438232 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももも。のおスイス暮らし

ワーホリに向けて

ワーホリに向けて



ニュージーランドから帰国するやいなや、今度は長期で行く!と周りに宣言していた。
当時つきあっていた人にも「いい?」という聞き方でなく、「行くねん!」だった。
資金稼ぎのため約1年後の出発、英語だけでなく旅やいろいろな経験のできるワーホリで
行くことに決めた。


運良く、ある留学エージェントが発行している雑誌の編集デザイナーという職を得た。
1年以内にニュージーランドに行くために辞めるから、アルバイトという扱いだったけど。
なんかイギリスに行く前に苦労していた転職活動がウソのように、ポンポンと決まった。
短期とはいえ留学していたこと、今までの職歴、この両方が役に立った。


ここの職場は、カウンセラーの人たちは海外経験者で話していて刺激がいっぱいだった。
締め切りに追われ、昼夜ぶっ通しで働いたこともあった。
世界中の語学学校とやり取りをしていたから、夜にメールを打つとチャットのように
返事が返ってきたり、ファックスも早朝はオセアニア、午後はヨーロッパ、
夜はアメリカから送信され、各国に朝が来たな、地球が動いているなーと感じていた。

アルバイト扱いなのに、正社員以上に働いたと思う。
私が採用されたときに、会社の体制が変わって、とある製作会社が親会社になった。
結構理不尽なことが多くて、何度辞めようかと思った。
でもニュージーランドに行くためだったし、世界とコンタクトを取れるこの仕事に
とても魅力を感じていたし、留学のすばらしさを伝えられるし、
親会社から手伝いに来ていた編集長の理解、そして同僚がよかったので、頑張れた。
自分の横の壁に大好きなニュージーランドの写真なんかを貼って、気分を高めていた。
会社の体制は好きにはなれなかったけど、あれほど魅力に感じられた仕事は今までなかった。



この会社に勤めながら、自分のワーホリへの準備も着々と進めた。
まずは語学学校に行こうと思っていたのだが、気になる学校がいくつかあり、
そのうちのひとつが会社に訪問に来たので、少し時間を頂いてしゃべった、
といっても当時の私のスピーキングでは大したことは聞けなかったけど。

後で直接メールで質問したりして、結局その学校に決めた。




そして計画通り、2000年9月再びニュージーランドに飛んだ。




「旅~NZワーホリ~」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.