000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももも。のおスイス暮らし

スイス

スイス



チューリッヒ空港に早朝に着いた私を迎えてくれたのは、
オークランドの語学学校のクラスメイトだったリチャード。

約1年半ぶりの再会である。


高速に乗って、リチャードの住む街へと向かう。
途中、ミュンヘンまで○kmという表示を見て、とても興奮したのを覚えている。
すごいなー、国と国がつながっているなんて。


家に着き、いろいろ話をして、リチャードは仕事に出かけた。
シャワーを浴び、荷物を整理して、初めてこの街を歩き出した。
言葉のわからない国で一人、かなりドキドキしたが、
緑のいっぱいの中を歩いて、とても幸せを感じていた。


リチャードは毎日昼過ぎには帰ってきて、どこかに連れて行ってくれた。
チューリッヒ、リヒテンシュタイン、サンティス、ボーデン湖、ラインの滝、
シャハウゼン、ルツェルンなどなど。


そして金曜日に休みを取ってくれ、1泊2日でスイスを周った。

エンガディンからイタリアに抜け、スイスイタリア語圏、再びイタリア、
そしてシンプロン・パスのホステルに泊まった。

寝袋持参で30フランだったか、結構スイスにしては安いと思う。


シンプロン・パスは標高2000m強、リチャードが

「アルプスに抱かれて、今晩は眠る。」

と言ったのが、とても印象的だった。



翌朝はツェルマット。
そしてそこから3000m以上のゴルナグラードに登山電車で登った。
どんどんすごい景色に包まれていく自分が信じられなかった。

雲がほとんどない素晴らしい天気で、もちろんお目当てのマッターホルンも拝めた。

そこからはハイキング。
花畑にバックはアルプスと氷河、スイスだ~!とはしゃいだ。


  matterhorn



その後は、ヴァリスからユングフラウ方面にカートレインで抜けた。
車用列車に車で乗り込み、そのままトンネルを抜けるというものである。
初体験であった。


インターラーケンから、アイガー・メンヒ・ユングフラウを見た。
その後、ベルンを軽く観光し、生まれて初めてラクレットを食べた。



リチャードには10日間、本当にお世話になった。
次の目的地・バーゼルに向かうため、リチャードとは地元の駅でお別れした。


何か忘れ物はない?って聞かれたから、

「私のガイド」

とリチャードを指さした。


笑いながら、電車のドアが閉まった。




NEXT



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.