1415633 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そんなテルアビブ★イスラエル★

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

ユダヤ祭日

2010年12月01日
XML
カテゴリ:ユダヤ祭日

::*:*:*2010年ハヌカ*:*:*::


エルサレムでは・・・





そうして、マニラでは・・・





マニラのシナゴークに行きたいのですが、

行きたいのは山々なのですが、

そんな2010年のハヌカが始まりました。






最終更新日  2010年12月06日 11時12分36秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年04月30日
カテゴリ:ユダヤ祭日

昨日の「昭和の日」そうして、ゴールデンウイークということもあり、

ちょっと「Holiday」という言葉について考えていた。


「Holiday」


実は「Holy Day」から発生していることは知っている人はどのくらいだろう?

ウキペディア(英語版)でもそのことについて語られている。


本来、宗教的な意味合いのある「休み」で「祭日」なのよね。

それが現在では英語圏でも祝日もホリデー「Holiday」というようになっている。

英語では祝日も祭日も「Holiday」となる。


が、では日本語では?

「祭日と祝日」と漢字で書くと、この2つの言葉は決して同じじゃないわよね。

イスラエルでは全ての「Holiday」はユダヤ教から来ているので本当に「Holy Day」、

そんな国にいたせいもあり、日本の「ホリデー」に疑問を持ってしまうのです。

「イスラエル独立記念日、戦没者記念日、ホロコースト記念日」は国の祝日で祭日じゃない。


きっとイスラエルに住んでいなければ、「祝日も祭日も同じ意味」で考えていたはず。

(現在は英語のHolidayにおいても祝祭日の意味をもっている)


そんな私が生まれた国、日本の祭日というと、

「お正月、春分の日、秋分の日」


春分の日(春季皇霊祭(こうれいさい))は、ユダヤ教で言うと、ペサハやシャブオット。

秋分の日(秋季皇霊祭)、勤労感謝の日(新嘗祭)はスコットに似ている意味合いを持つ。



古今東西、春の収穫祭、秋の収穫祭は宗教的儀式と関連しているのよね。


「こんなにたくさんの御恵みを与えてくださってありがとう!!」



でも、

日本では戦後これらの祭日はGHQ占領政策により天皇行事・国事行為から切り離された。

だから、現在日本で法定の祭日は存在しない。

そう、日本には神様は存在しないのです。


「お米には7人の神様がいる」と小さい頃母に言われました。

それは、お米が食卓に上がるまで多大なる手間が掛かっているという意味で、

だから残してはいけないと、そんな風に言われて育ってきました。

農作物は天候に左右され、実際現在野菜の高値は4月の悪天候が原因とされている。

皆さん、わらをもつかむ思いで神頼みしていると思うんだけど??


でも、日本には神様はいません。





ところで、民主党はゴールデンウイークを分散しようとしているけど、

確かに小さい頃は休めるのならなんでもいいから欲しいと思ったけど、

日本国民が祝日の意味を忘れてしまうような「Holiday」にはしてほしくないなと。。

ミドルエイジの私はそう思うのです。







最終更新日  2010年05月17日 22時37分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月13日
カテゴリ:ユダヤ祭日

こちらでは新しい一週間がまた始まりました。

本日はとても長い一日だったけど、とても嬉しい驚きがあった。

日本のお友達から電話が掛かってきた!!!





そうして、今日はハヌカ3日目。

夜7時から疲れていたのでちょっとベッドで横になっていたら、

「ミリアム、ハヌカ」

あ。え。あ。あぁ~。。。でも、どうしよ。


ルームメイトのアサフはお友達と話しながら私の説明をしていた、

「ミリアムはねユダヤ人なのぉ~」


はぁ~、あんたがイスラエル国家のラビだったら。

私はとっくの昔に・・・・ユダヤ人としてイスラエルで生活しているんだろうなぁ~。





そんなルームメイトのアサフと2日前に大喧嘩??、怒鳴り合い??しました。

あそこまでアサフが切れたのも彼と共同生活を始めて以来初めてじゃないか?

よくイスラエルでは男女が大きな声で怒鳴りあっているのをアパートから聞こえる。

私もこんなんじゃなかったのになぁ~。

イスラエル人の元旦那様からだと思う、彼ともよく?大声で喧嘩していた。

そのたびに「ここは俺の家なんだ、大声出すなら出てけ!」

「何言ってんのよ、ここは私の国なんだから、あんたが出て行きなさいよ!!」


で、今回アサフにも同じように

「おれの家なんだ、大声出すなら出ていけ!」

え。びっくりえ。え。びっくりえ。え。大笑い


そこにいたアサフの友達が仲介に入ろうと・・入っていたけど、

聞く耳を持たない私。持ちません!!(笑)

絶対にイスラエル人が相手の場合は引きません!!!(笑)


そこで更にザキの電話仲介、というかザキとの電話での会話で言い合いが始まり、

ザキが私に(日本語で)言った言葉

「僕は、君が34歳の時から知っているけど・・・」


そうザキは、私とイスラエル人の元旦那様との言い合いも現場で見ている。

34歳かぁ~、、34歳の時だった??

彼は私とアサフと個別に電話仲介(笑)をして、結局ザキが私に最後に言った言葉。

「アサフと仲良くしてね(日本語です)。」


ま~な、アサフ、本当に頭に来ることがあるけど、憎めないやつなのよ。

いつも思うけど、28歳の青年に何をムキになって怒鳴っているのだろうと、

ザキの最後の言葉を思いながら「や、アサフ、ごめん」と謝った。


「え~、ミリアムからごめんって言葉聞いたの初めてだぁ~」




本日、ハヌカのキャンドル点灯式の朗読をしたのですが、

相変わらずの私のヘブライ語であります。

キャンドル点灯後、

「奇跡が起こるから、お祈りするんだよ!!」

そうして、

「この火は、タバコとかに使ったらだめだよ。」

「知ってるよ、あんた去年も私に説明してくれたでしょ!」



はぁ~、毎年ハヌカキャンドルにお祈りしているけど、

西の壁に行ったときにも『Dream Come Ture希願』しているけど、

いつになったら、ミラクルが起こるのかしらねしょんぼり??





まぁ~、この年で独身で若者を相手に怒鳴ってイスラエルで生活している自体が・・・

ミラクルなのかもしれない(大笑い爆笑)







最終更新日  2009年12月14日 11時45分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年12月11日
カテゴリ:ユダヤ祭日


今年もとうとうハヌカの季節となりました。

「アイ・ビリィ~ブ・イン・ミラクぅル」 のハヌカですよぉ~!!!

08年12月23日:アイ・ビリィ~ブ・イン・ミラクぅル参照)





ユダヤ人でもあるルームメイトのアサフは新しい客人(こと日本人)がいると、、

「おいらはユダヤ人だぁ~」とわざとらしく見せつけている彼が子供過ぎて笑える。

宗教にまったく興味のない人に、いくら自分がユダヤ教徒だからといって、

しかもどうしてキャンドル点灯に参加してほしいのかも伝えず、





一神教の祭り行事は日本と違いとても説明しやすいのに。

ま~、クリスマスは日本人の行事じゃないけど楽しもう感覚と同じで、

「せっかくおいらの国にいるんだから、ハヌカ楽しんでよ」ってやつなのね??

そこにはアサフの男友達も2人いて、私と一人はアサフがお祈りしている後ろで

ベラベラと一般的な会話をしていました・・・最低ね(笑)





ま~、ハヌカというと、「スフガ二ア:Sufganiya(ヘブライ語でドーナツ)」。

ユダヤ人は越冬のためまたたくさんの脂肪を蓄える必要があります。

8日間あま~い、あま~い、カロリーたっぷりのスフガ二アを楽しみましょうね!!





それで、今年の大人用の。☆ウオッカ・ドーナツ☆。

アサフは今年、ハヌカのスフガ二アを買ってきてくれたのですが、

どうせだったら、このウオッカ・ドーナツも食べてみたかったですね。

でも、やっぱり・・・アンドーナツ??(08年12月24日:ドーナツには牛乳? )





New for Hanukkah: Vodka donuts
Yehudit Yahav Published: 09年12月03日, 07:53 / Israel Business

Alcohol importers in Israel have decided to market their vodka in an original way: By hiring a pastry chef who is also a bartender to create vodka-soaked donuts ahead of the holiday of Hanukkah.

イスラエルのアルコール輸入業者は一風変わった方向でウオッカを市場に出すことを決めました:ハヌカ祭り前にウオッカ漬のドーナツをお菓子(バーティンダーでもある)シェフを雇い作る。

"Adults await sufganiyot (Hanukkah donuts) no less than children do," a source from the company that imports "Hortiza", the vodka to be infused into the donuts, said.

「子供たちだけではなく、大人はスフガ二ア(ハヌカ・ドーナツ)を待っています。」とHortiza(ドーナツに使われるウォッカ:ウクライナ産)を輸入する会社は言いました。

"Therefore," he added, "we have decided to launch a line of donuts suitable for adults and party-goers."

「したがって、私たちは大人、パーティー出席者に適した一連のドーナツを展開することに決めました。」と彼は付け加えました。

A 100 gram donut, sold at the price of NIS 4.5 (about $1.18), contains 90 milliliters of vodka diluted with jam.

100グラムのドーナツ(価格:NIS 4.5≒$1.18)はジャムで薄められる90mlのウオッカを含みます。

The vodka contains 35% alcohol, and the alcohol content of each donut is equal to that of a bottle of beer.

ウオッカは35%のアルコールを含みます、そうして各々のドーナツのアルコール含有量は1本のビールのそれと等しいです。

In other words, anyone eating more than one vodka donut had better hand over his or her car keys to a friend.

言いかえると、たくさんのウオッカドーナツを食べる全ての人は自動車のキーを友人に手渡した方が良いです。

In order to meet the requirements of the law, the vodka donut will only be sold to adults presenting the appropriate ID.

法律の必要条件を満たすために、ウォッカ・ドーナツはID上相当する大人だけに売られます。

The vodka donut trend seems to be spreading this year, and has also reached many bakeries in lower concentrations.

ウオッカ・ドーナツの傾向は今年広がっているようで、低いアルコール濃度でパン屋でも販売されるようになりました。





** ハヌカ ** シオンのかけ橋より

ハヌカとは「奉献」の意で、紀元前167年のマカベア戦争にユダヤ人が勝利したことを記念した祭りです。ギリシャはユダヤ教の聖所である神殿を汚し、トーラー(聖書)の勉強や祭りなどを禁じました。そのギリシャの圧政に、マカビとその息子たちは敢然と立ち上がり、激しい戦いの後、ついに独立に成功しました。彼らはギリシャの神に汚されていたエルサレムの神殿を奪還し、これを清めて奉献しました。

宮を奪還し清めたとき、神殿に永遠の火を燃やすための清い油が一日分しかなかったが、星奇跡的にもこの油で8日間明かりをともすことができた。星







最終更新日  2009年12月12日 05時22分46秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年05月29日
カテゴリ:ユダヤ祭日

すみません、面倒なので訳しません。

Haaretz 社にちょっと楽しいシャブオットのチーズを食べる由来が書かれていました。

それに関連してチーズ料理が載っていましたから紹介します。

Dishing it up / A Sicilian Shavuot
09年05月27日 / By Haim Cohen and Eli Landau

"What are you doing?" asks Giacomo, who unexpectedly came for a visit because this year their Easter came out exactly at the end of our Passover and he felt a need to get away from the depression of the earthquake and then simply stayed for a month.

"Just cheese dishes for Shavuot," replied the doctor in his own language and immediately went into an exhausting explanation about the meaning of the holiday, its history and the connection to tradition and to cheese.

Giacomo listened with interest to the stories about the giving of the Torah and the Book of Ruth. He had a very hard time understanding the origin of the tradition of eating cheese.

The chef and the doctor couldn't remember the reason for the custom, because all they remembered from school were bizarre explanations, patchworks of scriptural acrostics and gematria.

Giacomo provided an explanation of his own, perhaps because he is from Sicily, where every food and custom has a historical explanation.

Sicily is a stronghold of culinary culture with deep roots, originating in the cuisines of its successive rulers: Greeks, Romans, Arabs, Spaniards, the French and finally the Italians.

"Maybe," he says, "maybe because as with us in Sicily, here too it's the end of the calving season and the most plentiful product in the market is very rich milk, and for our forefathers the easiest and cheapest thing was to use the natural, seasonal product."

The chef seized the opportunity and asked what dishes were traditional for the season. "My grandmother," Giacomo related, "usually combines cheese - because it's available - with eggplant - because it's common on the island, where it was grown for the first time in Western history, along with tomatoes and pasta - because we like them." The chef hears "eggplant" and his eyes light up.

The three of us storm the kitchen, and Giacomo conducts the orchestra.

"You," he says to the chef, "cut an eggplant into cubes and fry them in a skillet with olive oil, together with two garlic cloves, and when the eggplant begins to brown, turn off the heat."

"And you," the Sicilian orders the doctor, "take a large pot, put in three tablespoons of olive oil, heat it, add half a kilo of coarsely chopped cherry tomatoes, two tablespoons of tomato paste and cook for five minutes."

"And then?" asks the doctor.

"And then add two chopped garlic cloves, the contents of the skillet that the chef prepared, a bunch of chopped basil and a little salt and then bring to a boil, turn down the flame and continue to simmer for 15 minutes, while stirring, and turn off the flame."

Giacomo meanwhile cuts the mozzarella into cubes and cooks the pasta very al dente, in other words, a minute less than the package says. He strains the pasta, puts it in a large bowl and pours in the tomato and eggplant sauce. He mixes it all and puts it aside.

"Now we wait for the business to cool off," he says, and goes to call his grandmother for further instructions.

"Now," he says when he returns, "you add the mozzarella and 50 grams of grated Parmesan and mix."

Giacomo asks the chef for a deep baking dish, greases the bottom and sides with butter, sprinkles on bread crumbs and shakes the dish back and forth to coat the inside uniformly with crumbs.

He places the pasta-cheese-eggplant mixture in the dish, smoothes it out and sprinkles another 50 grams of Parmesan on top.

"Take this to the oven," he orders the chef, "and bake it for about 15 minutes at 180 degrees Celsius until the Parmesan begins to brown."

When they tasted it they all agreed that Sicilian cuisine should immediately be added to the Jewish traditionぺろり.


☆ ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ☆


Baked mozzarella and eggplant

One package (about 500g) short-cut pasta (such as penne or macaroni)

300g fresh mozarella cut into cubes of about 2cm.
(place the cubes in a strainer for half an hour)

1 kg unpeeled eggplant, cut into 2cm. cubes

1/2 kg cherry tomatoes, quartered

4g cloves

1 small can tomato paste

12 basil leaves, coarsely chopped

olive oil for sauteeing

butter for greasing the dish

bread crumbs

salt to taste

Spaghetti with goat cheese

After the wonderful adventure with Giacomo, the chef and the doctor took their coworkers at the newspaper and went to visit the sheep and goat cheeses at the original stall in the meadow, where the following recipe was born.

Ingredients (for six):

One package (about 500g) of thick spaghetti (if unavailable, substitute extra-thick tagliatelle noodles)

2 small logs of goat cheese or about

300g of the freshest Saint Maure cheese (check the expiration date), grated coarsely or simply crumbled by hand

1 fresh green chili, seeded and chopped finely

1/2 bunch of chives, chopped

olive oil

coarse salt

Cook the pasta according to package directions. Strain and place in a serving bowl. Generously pour on olive oil and mix. Add the chili and the chives. Season with a little coarse salt and mix again. Add the cheese, then mix gently and serve.

Ricotta pastry

A kind of salty cake, perfect for antipasti. A thin slice (or a hefty one, why not?) with a glass of chilled white wine would be a great starter for the Shavuot holiday meal. The recipe calls for Pecorino cheese, but you can also get Israeli-made, Spanish-style Manchego, which is essentially the same thing.

about 700g ricotta cheese

200g grated Pecorino cheese (or Parmesan or Manchego)

3 eggs, separated

12 basil leaves, chopped

2 tbsp. chopped parsley

grated nutmeg

butter for greasing

salt and pepper

bread crumbs

In a deep bowl, mash the ricotta with a fork. Stir in the Pecorino, then add the egg yolks, basil, parsley, salt, pepper and a little grated nutmeg. Stir.

Whip the egg whites until stiff and "fold" gently into the cheese mixture. Butter the bottom and sides of a round, deep pan (26 cm. in diameter), and coat with bread crumbs. (A rectangular or square pan is fine, too.) Place the cheese mixture in the pan, smooth. Flatten and bake in a preheated, 180 degree Centigrade oven for about 30 minutes or until nicely browned. Open the oven door and let the pan cool. Serve at room temperature.

Ricotta-pear cheesecake

This is a very special cheesecake. Although summer has not really begun, here you use pears from last year - or hard, sweet, juicy apples. The recipe seems complicated but isn't, and can be made by even the most inexperienced cook.

Peel, core and dice two nice pears (or more, for a combined weight of about 300g).

Place in a medium-sized pot.

Sprinkle one teaspoonful of brown sugar and a little fresh lemon juice on top and cook over a low flame, stirring occasionally, until the pears are soft. Remove from the heat and allow to cool completely.

Meanwhile, prepare the filling:

250g ricotta, strained

2 tbsp. sugar

1 cup heavy cream

Mash the ricotta and the sugar in a large bowl with a fork. Whip the cream until stiff and fold into the ricotta, mixing gently to blend. Gently stir in the cooked pears, cover the bowl with cling film and refrigerate while you make the crust.

3 separated eggs and 1 whole egg

1/2 cup sugar

1 tbsp. confectioner's sugar

150g very finely ground hazelnuts

1 heaping tbsp. butter, melted

2 tbsp. flour

confectioner's sugar for decoration

Using a mixer or food processor, blend the egg yolks, the whole egg and the 1/2 cup sugar until light and foamy. Add, blending after each addition, the nuts, the melted butter and the flour.

In another bowl, whip the egg whites into a stable foam, then add 1 tablespoon confectioner's sugar until the whites are stiff and shiny. Mix into the egg yolk mixture. The batter will be quite thin.

Line a round, springform baking pan (26cm. in diameter) with baking paper. Pour half the batter in and bake for 10 minutes in a preheated, 200 degree Centigrade oven. Remove and place the crust on a plate with plenty of space around the edges and allow to cool. Repeat the process with the rest of the mixture (if you have two baking pans, even better) to make a second crust, and cool.

Pile the pear filling mixture onto the first crust, smoothing out the filling. Using a knife with a wide blade, even out the filling. Make sure not to get any of the filling on the plate. Put the second crust on top and press gently. Sprinkle a lot of confectioner's sugar on top. Refrigerate for at least three hours before serving.






最終更新日  2009年05月31日 03時16分25秒
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:ユダヤ祭日

28日夕方から、ユダヤ教のお祭り 『シャブオット:Shavuout 』が始まりました。

シャブオットはシナイ山でトーラをもらったこと、春の終わりと、春の収穫をお祝いします。

そうして、食卓にはチーズが並びます。


西暦2009年04月8日夕方~16日夕方、
ヘブライ人はモーゼによりエジプトから奴隷生活解放、海を渡りシナイ半島へ。

⇒ペサハ;Pesach




西暦2009年05月28日夕方~30日夕方、
ヘブライ人はシナイ山で神より『トーラ (律法) Torah 』を授かる。

⇒シャブオット;Shavuot



これが基本形です。

応用編としてそれぞれの祭日には神殿に穀物などを奉納する義務がありました。

ヘブライ人は神殿に (豊作を感謝し) 農作物を納めるため3度の巡礼がありました。

⇒スコット、ペサハ、シャブオット。シャブオットは3回目の巡礼の旅です。

・The Festival of Weeks = "Celebrate the Feast of Weeks with the first fruits of the wheat harvest, and the Feast of Ingathering at the turn of the year. (Exodus;出エジプト記 34:22); "Then celebrate the Feast of Weeks to the Lord your God by giving a freewill offering in proportion to the blessings the Lord your God has given you," (Deuteronomy;申命記 16:10).

・The Festival of Reaping = "Celebrate the Feast of Harvest with the firstfruits of the crops you sow in your field. Celebrate the Feast of Ingathering at the end of the year, when you gather in your crops from the field," (Exodus;出エジプト記 23:16).

・The Day of the First Fruits = "On the day of firstfruits, when you present to the Lord an offering of new grain during the Feast of Weeks, hold a sacred assembly and do no regular work," (Numbers;民数記 28:26)


シャブオット Shavuot は英語で『 weekS 』、

オメル・カウント (Counting of the Omer) の最後 7weekS を意味します。

オメルとは;An omer is a measure of barley or measure of volume of grain

ペサハは大麦、シャブオットは小麦を神殿に納めているようなことが書かれている。

In Biblical times, on the second day of Passover, it was a commandment to bring barley the size of an omer to the Temple in Jerusalem. Then, fifty days later from Lag baomer, on Shavuot, or Pentecost, it was a commandment to bring the first offering of the wheat harvest. (ウキペディア:Lag BaOmer より)

きっと、Omer は大麦、小麦というより、『麦、穀物』という意味ではないかと思います。
 
(自己解釈)

オメル・カウントはペサハとシャブオットの49日 (7weekS) の間を言葉にして数えます。

Counting of the Omer (or Sefirat Ha'omer) is a verbal counting of each of the forty-nine days between the Jewish holidays of Passover and Shavuot.

そう、ヘブライ人は、日本人同様、

「もういくつ寝ると♪シャブオット~ (でチーズが食べられるぺろり)」 と数えているのです。





ま~、このカウントは、

エジプトから逃れ、シナイ山でトーラを受取ったことを忘れないためでもあるようです。

ユダヤ教、トーラがあってのユダヤ教ですからね。


実は神様は全ての人々にトーラの話をしたが、その全容は知らせなかった、

ヘブライ人以外の人々は、まずその内容を教えてほしいと、でも

何かわからないけど『ただ』でもらえるものは貰ってしまえと、ヘブライ人。

さすが、その時代からヘブライ人はこんなだったんだ・・・と、

これは元旦那様が話してくれた。ユダヤジョークの一つですね。


英語版となりますが私が参考にした文献

Ynet 新聞社ユダヤの祭日 Shavuot
inmamaskitchen.com の Shavuout
ウキペディア英語版 Shavuot





ところで、チーズを食べる習慣は? 由来は色々あるみたい。

基本的に全てのユダヤ人の祭日は旧約聖書によって指定されていますが、

シャブオットはこれといって特別な食べ物はなく、日常的な食べ物を食べなさいと、

そこで一般的な食べ物のなかで乳製品は少なくとも一日一度は口にする。

そんなところから来たようです。


肉類は、シャブオット期間のシャバットの時に食べられることもあります。

基本的には乳製品と肉の組み合わせは食事規定があります。

別々に食べる必要があり (肉を食べたあと7時間後に乳製品など)、ちょっと面倒です。


あとは、ヘブライ人は『ミルクと蜂蜜が流れる土地へ行くことを約束』されたので乳製品。

トーラを授かり、40年間シナイ半島をさまよっていたのでミルクが発酵してチーズになった。

大笑いは冗談です)


ペサハではマッツァを食べ (09年04月08日)、

国の祭日の独立記念ではBBQ (09年04月29日)、

ラグ・バオメルもBBQ (09年05月12日)、そうしてシャブオットにはチーズづくし。


::産めよ殖やせよ::増えるのは子供ばかりではなく、体重も増えるユダヤ教びっくり

丈夫な足腰がなくては、丈夫な子供も産まれません、

たくさん食べて楽しいユダヤの祭日をお過ごしましょう!


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

本日もクリックありがとうございました!!!






最終更新日  2009年09月16日 00時50分47秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年05月12日
カテゴリ:ユダヤ祭日

10日(日) の Depeche Mode 初イスラエル公演、約50,000人が会場を訪れる。

本当は2006年に来イスラエル予定が第2次レバノン戦争で延期となりました。

Depeche Mode lands in Israel
Or Barnea Published: 09年05月08日, 08:00

It's now official: British band's members arrive at Ben-Gurion Airport, greeted by dozens of fans at Tel Aviv hotel. Long-awaited concert to be held Sunday evening in Ramat Gan Stadium




ローマ法王も2000年にパウロ2世、2006年にも予定されていたが第2次レバノン戦争で

キャンセルとなり、今回のローマ法王訪問は9年ぶり。

そのため、11日夕刻からの Lag B'Omer ラグ・バ・オメル がかすんでしまった。

もともと大きな祭日ではないので、宗教的学校以外はお休みではありません。

交通機関も普通に動いています。


この祭日は焚火をするのですが、

焚火とともにまたイスラエル国民的行事の BBQ を行います。




そこで、なぜローマ法王;ベネディクト16世にぺレス大統領が麦の穂の花束

渡したのかわかりました (2009年05月11日参照) 。


ちょっと Lag B'Omer ラグ・バ・オメル は私も非常に説明しがたが、頑張ります。


ユダヤ教には、ペサハ (過ぎ越し祭り) の2日目から、

Omer (オメル;大麦) の数えという日数を数えるしきたりがあります。

その33日目に、ラグ・バオメルというお祭りがやってきます。


聖書の時代ペサハの2日目にを Omer (オメル;大麦) を神殿に奉納することが戒律として

決められていました。ラグ・バオメルから15日後に、シャブオットがあり、

初小麦を奉納することが決められていました。

で、ペサハ終了の翌日から50日目に終えるシャブオットまでの7週間を数えることは

戒律で決まっていました。

ちょっとこの辺はユダヤ教のお勉強をしっかりしないと説明しきれませんが、

ようは、大麦・小麦の奉納が戒律として決められていたので忘れないように

日数をカウントしていたのでしょう。





ペサハは出エジプト記、シャブオットはシナイ山でトーラーを与えられたことを祝う日です。

と、同時に穀物を神殿に奉納していた歴史があることも頭の隅に置いておいてください。


この日がちょっと複雑なのは色々な歴史がこの日にあったからなんですよ。

::(1) ::

タルムードによると、(私が尊敬する) ラビ・アキバ の24,000人の学生がオメルを数えている期間に疫病で亡くなった、それは彼らみなが正しいユダヤ人としての行いをすることを忘れていたからだと。お互いの精神的向上を妬んでいたからだということです。それでこの疫病がこのラグ・バ・オメルの33日目に治まった。

::(2) ::

ラビ・アキバの学生の死でアキバは5名の学生を指導した、そのうちの一人;シモン・バル=ヨハイは後に偉大な賢明なラビとなり、また偶然なことに彼が亡くなった日がこのラグ・バ・オメル。しかも彼が息絶えるまで奇跡的に太陽は沈むまなかった。また同時に彼はカバラの達人でなくなる日にカバラの神秘的な奥深いものを明らかにした。





たぶんこのことから、この期間中には祝い事を控えるという習慣になったことと思います。

ひげをそらない、髪の毛を切らない、結婚式を挙げないなどなど。

そうして、太陽が沈まなかったことから焚火の習慣があるようです。

また、多くの宗教家たちはラビ・シモン・バル=ヨハイが埋葬されている

(ヘルモン山の一部でもある) メロン山を訪問します。

400,000 mark Lag B'Omer at Mount Meron
Ynet reporters Published: 09年05月12日, 13:04

Annual celebrations at Rabbi Shimon Bar Yochai's burial site attract large crowds; 150 people injured during festivities


::(3) ::

伝統によるとこの日はノアの洪水が始まった日とされています。

::(4) ::

現代のユダヤ人はこの休日をローマ帝国のユダヤ人弾圧に対して行った、バル・コクバの乱 (2008年05月23日参照) と関連づけます。シオニスト運動では、1941年に国の正式戦闘部隊として ハガナー が、攻撃部隊としてPalmach が設立され、戦うユダヤ人の精神的シンボルとして反乱を祝いました。その7年後の1948年のラグ・バ・オメルに、イスラエル国防軍として誕生しました。





このような祭日なのでございますが、理解していただけたでしょうか?

ウキペディア;Lag B'OmerYnet 新聞社;Lag B'Omer の説明をつなげてみました。

小さな祭日なのに複雑なため、特に世俗派の方たちも正しく説明しきれないのでは??


11日夕方には色々な公演で焚火をしていたと思われます。

子供たちにとってはローマ法王より、 Depeche Mode より、

友達を誘って夜遊びできるこのラグ・バ・オメルを楽しんでいたと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

大きなイベントごとにかすんでしまったユダヤの祭日にクリックありがとうございます。






最終更新日  2009年09月16日 00時52分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月07日
カテゴリ:ユダヤ祭日

 

トゥ・ビ・シュバットというユダヤの祭日があります。

イスラエルのBlog、bananian Blueにて説明があります。

樹木の新年 トゥ・ビ・シュバット  どのようなお祭りなのか彼女の説明でわかります。


このトゥ・ビ・シュバット(Tu B'Shvat)にちなみ、エルサレムにある

聖書発祥地博物館(Bible Lands Museum;日本語訳は何?)にて、

4000年前のバビロニア時代のくさび文字の平板を博物館の中央に展示します。




**The ancient tablet (Photo courtesy of Bible Lands Museum)**



タルムードではトゥ・ビ・シュバット(Tu B'Shvat)はユダヤ暦の中の

ユダヤ新年(Rosh Hashana)と同様のユダヤ新年の一つとして明記されている。


1)ユダヤ暦、第1月:Nisanの初め、西暦3-4月(ぺサハがりますね~)

New year for kings and festivals;王様と祭りのための新年。。え。。

2)ユダヤ暦、第6月:Elul の初め、西暦8-9月

New year for animal tithes;動物の奉納の新年。。あら。。。

3)ユダヤ暦、第7月:Tishreiの初め、西暦9-10月

New year for calculation of the calendar, sabbatical years and jubilees,, for planting and sowing;
安息の年と記念祭の計算のための新年、農作物などの植え付けのための新年。

(9月と10月にはヨムキプールとユダヤ新年とシャブオットがありますね~)


4)ユダヤ暦、第11月:Shvatの初め、西暦1-2月 

New year for trees;木の新年

(BiBiさん(次期大統領候補?)、どんなお願いをして植えていたのか?)
 
**Netanyahu;Photo-Avihu Shapira**   **2008年;ブッシュ前大統領ご夫妻も訪問**


"tet と vav(トゥ)" はヘブライ語で15という数字を表します。

ユダヤ暦、第11月の15日目にこのTu B'Shvat があります。


ラビ達の間で討論になった

「(新年)月の初め(The First of Shvat)か15日目(Fifteenth of Shvat)か?」



そのような経過(どのような経過なのか私にはわからない・・・・ぽっ大笑い)、



その後、 Fifteenth of Shvat は農業サイクルの開始、終了について計算する日

(それは神様に収穫された1/10の果物やナッツを奉納するため)となったそうだ。。。



私の英語力に間違えていなければこういうこととなります。(ウキペディアより)




**Ynet新聞:Tu B'Shvat harvest for hungry families びっくり**


そのため、この祭日にはドライフルーツやナッツを食べます。

スーパーには特別コーナーが設けられ販売されております。


(と、言っても普段より目立つ場所に陳列されているだけ・・・)





ともかく、聖書発祥の地博物館の創設者のエリーボロフスキ博士は言いました。

このくさび文字の平板は、

「人類の揺りかご(人類発祥)の古代史のためのと同様にユダヤ暦の理解のための最も重要な文書と歴史の宝」




私はまだユダヤ教のこと、旧約聖書やタルムードのことは詳しくないです。

しかし、このバビロニア時代のくさび文字の平板は常時展示していると思われます?

多分このトゥ・ビ・シュバット(Tu B'Shvat)にはメインで展示しますということなのか?

詳細はご自身でサイトにて調べてください・・・(失礼ぽっ



なせならば、

トゥ・ビ・シュバット(Tu B'Shvat)は日曜の午後から月曜の午後までの1日が休み。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ

(地球の迷い方にもこの博物館のことは載っているのかな??)

聖書発祥の地博物館へ行きたい方、クリックお願いします!!



**http://gallery.tourism.gov.il/Pages/DisplayImage.aspx?ImageId=1060**



Bible Lands Museum Jerusalem ◇ (聖書発祥の地博物館)

開館時間:
日、月、火、木 - 午前 09:30 - 午後 17:30
水         - 午前 09:30 - 午後 21:30
金、祝日前     - 午前 09:30 - 午後 14:00


住所: Museum Row, 25 Granot Street,P.O Box 4670,Jerusalem 91046
電話: 972-2-5611066 , Fax: 972-2 5638228

Eメール: contact@blmj.org



交通機関: バス - ルート 9, 17, 24, 99

入館料: 大人 - 32 NIS、高齢者 - 16 NIS、年金受給者 - 28 NIS
学生/ 兵士/ 障害者/ 新入植者 - 20 NIS、子供(5-18歳) - 20 NIS


ガイドツアー: 毎日 - 英語、ヘブライ語、水曜午後 - ロシア語、ドイツ語
                ※その他の言語とプライベートツアーは要予約。

ミュージアム・ショップ案内(館内に併設)



**Mummy at the museum (Archive) Photo courtesy of Bible Lands Museum**


ここの美術館では今年で5年目になるスペシャルプログラム(The Image of Abraham Project)があり、これはユダヤ人とアラブ人の家系となる「エイブラハム」または「イブラヒム」などの共通の足跡から古代近東の文化、習慣、言葉を学んでいる。


また、5歳~10歳までの子供の誕生日祝プログラムもある。

・誕生日の男の子/女の子を記念して古代の豪華な食事。
・ワゴンや二輪戦車とエジプトのボートで博物館を廻るツアー。


楽しそうだな~~。スマイル。。これはちょっと楽しいお誕生日よね!!







最終更新日  2009年02月09日 03時02分39秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年12月24日
カテゴリ:ユダヤ祭日

 

本日ハヌカ4本目のロウソクがともされました。






*☆*:;;:*☆*:; メリー・クリスマス ;:*☆*:;;:*☆*


週に3回しか会社に行かない私です。

昨日、会社でハヌカのろうそく点灯式がありまして、

そうしてハヌカは1日の油で8日間明かりをともすことができた。

2008年12月23日:昨日の日記を参照ください)




**会社の休憩室にて**



そんなことに由来して・・・ ドーナツを食べる。

ことどとくユダヤ人の祭日には多くの(太るような)食べ物があるしょんぼり


油にちなんで・・・・ なぜドーナツ?





大きさはさまざまだが、あまり小さいドーナツを見かけることはない。

ドーナツの中はイチゴジャムやチョコレート、

それに、ドーナツの上にもチョコレートが掛っていたりする。



それを基本的には毎日食べなくてはならないびっくり・・・・ 本当かな?




もちろん、「あんドーナツ」なんてあるわけがない(大笑い笑)




**会社で配られたドーナツ**



明日、木曜日も会社に行くけど、またドーナツが出るかなウィンク?


昨日の夜からテルアビブは雨いなずまいなずま雨

今日も朝から、雨、雨雨、雨雨。。。。。。。



砂漠地帯のイスラエルには恵みの雨雨



ところで、サンタクロースは24日の夜に来るのか? 25日なのか?

知っている方教えてください。


 にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ  independence.jpgプログランキング参加

恋人がサンタクロースだった方、絶対にクリックしないでください怒ってる大笑い







最終更新日  2008年12月25日 07時34分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月23日
カテゴリ:ユダヤ祭日

 

昨日のBLOGのタイトルでもしかしたら、

私が結婚指輪をもらって6月に結婚するのではないかと・・・・

思ってくれた人もいたのかな~~~。ぽっスマイルびっくり大笑い




**ハッピー・ハヌカ**



今月も妊娠することはなく、月のものがやってまいりました。

・・・・妊娠するような行為をした覚えはここ最近ありませんぽっ




21日からこちらではきらきら光の祭りきらきらとも呼ばれているハヌカが始まりました。

2008年12月21日日没~29日日没までの8本のロウソクを灯します。



 
**色々なハヌキヤー**



そうしてルームメイトのアサフが

「ロト買うんだったら今だよ!」



それを聞いて大笑いした大笑い大笑い

(なぜロトを買う必要があるのかは最後までお読みくださいグッド





ルームメイトのアサフは別に特別宗教家ではないが、

彼のおじいさんがラバイだったらしい。


 
**色々なハヌキヤー**



アサフはハヌカのロウソク点灯式を、どうやら私が帰ってくるのを待っていたらしいスマイル

いや、単に忘れていただけなのか大笑い


(実際、私がユダヤ教を好きだということに対してやはり嬉しいらしい)



初日はアサフの言っているヘブライ語を、「BonBon、はい・・」

「え」 びっくり雫

「俺が言っていること復唱して!」


「あ」 ぽっびっくり雫




**23日の2本目のロウソク**

※中央の1本は8本のロウソクをともすためにあるロウソク※



翌日からはアサフが祈祷書を持ち出してハヌカのお祈りを言っていた。

(やっぱろ私のへんてこヘブライ語じゃぁ駄目だよねぽっ

TSUKI犬)も無理やり参加させていた・・・といっても彼女はだまって座っていただけ。




祈祷書の内容を英語が苦手なアサフなりに話してくれた・・・

そこで、「ほら神様の白い・・・・」



なんだろう?しょんぼり?、神様の白い・・・服??頭?? なに?



「ほら、あのMichael(ミハエル)とか」

「ああああ、、エンジェル」



彼、何度エンジェルという英語を教えても覚えない。

私も何度同じヘブライ語を聞いてもそれがエンジェルと理解していない。

お互い様だ大笑い大笑い




**天使ミハエル**



私が理解したのは、神様からの祝福がありますように、

(あまりにも一般的なことです大笑い


でエンジェルが何をして登場してきたのかわからないしょんぼり?ぁれ~

ハヌカのロウソクの火はたばこをつけたり、料理をするために使ってはいけないと、



これは聖なる火だから  「みてるだけ~目



それって、あたりまえって思うんだけど?


 
**色々なハヌキヤー**



ところで、このハヌカというお祭りは、ユダヤ教の中でも比較的新しい祭り。

というのが、12月のこの時期、クリスチャンの子供たちがクリスマスのプレゼント

に喜んでいるのを横目でうらやましそうにユダヤ人の子供がみている目・・・。

そんなかわいそうな思いをしているユダヤ人の子供たちのために作ったとか?


現にハヌカの時は子供たちはプレゼントやお金をもらえる!





私もプレゼントは欲しいな~目がハート目がハート目がハート~。。。。

ここしばらく殿方からなにかプレゼントされたことがないな~ショックショックしょんぼり。。。



明日はクリスマス・イブでございます。

そうしてイスラエルはハヌカでございます。



この、ロウソクをともす台をハヌキヤーというのだけども、

本当に素敵なデザインのものがたくさんある。

イスラエルのお土産としても良いんじゃないかな!!




 にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ  independence.jpgプログランキング参加

聖なるハヌカにクリックお願いします!!!!


** ハヌカ (シオンのかけ橋より)**

ハヌカとは「奉献」の意で、紀元前167年のマカベア戦争にユダヤ人が勝利したことを記念した祭りです。

ギリシャユダヤ教の聖所である神殿を汚し、トーラー(聖書)の勉強や祭りなどを禁じました。そのギリシャの圧政に、マカビとその息子たちは敢然と立ち上がり、激しい戦いの後、ついに独立に成功しました。彼らはギリシャの神に汚されていたエルサレムの神殿を奪還し、これを清めて奉献しました。

宮を奪還し清めたとき、神殿に永遠の火を燃やすための清い油が一日分しかなかったが、

星奇跡的にもこの油で8日間明かりをともすことができた星



そう、ハヌカは別名星ミラクルの日星でもあります。

それで「ロト」を買うのならこの時期だとアサフは言っていたのです。

「アイ・ビリィ~ブ・イン・ミラクぅル」 by Jackson5 ウィンク







最終更新日  2008年12月24日 08時35分10秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR

プロフィール


Bon-Bon

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

王島将春@ Re:マラウィ Day36:フィリピン兵のPTSD(06/27) 初めまして。福井市在住の王島将春(おう…
10BetJapan@ Re:オンラインカジノとイスラエル(09/25) 初めまして。弊社は10BetJapanというオ…
あおの@ Re:ブラジリアンカット友達募集(02/25) ユダヤ人って、ウンコみたい
通りすがり@ Re:トルコ風呂(ハマム)とイラン人(08/28) イラン人の話なのに何故「イスラムアラブ…
名無し@ Re:日本人はもてる?(03/31) こんな恥晒しな記事を初めて見ました。 同…

カテゴリ

カテゴリ未分類

(11)

マニラ:日々のできごと

(35)

マニラ:犬との生活

(0)

テロ・戦争・IDF

(17)

集団的自衛権

(14)

パレスチナ・中東問題

(54)

2014年 ガザ Operation Protective Edge

(17)

2012年 ガザOperation Pillar of Cloud

(9)

2008年 ガザ Operation Cast Lead

(30)

村上春樹:エルサレム賞

(8)

イスラエル出入国

(32)

テルアビブ観光

(33)

エルサレム観光

(7)

イスラエル観光ガイド

(16)

イスラエル国の祭日

(20)

ユダヤ祭日

(13)

ユダヤ祭:新年、贖罪日

(15)

ユダヤ祭:プリム

(6)

ユダヤ祭:ペサハ

(8)

ユダヤ教

(20)

郵便、銀行、両替

(15)

国内交通、旅行会社、安全情報

(24)

テルアビブの街とファッション

(34)

レストラン、カフェ、食事

(25)

生活、習慣、文化

(28)

日々のできごと

(47)

犬との生活情報

(38)

ペットショップ・獣医

(20)

ルームメイト・友達・日本人会

(24)

アパート、ホテル

(17)

仕事

(27)

恋愛、デート

(23)

恋愛:金髪君

(7)

恋愛:ギディちゃん

(11)

恋愛:年下君

(7)

恋愛:マイク

(8)

美容・医療・健康

(19)

セックシャリティー

(21)

イベント:マドンナ

(16)

イベント、パーティー

(18)

TLV100周年イベント

(8)

09年ローマ法王訪問

(15)

イスラエル⇔イタリア

(6)

イスラエル⇔トルコ

(6)

イスラエル⇔日本

(33)

日本:日々のできごと

(32)

日本:犬との生活

(5)

動物検疫(犬輸出入)

(15)

フィリピン:マラウィ包囲作戦 

(7)

お気に入りブログ

台湾の旅は春水堂か… New! Belgische_Pralinesさん

西沢渓谷 kujira_israeli_danceさん

新発田城(越後国)~… たけB777さん

アンダルシア,Andalu… torres8さん
ちろろの編みあみぶ… tiroro99さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.