438060 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももも。のおスイス暮らし

語学学校

語学学校



2000年9月、NZに再び飛んだ。

知っているところに行くし、不安はあまりなかった。
最初は1年間戻ってきたくてしょうがなかったオークランドにいる自分に、感動していた。


そのうち、3週間の前回の楽しくてしかたのなかった滞在と今回の滞在を、
なにかと比較し始めていた。
前回の3週間は英語力がぐーんと伸びた。今回もそれを期待していた。
最初から停滞期に突入し、こんなはずじゃと焦り始めた。
学校生活もなんか物足りない。

前回は週末が3回しかないから、いろいろなアクティビティに参加したり、
なにもかも新鮮だったから毎日も充実していた。
今回は長期。毎週アクティビティに行けるほど、余裕もない。
学校が終わったら、大きな旅行をしようと思っていたから、
ちょろっと行くのも今はもったいない。
今ある状況が普通の留学生活なのだろうけど、前回と比較ばかりして、
つまらなく感じ始めてもいた。


比較するのをやめて、今の状況を楽しもうと思い直し、
お金のかからない放課後のアクティビティに参加したり、友達とおしゃべりしたり、
ウォーキングに出かけたり、街を探検したり、フツーに楽しめるようになった。



毎週月曜日は誰かが入ってきて、金曜日には誰かが去っていく、そんな学校だった。

11月の末、スイス人のリチャードがクラスに入ってきた。
その金曜日に学校で一番のアクティビティ、海岸でのBBQがあり、リチャードも誘った。
それをきっかけにリチャードと仲良くなり、ほぼ毎週末ふたりでオークランドを冒険した。
島をサイクリングしたり、海岸沿いを歩いたり、森を歩いたり、ときに辞書を引きながら、
ふたりの共通語・英語で会話をした。


しょちゅうリチャードと出かける私を見て、ホームステイマザーは

「スイス人男性には気をつけなさい」って冗談まじりで言った。

「ただの友達だって!」って返すと、

「私のホームステイの生徒で、スイス人とよく出かける子がいて、
 ボーイフレンド?って聞くと、あなたみたいに、ただの友達って答えてた。
 でも今その子、そのスイス人と結婚してスイスに住んでいるのよ。」と。


「へぇ~」としか思わなかった。ほんとにリチャードとは純粋に友達だったし。



リチャードは1ヶ月の語学研修を終え、クリスマスを前にスイスに帰って行った。


「いつかまた地球のどこかで会えるといいね。」と、お別れの時リチャードが言った。

「スイス行ってみたいなー。」何気に私がそう言った。

「おいでよ。」

「そうだなー、2001年か2002年くらいに行けたらなー。」


当時、私にとってスイスは遠い国で、
以前観光で訪れた母が「スイスは世界で一番美しい国」と言っていたことから、
いつかは行ってみたいけど、程度だった。


リチャードとはその後も定期的に、メール、ハガキや手紙で連絡をとっていた。




NEXT


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.