000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももも。のおスイス暮らし

ダンナのニホンゴ




      ◇ダンナのニホンゴ・序章◇





      うちのダンナ、2005年2月から日本語クラスを受講し始めた。

      今までは学校など行かなくても、私が教えれると思っていた。
      お金もったいないし~。

      しかし、とっても難しい。
      教えるという技術はもちろん、身内が教えるという面で。


      何曜日にしようね。と決めても、今日は疲れてるからとか、
      私の方がドイツ語の宿題でいっぱいいっぱいだったり。
      たまに日本語講座を開いてみれば、私の教えるペース(期待)と
      彼の学習するペース(許容範囲)に差があり、
      滅多にケンカをしないうちらも、何度か険悪なムードになった。


      それで結局、お金を払って、決まった時間に習いに行くことにしたのだ。





      さて、このシリーズは
      ダンナのニホンゴの成長(ボケ)を笑っちゃいながらも、
      温かく見守ろうというものです。




      さあ、どんなボケが飛び出すのでしょうか?





      合言葉は “ガンバレ!ダンナ!”






      NEXT


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.