436833 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももも。のおスイス暮らし

退院しました。

(2005.5.17の日記)


      退院しました。






      まずはご報告。


      ダンナが本日退院いたしました。



      退院は早くて水曜日って言われていたので、びっくりです。
      今朝電話が来たとき、冗談だと思ったくらい。
      おとといの弱りようを考えると、やっぱり信じられません。

      少しずつ食べれるようになり、歩く量を増やしたり、
      今週いっぱいは家で療養し、来週から会社に復帰の予定です。



      温かいコメントをくださったみなさん、メールで励ましてくれた友達のみなさん、
      この場を借りて、改めてお礼を言います。


      「ありがとうございました。」





      実はダンナが緊急入院となった12日は、ダンナの誕生日だったのです。
      問診で誕生日を聞かれたり、カルテを見たりで、
      いろいろな人から「おめでとう」と言われていました。
      今となっちゃ、笑い話ですわ。

      その週末に誕生日ディナーをするつもりだったのも、延期。
      ダンナのリクエストでお好み焼きなんだけど、
      食欲が普通に戻ったら、改めてするつもりです。


      そして同じ日の夕方、アメリカに移民した娘夫婦以下、孫、ひ孫に会いに行った
      ダンナのおばあちゃんも入院する騒ぎがありました。
      今はおばあちゃんも退院していますが、翌日スイスに戻る予定で、
      必要な薬を十分持って行っていなかったので、彼女がどの薬を飲んでいるのか、
      義父は薬局に走り、あとフライトのこと、旅行保険のこと、諸々と
      アメリカへの連絡で義両親はてんやわんやでした。
      そこへ息子の入院ときて、12日の我が家は本当にてんやわんやでした。


      義両親には本当に感謝をしています。
      彼らがいなかったら、どうなっていたことか。
      彼らも私が頼みごとをするのがうれしいようで、甘えれるところは
      これからも甘えさせてもらおうと思います。
      義両親と堅苦しく書いているけど、私のスイスのパパとママですから。
      もちろん甘えすぎちゃいけないし、私からも彼らを助けることが早くできるように。



      前回の日記に書いたように、私はこの件からいろいろ考えたわけだけど、
      焦らず、自分のできることを、少しずつ少しずつ増やしていこうと思います。
      10年後にも、いっちょ前になっているとは思えないけど、
      来年の今頃の自分と今の自分を比べたとき、成長していたいですから。

      今回の件で落ち込んだ反面、1年前の自分よりも強くなっている自分も見つけました。
      それも少しうれしかったのも事実です。でもやっぱりまだまだ。


      自分のペースは守りながら、なんとかなるさの精神と努力を忘れず、
      これからもスイスでがんばっていきます。



      そして、私の愛する家族、もっともっと大切にしていきたい。

      いつもの「ただいま」「おかえり」のあいさつ。
      今日のは一段と心にしみました。





      NEXT



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.