出したいと思っている人もいる。」

それでついでに、

「ねぇ~、ハマスのマシャール(2009年01月11日参照)ってイケ面だと思わない?」

笑いながら

「そんな風に思ったことないよ~。」


まぁ~、これはちょっと真面目な話をしていたので切り返そうと思って言った言葉。

あまり真面目すぎる話もつまらないでしょ? 私の性格はまじめな優等生タイプじゃないしね。


久し振りに20代中の男の子とデートをしたけど、どこの国の20代の男の子も

子供っぽく見られたくない、一人前の男として見てもらいていってのを感じる。

かえって30過ぎだ男性のほうが、年をとればとるほど子供っぽくなると感じる。


で、ノアム君とは、どうなるでしょう?

それは、やっぱりお友達だなぁ~。





しかし、先日行った恋愛結果で。

【短評】

タフで強気。甘ったれた男性が受け付けらないが、依存されやすくもある。男性を「面倒くさい」と感じやすい。

【あなたの恋愛事情を考察】

BonBon さんは基本的に、何でも自分の力でなんとかしようとするタイプだと思われます。それによって獲得した能力は誇れるものですが、逆にその強さが男性を引き寄せません。いや、BonBon さんにとってあまり恋愛感情が起きないような、ドキドキできない男性たちは引き寄せるようですが。

BonBon さんは無意識に、甘える自分というのを封じ、人に頼らなくていい強い自分を目指していることと思われます。自分の中に「弱い自分」がいてはならない状態では、当然、他の人の中にも「弱さ」を感じるとイライラするのです。自分以外の男性が弱いとき、腹立たしく思うのですびっくり

その結果、自分よりはるかに器が大きい男性(完成品)を求めさまよい続けるかしょんぼり、BonBon さんのほうに振り向かないような男性と恋愛しやすくなります。例えば「特定の彼女はいらない」という男性だったり、彼女持ちの男性だったり。

ここから言える、BonBon さんにありそうな問題点を列挙します。

◆素直に甘えられないので、男性と対立的になるか、男性がヘコむびっくり
◆弱い男性は生理的に受け付けない。彼氏が弱ると冷めるぽっ
◆消去法の結果、「悪い男」との恋愛率が高まる大笑い


やぁ~。どうしましょう。私、鉄の女びっくり?



「無意識に、甘える自分というのを封じ、人に頼らなくていい強い自分を目指している。」



いや、意識的にそうしている。

「これだけやってあげたのに」、と恩着せがましく言われるのが嫌いだから。

世の中って見返りを求めて何かをする人って多いでしょ。嫌いなのよね。

いや、本来自分がしたくないことを無理してするから見返り求めるのかな?

それに協力してもらうのと頼ることって違うでしょ。



「消去法の結果、 **悪い男** との恋愛率が高まる。」


うんうん、いろいろな面で消去している。

しかし 『悪い男』 ってどんな男よ。特定の彼女はいらないとか彼女もちの男?

彼女もちの男だって彼女にしたら「いい男」なのよね??

彼女いても私のところに来るのは私に原因があるのではなくその男に原因があるでしょ?



「自分よりはるかに器が大きい男性(完成品)を求めさまよい続ける。」


そうねぇ~、さまよっているわしょんぼり

それは、可愛い男の子に弱いからぁ~~ん。だからこの場合の『器』とは

見かけの完成品を求めているということですねウィンク



近いうちににもう一つでーとがございます。次回は31歳でございます。

鉄の女にクリックありがとうございました。







最終更新日  2012年04月25日 06時45分45秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年03月15日
カテゴリ:恋愛:年下君
イスラエル男子ってすごいな~っと思うことがある。

今日オフェルさんから電話があった、「紹介したい男性がいるんだ。」

わぁ~い手書きハート 彼はオフェルさんのレストラン:焼肉天火で最近働き出したウエイター君。

年齢は25か26歳。ダブルハート

去年のプリムの写真をみて私のことが気になって仕方ないらしい。

去年は仕事もなかったのでオフェルさんのレストランのヘルプ、といっても

ほとんど仕事していなかった。遊びに行ったようなもん。

その時にとった写真をレストランのキッチンに飾っている。



しかも、こんなアホな私の写真だったりする。(2008年03月21日参照)

大学生だと言っていたのでもしかするとブジィのお友達なのかもしれない?

や~、25か26歳かダブルハートオフェルさんはとってもいい人だって言ってた。

物腰が柔らかくって本当にみんなから好かれるアシュケナジーならしい。

多分オフェルさんのレストランで働いている子だからお金持ちのお坊ちゃま君だな。

しかし、25か26歳かダブルハート

確かに二―ルもびんたをしたマタンも現在26歳だからこれといってビックリな年齢ではない。

ただ、彼らと私があった時、私もまだ30代だったウィンク


しかし、嬉しいねぇ~、こうして若いイスラエル男子が私に会いたいだなんて。

感謝感謝。まったくもっておばさん発言大笑い


オフェルさんに電話番号教えてもいいかなと聞かれ、電話がありました。

ヘブライ語で話されて、、ええええびっくり?? でもオフェルさんの紹介する人だから

絶対に英語を話せる人だって思ったが、ちょっと焦った。



毎回オフェルさんに言われるのが英語の話せないイスラエル人とは付き合うな。

それは教養のことを言っているのだが、

それ以前に英語の話せない人とはどう考えても一緒に長く生活できるはずがない。

愛は国境を超えるダブルハート、そんなのは若い時だけの話しだ。

英語をまともに話すことができなかった時の外国人との恋愛はことごとく終了しているしょんぼり


緊張するなぁ~。そんな若いイスラエル男子とデートでございますか。。。

ニールマタンも私がイスラエルに来た初年度にあっているから、私も勢いがあった。

と、いっても考えたらマイク27歳だったのね。。大笑い


まぁ~、デートがどんなだったかアップデート楽しみにしていてくださいねぇ!

私は彼の顔をみていないので、ちょっと楽しみだわ!ウィンク








最終更新日  2012年04月25日 06時48分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年12月17日
カテゴリ:恋愛:年下君

 

イスラエルにいて初めて会った人によく話をされるのが村上春樹

ノルウェイの森」(ヘブライ語にも翻訳されている)

私は実際彼の本を読んだことがない。



私のかわいい男の子のニールがスペインからイスラエルへ一時帰省している。

彼がスペインに言って以来、私たちは約3年ぶりに会った。

3年たってもやっぱり私のニールニールで、どうしようもなく可愛い。

ニール日記その1

出会った時)21歳だった彼



**2003年焼肉天火の従業員たち:手間はニールの友人**


「いくつになった?」

「27」

「まだ早いでしょ、7月に26歳になったばかりじゃない」

「でも僕は周りに27歳っていっているんだ」


私がニールとあったのは2003年、オフェルさんのレストランで働いているとき。

「今ね、とっても大好きな男性がいるんだ、ゲイということじゃないよ」

「どこで会った人なの?」

「本を書いている日本人」

「誰?」

「村上春樹」

「私はよく人に聞かれるけど一度も読んだことがないんだよね」

「僕はね、彼の本をよんで日本人のCrazinessわかるようになった」



数年前は「将軍:SHOGUN」という本を読んで

「僕はとても日本人女性に対して好意をもった」

それから時々私のことを’僕の芸者’と呼んでいる。



**2008年:秋葉原**


実際彼は関係をもった日本人は私しかいないはず。

そうし彼にとっては私という日本人が最も身近にいる日本人。


話を聞きながらふと思ったのが

村上春樹の本に登場してくる人物を私と重ね合わせて読んでいる。



私たちは約3年顔を合わせていない。

彼がスペインへ行く時にいっぱい目に涙をためていたのを覚えている。

それは彼の誕生日の1週間前のことだった。




僕のキレイなお姉さん。

僕たちは素敵な時を過ごした、今はお互い前に進むべきだ。

でも覚えていてほしいそれは君の過去において素敵なできごとだったということを。

キス





その後、1年以上彼を放置していた。

久しぶりにメッセンジャーで連絡をした時に

「ニール?」   ・・・返事が来るかな???


「女性の直感って信じる?」

「どうしたの?」

私は彼が私のことをふっと思っている時に連絡したらしい。

それからまた、会話をするようになった。




あの時、3年前の彼誕生日に渡したかったプレゼントがあった。

3年後の今日、やっと彼へ渡すことができた。


「僕のキレイなお姉さん」

ぎゅっと抱きしめられた。



「僕の小さな日本人」




私もそろそろ、村上春樹を読んでみようか、、、、。



ところで、マイクはどこに行ってしまったんだ??

 







最終更新日  2012年04月25日 06時50分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月10日
カテゴリ:恋愛:年下君

 

毎年 YOM KIPUR (ヨム・キプール:贖罪日) が近くなると必ず思い出すことがある。



2003年9月のヨム・キプール始まる前、

突然私のルームメイトが 「お客様だよ」



誰だろう・・・



アパートはオートロックになっている、多分インターホンでルームメイトが

私のお客様と話をしたらしく、アパートのビルの入り口まで降りて行った。



なんと、マタンがそこに立っていた。



 
**ちょっと昔の田村正和を思い出すこの写真の顔の彼**



人生で、ではじめて「ビンタ」 をしたた男がマタン

2008年09月16日;超大金持ちの跡取り一人息子)


マタンと別れてからはじめてのテルアビブ一人暮らし。

男性2人のルームメイトと私の3人の生活。

このルームメイトも実はマタンが一緒に探してくれたところだった。


あれ~どうしたんだろう



「元気だった」

「ちょっと時間あるかな」



 
**2003年のヨムキプール(テルアビブ美術館前)**



マタンと外に出てコーヒーを飲んでいた。

話を聞くと前日も私が住んでいるアパートの周りをうろうろしていたらしい、



・・・・ あらっ、一歩間違えたらストーカー



凄い勢いで言い合いをして追い出されたこともあり、その度に彼が

謝りに来てまた元に戻り、でもビンタをした時は 「これが最後」 と思っていた。



20歳の彼、なんだか懸命に私のことを好きだったのだと思う。

ヨム・キプールという日を選んだ彼、本当に謝りに来たと感じた。



全ての交通機関がストップしてしまったけど私たちは話をしていた。

その後、2人で近くのシナゴークへ行った(無理して私に付合ってくれた。)


ラマット・ガン (Ramat Gan) の彼の家までは歩いても約45分以上かかる。

ラマット・ガンとテルアビブの境界線で私たちは別れた。


 
**テルアビブとラマットガン境界近く**


もう一度やり直せそうかなと感じたが・・・ 

その数日後彼との会話でやっぱり無理だと思った。


その後、マタンは約1年以上私を思っていた。

どうにか元に戻そうとしていた彼、でも私の気持ちはもう彼からは離れていた。



今年の2月、イタリアへ行く前日の夜

バス停でバスを待っているときに私の名前を呼ぶ人がいる?


だれだろう



聞くと今は大学生でもう今の彼女とお付き合いをして1年経つと言ってた。

なんだかちょっと大人になっていた彼。

会えたことがとても嬉しかった。


「僕の電話番号まだ持っている 何かあったら電話してね>」



ヨム・キプールってなんだかやっぱり素敵な日だって思う。

「ごめんね」 をなかなか言えなかった友達や家族にこの日はチャンスをくれる。

離れてしまった昔の友達、タイミングを逃して電話ができなかった

そんな友達と話すきっかけをつくってくれる。



「マタン結婚して子供がいるんだよ」

そんな話を風の便りに聞くのを楽しみにしている。








最終更新日  2012年04月25日 07時24分43秒
コメント(7) | コメントを書く
2008年09月16日
カテゴリ:恋愛:年下君

 


久しぶりに昔のことを思い出したので、

もっと昔にさかのぼってイスラエルの思い出を・・・。


人生でではじめて男性に「ビンタ」をしたお話し


日本じゃ絶対に考えられない行動がイスラエルでは起こってしまった。





東京で職が内定していた私。

札幌から東京へ行く前に、3ヶ月間の予定で2003年1月にイスラエルへ来た。

元旦那様関係でとても仲良くなった露天商の女性エリアン

彼女を訪ねて私はイスラエルへやってきた。

来た当初は札幌で露天商をやっていた人達と連絡を取っていた。

そのなかの一人が


「超大金持ちの跡取り一人息子の16歳年下の男の子」を私に紹介してくれた。



16歳年下・・・・ びっくりぇぇびっくりぇぇびっくり



初対面の時に「キス」されそうになったが・・ それは??


翌日デートに誘われて、その日のうちに関係を持ち、

((だったら昨日のキスを断ったのは?意味のないことだろう))


そのまま半軟禁状態の私となってしまった。

厳密に彼と同棲していたのは合計約3ヶ月だったと思う。


地下室(有事の時のシェルターだか凄い立派な部屋)を含め4階建てのすごい家。

彼の部屋は4階。


同棲といっても家族と一緒に住んでいたようなもので、当時ヘブライ語学校に

通っていた私は朝や学校から戻ってきた時に彼の両親に挨拶はしていた。


ちょっと救いだったのが彼の両親は年をとってからの子供だった。

そうじゃなかったら私の年齢と彼の両親の年齢は限りなく近かっただろう。





彼の名前は「マタン」英語でギフトの意味。


彼と関係は短かったが・・・ 凄い色々なことがあった。

2人の関係、親との関係、などなど、それはのちのち、、、

16歳も年の差がある男の子、私も本気の関係とは思えなかった。

しかし日をおうごとにその感情は愛情に変わっていた。



が、それでも16歳の年の差。

私の中でも彼はまさかそこまで本気で私に夢中になるとは思わなかった。


・・・・・ 若さって凄いね。



**ラマットガン(テルアビブの隣の区)**


出会った2ヵ月後に彼はカナダの音楽学校へ行った。

カナダに行ってからも毎日のように電話はかかってきた。


しかし、彼、一ヵ月後にイスラエルへ戻ってきてしまった。


それは私がイスラエルにいただけではないと思っている。

親のスネかじりの彼は仕事をしたことがない、何かに夢中になってやりたいことが

みつからない・・・。

彼の夢中になれるものが・・・ 私だったのかもしれない。


彼の愛情は異常としか思えなくなってきた。

大親友のビッキーのところに行っても

「どこにいるの?」「誰といるの?」「いつ帰って来るの?」

2時間もいたら大目玉・・・ 家に入れない状態にされる。


何をしても私を信用してくれない彼、しょっちゅう喧嘩になってた

「出て行け」

と言われて、出て行こうとして荷物をまとめていたら

「行かないで・・・」



**2003年3月初めてヴィッキーとお茶をした日**


一度本当に出て行ったことがあった、外まで追いかけてきた。

私はおお泣きしながら道路で彼と言い合して彼の元を去って行った。


その後、彼が2人でゆっくり話したいと電話をしてきた。

結局もとのさやに納まった。



数週間後・・・ 再発。



これがもう最後だって思い、私は本当に彼の家から出て行った。

ただ、全ての自分の物を持って出て行ったわけじゃない。

そのころはたいした荷物をもっていなかった。


迷った挙句彼に電話をした。


案の定、彼は手をかえ品をかえ、なかなか私のモノを返してくれない。

こっちは落ち着いて話そうとしているのに一方的に私の悪いところを言われ

電話を切られる、再度電話しても電話を切られる。


私は自分の物だけを返して欲しかっただけだった。





やっと、彼に会うことができた。

彼の家に行くと彼が出てきた・・・ あれ私のモノがない。

「友だちのところ行くから後で」  スタスタと彼が歩き出した。


私は彼との関わりをこれで終わりにしたかった。もう二度と会いたくない。

モノを返してもらったらそれで「さよなら」


歩いている彼を追いかけて

冗談じゃないわよと腕をとって引き止めても

私の手を払ってスタスタ歩いていく。


道端で凄い言い合いになった。

怒ってる!!YOU NEVER TRY TO TAKE OTHER POEPLE'S SHOSE!!怒ってる


人の立場になって考えられないの、あなたじゃない!!

話していても頭が痛くなるだけ、彼も凄い口が達者。

ああ言えば、こう言う

支離滅裂な事を言っている彼の顔を見てたら・・・・。



私の左手が彼のほほを打っていた。



「父親にだって一度もビンタされたことがない」

「私だって男の人にビンタしたのはあんたが初めてよ」




もちろんその後、私は後悔の嵐

どうしよう「男の人に平手打ち」した。




彼、カナダから戻って来たあとすぐに両親に頼んでアパート購入してもらった。

そのアパートは私と一緒に生活するためだった。

16歳年下の彼は本気で私と結婚>したいと思っていた。



それだけで終わらなかった彼の話はまた今度。








最終更新日  2012年04月25日 07時20分00秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年04月28日
カテゴリ:恋愛:年下君

 

私にはもっとも大好きなイスラエル人がいる。

「目に入れても痛くない・・・そのくらい可愛い男の子」


彼がスペインに行ってから、かれこれ約3年は会っていない。

ニールはいつもイスラエルで嫌な目にあっている私を気遣ってくれている。

特に私がルームメイトに入管ポリスを呼ばれて以降は本当にそうだった。



**インド旅行中に送ってきてくれた写真:2005年**


そんな、彼が最近 MSN や SKYPE でオンラインにならない

ペサハの時期は大抵イスラエルに戻ってきている。

ず~っと気にはしていたが、スペインに電話してみた。


それと、ちょっと私元気がなかったのでニールと話をしたかった。

元気のない原因はギディちゃんのせいでもある。

話すと仕事でスペイン北部にいてPCが使えないっといってた。



私::

「元気なの?スペイン女性のオッパイに埋もれて溺れていると思ったよ」


その後色々な話をしていた。

ニール::

「今、スペインで外国人の僕は、前より君の気持ちがもっとわかる」


ニールがスペインにいるのは、アーミーを卒業して旅の途中でよった

バルセロナに惚れて・・・・ 

今は父親の力もあって向こうでビジネスをしている。


”” 世の中 賞金お金賞金 賞金コネ賞金 があるもの 「勝ちちょき」 ””


あまりメールはくれない人だけど、でもいつもいつも

必ずそこには 「優しい」 言葉と 「思いやり」 の言葉がある。

そうしていつも、いつも必ず最後に言ってくれる言葉



「いつまでも僕のキレイな人でいて」

「僕のキレイな人 my beauty 」

「Besos」



見かけが派手な私は ”松島なな子” に憧れていた。

生まれ変わってなりたい”顔” は ”松島なな子”

松島なな子 = TOSHIBA 電気シェーバーのCM


きらきらキレイなお姉さんきらきら


 
**ORENorKOBI**


そう、そうしてきらきらキレイなお姉さんきらきらになれる場所を発見した。

私の嗅覚からすると・・・・ この美容室はいける?!


イスラエルではまともな美容院と美容師がいないと思っていた。

たまたまHertzliya Pituach(ヘルツェリア・ピトゥアフ)で見つけてしまった。


店長は2人のイスラエル人、OREN(オーレン)とKOBI(コビー)という男性。

ロンドンで修行を8年していたと言っていた。


ロンドンでも色々なコレクションに参加していている写真をみせてくれた。

また、彼らは美容師になるための学校ももっている。

カットのテクニックをみていたら・・・ この人はいけるかも?


コレクションに参加している、ロンドンで修行

だからと言って 腕が良いとは実際彼のカットを見てからじゃなとわからない。


それでも、イスラエルでは「腕」のある人だって感じた。

OREN(オーレン)は私の髪をコンサルタントしてくれた。

日本大使館員の髪も切っていると聞いたけど・・・。

((リクルートカットはやめて欲しい))


 2008May29 Beauty salon -  Herteliya Pituach
**入口からの店内の様子**

OREN(オーレン)はプレイベートの名刺を私に渡してくれた。

「いつでも気軽に電話をして、いつでも僕は君のためにここにいるから」

ただ・・・料金が高い、、と思うのよね。。。


「OREN or KOBI」

場所 :: Hertzliya Pituach
住所 :: 11 Hamonofim street, Akrostein build.
電話 :: 09-950-8528

ウェブサイト :: www.orenorkobi.co.il

カット&ブロー:: OREN or KOBI 300シェケル(約9000円)

カット&ブロー:: その他の施術者の場合 250シェケル(約7500円)

カラー::275シェケル(8,250円)~ 500シェケル(15,000円)


テルアビブからはDanバス90番

Hashira(ハシラ)ジャンクションを越えたすぐの停留所で下車。




OREN(オーレン)のコンサルタントによると私は、

「髪の長さは今の長さが君にはぴったり」

「カラーは、ブリーチは痛むから駄目」

「2色の栗色系のハイライトを全体に入れる」



どっちにしても今、無職の私には厳しい


 
 **海外初散髪 VICKEYと私****


イタリア(トリノ) ::カット、カラー、ブロー、シャンプー

95ユーロ(約16,000円)でした。私の両替金額からすると18,000円近くかかった







最終更新日  2012年04月25日 07時30分16秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

プロフィール


Bon-Bon

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

10BetJapan@ Re:オンラインカジノとイスラエル(09/25) 初めまして。弊社は10BetJapanというオ…
あおの@ Re:ブラジリアンカット友達募集(02/25) ユダヤ人って、ウンコみたい
通りすがり@ Re:トルコ風呂(ハマム)とイラン人(08/28) イラン人の話なのに何故「イスラムアラブ…
名無し@ Re:日本人はもてる?(03/31) こんな恥晒しな記事を初めて見ました。 同…
ご無沙汰しております@ Re:フィリピンAPECの表と裏(11/17) 大変なご無沙汰で申し訳ありません。 いつ…

カテゴリ

カテゴリ未分類

(11)

マニラ:日々のできごと

(35)

マニラ:犬との生活

(0)

テロ・戦争・IDF

(17)

集団的自衛権

(14)

パレスチナ・中東問題

(54)

2014年 ガザ Operation Protective Edge

(17)

2012年 ガザOperation Pillar of Cloud

(9)

2008年 ガザ Operation Cast Lead

(30)

村上春樹:エルサレム賞

(8)

イスラエル出入国

(32)

テルアビブ観光

(33)

エルサレム観光

(7)

イスラエル観光ガイド

(16)

イスラエル国の祭日

(20)

ユダヤ祭日

(13)

ユダヤ祭:新年、贖罪日

(15)

ユダヤ祭:プリム

(6)

ユダヤ祭:ペサハ

(8)

ユダヤ教

(20)

郵便、銀行、両替

(15)

国内交通、旅行会社、安全情報

(24)

テルアビブの街とファッション

(34)

レストラン、カフェ、食事

(25)

生活、習慣、文化

(28)

日々のできごと

(47)

犬との生活情報

(38)

ペットショップ・獣医

(20)

ルームメイト・友達・日本人会

(24)

アパート、ホテル

(17)

仕事

(27)

恋愛、デート

(23)

恋愛:金髪君

(7)

恋愛:ギディちゃん

(11)

恋愛:年下君

(7)

恋愛:マイク

(8)

美容・医療・健康

(19)

セックシャリティー

(21)

イベント:マドンナ

(16)

イベント、パーティー

(18)

TLV100周年イベント

(8)

09年ローマ法王訪問

(15)

イスラエル⇔イタリア

(6)

イスラエル⇔トルコ

(6)

イスラエル⇔日本

(33)

日本:日々のできごと

(32)

日本:犬との生活

(5)

動物検疫(犬輸出入)

(15)

フィリピン:マラウィ包囲作戦 

(7)

お気に入りブログ

2019 株主総会 コー… New! mkd5569さん

伊勢たから屋☆彡伊勢… New! Belgische_Pralinesさん

武蔵野市民春季水泳… kujira_israeli_danceさん

パクス・ジャポニカ… たけB777さん
アンダルシア,Andalu… torres8さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.