432651 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももも。のおスイス暮らし

PR

Profile


ももも。

Freepage List

私とドイツ語


教養課程の外国語


初めてのドイツ語


NZでドイツ語講座


続・NZでドイツ語講座


それから


旅~NZワーホリに行くまで~


スコットランド


スコットランドの後


初めてのホームステイ


ワーホリに向けて


旅~NZワーホリ~


語学学校


ピクトン~旅の初っ端から


ネルソン~旅・地球~


オカリト~全てがある村~


ワナカ~空を飛ぶ~


ダウトフル・サウンド~言葉


旅人からのメッセージ


旅~NZワーホリ・BP住み込み


再会


住み込み生活


憧れのネルソン・レイクス1


憧れのネルソン・レイクス2


奇跡の人


旅~ヨーロッパ~


私の旅のルート


スイス


カルチャーショック


英語が話せると


ファームステイ


湖水地方


北アイルランド


アイルランド


エピローグ


ダンナと私(100の質問)


なれそめ・出会い編


なれそめ・再会編


ダンナのニホンゴ


牛になる編


京都人になる編


実はバイだった?!編


コネタ総集編


番外編・オヤジギャグ


スイスのマネキンシリーズ


第一弾


第二弾


第三弾


第四弾


第五弾


第六弾


第七弾


第八弾


第九弾


第十弾


第十一弾


第十二弾


第十三弾


スイス☆フォトコレクション


2005 Fruehling~春~


2005 Sommer~夏~


2005 Herbst~秋~


2006 Winter~冬~


2006 Fruehling~春~


2006 Sommer~夏1~


2006 Sommer~夏2~


2007 Winter~冬~


2007 Fruehling~春~


ドイツ語奮闘記


失敗は成功のもと


発音は難しいのだ。


ドイツでドイツ語を試す。


サクラ咲く。


私とドイツ語と決心。


Don’t ever give up!


おスイス暮らし奮闘記


ホームシック~経験談~


ふと思ふ。


スイスに来て知ったこと。


ダンナのためにできること。


退院しました。


脱!ペーパードライバーへの道。


スイス・日本への想い


スイスジャーマンショック。


Recent Posts

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

Favorite Blog

こまた☆たまこのジュ… こまた☆たまこさん
トモりん。のオース… トモりん。さん
ドイツにて、あれも… ゾンネ@古都さん
LIFE IN SCANDINAVIA  ♪ふぃんふぃん♪さん
たかがヴェネチア、… saicuccioさん
まるぼぁな日々 yukie51さん
★かえるののっぽ★の… lovelyfrogさん
ぐるまんかーこのも… かーこ♪さん

Comments

ももも。@ Re[1]:スイスで不妊治療。(10/25) ミユキさん >再来月の8月よりスイスに…
ミユキ@ Re:スイスで不妊治療。(10/25) 再来月の8月よりスイスに住むことになり、…
ももも。@ Re[1]:来てくれてありがとう。(03/02) aiannseさん >3ヶ月オメデトウゴザイ…
aiannse@ Re:来てくれてありがとう。(03/02) 3ヶ月オメデトウゴザイマス☆ こちらは、…
ももも。@ Re:おめでとう!!!(03/02) NオカリトZさん >ずーっと気になって…

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

2009.11.13
XML
カテゴリ:スイスで不妊治療


人工授精をすることは、急に決まりました。


hMG療法を始めて2周期はタイミング法、3周期目から人工授精と、
先生から最初説明を受けていたんですが、私は3周期続けてタイミング法でした。


その辺、先生に突っ込みたかったんですが、その暇がなかった・・・

というのは、生理が始まると、クリニックに電話をして、
看護婦さんにいつ生理が始まったかを伝えます。
どの量から注射を始めるかを、先生に聞いてもらった上で、注射セットを用意してもらい、
それをあとで取りに行きます。
そのときに卵胞チェックのために、周期11~12日目に予約を入れてもらいます。

なので、生理が始まってから、注射を打ち始めるまで、先生の診察はありません。
先生に会うのは、周期11か12日目のチェックのとき、
そして、このチェックはすんなり終わるので、診察時間を短めにとられていることが多いのです。
先生もすぐに腰をあげてしまうので、相談するタイミングを失ったまま、さよなら~のパターン。

4周期目が始まったときも、またきっとタイミング法なんだろうな~なんて思っていました。
その周期の卵胞チェックの予約と同時に、年一の定期健診も一緒にお願いしていたので、
長めの診察時間を取ってもらっていたので、そこで先生に人工授精のことを聞くつもりでした。


その診察のときに、こちらから聞く前に、
「もう4周期目だね、今周期は人工授精をしましょう。」と、先生。

その日は周期12日目、月曜日でした。
「今週の木曜日はラボが休みなんだよな~。その日にひっかからないといいけど。」と先生。

「今までの周期でも卵の育ちゆっくりめだったから、排卵は来週じゃないですか~。
 ラボの休みにはひっかからないですよ。」と私。

こんな会話の後に、卵胞チェックをしてみると、順調に育っている卵胞がありました。
今までの3周期だったら、この時期はまだまだ小さかったんですが、
素人の私にもわかるくらい、周期通りの大きさの卵胞でした。

先生は計算しつつ、「金曜日辺りにできそうかな。木曜日にもう一度チェックに来てください。」
と、あれよあれよという間に、その週のうちに人工授精をする感じになっていました。

まさか今周期人工授精になるとは期待してなかったし、
その上、今週中にできるかもとなって、ただただ驚いているだけでした。


そして、その日から水曜日まで、排卵誘発剤Merional 75を1アンペルで自己注射をし、
木曜日に再チェックに行き、金曜日に人工授精をすることが決まり、
当日の流れ、必要な書類等の説明を受けました。

そして帰る前に、クリニックで排卵を起こす注射Ovitrelle 250を打ちました。
(今思えば、あれが最後の注射になったのだな~。)




当日は、まずダンナが朝7時にラボに行きました。
そこで私達が夫婦であることを証明するために、Familienbüchlein(家族手帳)を見せ、
後で精子を取りに来る私の身分証明書のコピーを提出しました。

そこで精子を取り、その後、精子は検査され、濃縮されます。

1時間半後、私がラボに行き、身分証明書を見せた上で、精子を受け取ります。
ラボの人に精子が冷えないように、容器をブラの中に入れるように指示を受けました。

人工授精は時間が勝負、ラッキーなことに、このラボとクリニックは徒歩5分の距離、
そしてクリニックに着くと、すぐにひとつの部屋に通され、内診台に寝かされました。

間もなく、先生が入ってきて、カテーテルの準備。
そして、カテーテルを子宮内に挿入し、あっという間に人工授精は終わりました。
チクっとする感じはちょっとありましたが、痛みはありませんでした。


その後、内診台をさらに足の方を高くした状態で10分、
それから下着をつけて、普通のベッドで20分横になって、帰宅となりました。


特に指示はありませんでしたが、その日は念のため、家でまったり過ごしました。
少しおりものに血が混じったりした程度で、ほかには何もありませんでした。












Last updated  2009.11.14 05:24:06
コメント(0) | コメントを書く
[スイスで不妊治療] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.