540319 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モモン・PART2

全1037件 (1037件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.01.08
XML
カテゴリ:今、思うこと。
​現在、楽天ブログのカテゴリを整理しています。

過去を振り返りながら・・・・・

思ったこと。

過去の自分が気色悪い!

統一協会(=現・世界平和統一家庭連合)を脱会した後、私って、こんなんだったんだーぁ!って、自分じゃない自分を見ています。

脱会後のリハビリとして本当の自分探しをしていなかったら・・・・死ぬまで気色悪い自分のままだってのですね。ぽっ


統一協会(=現・世界平和統一家庭連合)の場合、脱会したから、もう大丈夫・・・・は、有りませんからね。
よほどの幸運に恵まれない限り、辞めたから、もう大丈夫。はありません。

保護説得で脱会された方も、それは同じです。
保護説得に関わった、ご家族の方も、保護説得に費やした動力で疲れ切っているのに、これ以上、関わりたくないと思われるのでしたら、家族の縁を切って、それぞれの人生を歩まれた方がお互いのためです。

脱会後のリハビリというのは本物の家族への再生の旅でもあるのですよね。


それと、元信者さんに知って欲しいことは、​​​​​統一協会(=現・世界平和統一家庭連合)の場合、脱会者より、脱会者の家族の方が心のダメージが大きいということです。

現役信者を抱える家族となると、もっと深刻です。
誰も心に寄り添ってくれる人はいなののですから。



​​​​​​
​​






Last updated  2019.01.08 01:37:21
コメント(1) | コメントを書く


2019.01.04
カテゴリ:カテゴリ未分類

帰ってきたぞ!

しばらく、お片付けに時間が掛かりますが、

また宜しくお願いします。<(_ _)>






Last updated  2019.01.04 21:42:25
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.25
カテゴリ:カテゴリ未分類

私は当ブログのフリーページに

※当ブログから無許可での転載を禁止します。

と注意書きをしております。

平気で決まり事を破る輩が居りますので。
だけどね。

注意書きをしても平気で破る奴が居りました。
友達の≪格闘ボディさん≫が付けてくれたコメントを何の断りもなく転載した奴が居ります。

統一教会信者のお手本。
統一協会の鑑らしい行いですこと!

ヤフーの君の記事です。
     下矢印    

http://megalodon.jp/2014-0725-0912-48/blogs.yahoo.co.jp/yukitti000/46562724.html


こちらは楽天の私のブログ記事です。
       下矢印

http://megalodon.jp/2014-0725-1753-03/plaza.rakuten.co.jp/momon7032/diary/200811080000/

ヤフーの君の記事と当ブログに付いているコメントを、

よくよく見比べてみてくだないね。










Last updated  2014.07.25 22:45:27
コメント(2) | コメントを書く
2012.09.11
怪しい教団の信者は、

興味本位で軽々しく神様について話をすると大変な問題になります。
大変、恐ろしいことになります。

と言う。


子供の頃、同じ言い回しを聞いたことは無いだろうか?

『コックリさん』という遊びで。

遊び半分でコックリさんをやると、大変なことになる。
大変、恐ろしいことが起きる。

ってさ。


神やコックリさんを信じるのは自由であるが、

神やコックリさんを騙って人の心に恐怖心を植えつけるようなことをしてはいかんだろう?








Last updated  2012.09.11 17:19:24
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.07
エイトさんのブログから

http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&ocd=user&oid=5129972&eno=329&tno=-1&page=1&guestAuthCode=

クリスティーナ・ハン展示販売会

新宿エルタワー30階でこの週末3日間統一協会系販社クリスティーナ・ハンの展示販売会が開かれた。統一協会信者がビデオセンター受講生を来場させ「運気が良くなる」などと宝石・貴金属・絵画など高額商品を買わせる手口。信者の親もカモに。霊感商法は続いている。

今回の会場は、いつものアイランドホールではなく、エルタワー30階のサンスカイルーム。

受付にも青年信者が係員として動員、ただ働きをさせられている。

各ビデオセンターのスケジュールにも、クリスティーナ・ハンの講習が組み込まれていた。クリスティーナ・ハンの指導員がビデオセンターに来て指導していたそうだ。


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

4月20日~22日の3日間、統一協会主催のクリスティーナ・ハンの宝飾展が開催されてたんだってね。

だけど向学のために、『クリスティーナ・ハンの展示販売会』を見学したい。と希望しても展示販売会へは入れてはくれません。

『クリスティーナ・ハンの展示販売会』というのは完全会員制だから条件を満たしていない人は入れてくれないんだよね。


展示販売会へ入るには、ある条件を満たさなければ入れてはくれません。

1つ、『クリスティーナ・ハンの展示販売会』の【招待状】を持っている統一協会信者が同伴していること。

1つ、前年に『クリスティーナ・ハンの展示販売会』で宝飾品をバカ高い値段で購入させられた信者。もしくは信者予備軍(勧誘対象者)であること。

だから『クリスティーナ・ハンの展示販売会』の招待状は誰にでも渡すというものではないんだよね。

『クリスティーナ・ハンの展示販売会』の招待状を貰う事ができるのは、主に統一協会の信者なんだよね。

そして、受付には、ちゃ~んと、部外者の侵入を防ぐために、これまた統一協会の信者が【招待状】と本人確認(統一協会の信者であるか?勧誘対象者であるか?)のための識別役が控えております。


だから、普通は『招待状』がなければ展示販売会場には入れないはず。だよね。
しかし、たまに顔でフリーパスして展示販売会場に入れる人もいるんだよね。

顔自体が『招待状の代わり』をしている人もいるわけですが。たまにね。
統一協会の上の方に位置する人や、勧誘対象者を連れてきた統一協会信者とかには【特別に許可します】とか言ってね。


完全会員制のはずなのに『?』でしょう?

統一教会と関わりを持った事のない人は知らないだろうが、
『クリスティーナ・ハンの展示販売会』の招待状を持っている人は、ほとんどが統一協会の信者なんだよね。
そして、ほとんどが誰かと顔見知り。なんだよね。

受付で招待状の有無を確認しているのも、もちろん統一協会の信者です。
その地域の統一協会の各支部から受付係りとして派遣されてきているからね。

受付の係りをしている人と、招待状を持ってきた人とが知り合いの場合も多々ある。
だから、『あ!【招待状】を忘れて来た!』と言うても、受付に知り合いの信者がいて、統一協会の信者である事が確認され、“購入対象者を連れてきた。”と言えば【招待状】を持っていなくても展示販売会場に入れてくれます。

(私が統一協会の信者だった時に見た『クリスティーナ・ハンの展示販売会』の受付の様子でした。)






Last updated  2019.09.17 01:06:18
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
《創世記》
第4章
4:1人はその妻エバを知った。彼女はみごもり、カインを産んで言った、「わたしは主によって、ひとりの人を得た」。

4:2彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。
4:3日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。

4:4アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。
4:5しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。


アベルとカインは、それぞれ収穫した中から神に供え物をしたのだけれど、神はアベルの供え物を顧みたけれど、カインの供え物は顧みなかった。

カインもアベルも一生懸命に働いて育てて収穫した物なのにね。
神にシカトされて、カインは可哀想だよね。

何で神はアベルの持ってきた、その群れのういごと肥えたものとを顧みて、
カインと、その供え物とは顧みられなかったのだろうね?

同じ親から生まれた兄弟なのに差別しちゃいけないよね?
同じ親から生まれた兄弟なのに差別されたらグレちゃうよね?

カインは、ぐれて、弟のアベルを殺害しちゃったんだけれどね。

何で、そんな事になっちゃったんだろうね?
何が原因だったんだろうね?

殺害されたアベルが可哀想だけれど、グレちゃったカインも可哀想だよね。


でもさ、聖書を、よくよく読んでみると、原因も書いてあるんだよね。
ちょっと遠回しだけれど。

アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。 4:3日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。 4:4アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。 4:5しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。

この中上矢印に、神が、何故、アベルの供え物だけを顧みたのか?その理由も書いてあるんだよね。

弟のアベルは牧羊で生計を立て。
お兄ちゃんのカインは農耕で生計を立てていたんだよね。

で・・・収穫の時を迎えて、

お兄ちゃんのカインは、
地の産物を持ってきて、主に供え物とした。

弟のアベルも、
その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。

でも神は、カインが供えた地の産物(農作物)は顧みなかったけれど、

弟のアベルの供えた、その群れのういごと肥えたものとを顧みたんだよね。


アベルは神を《お大切》にして、羊の群れの中から『マル秀印』の羊だけを選んで神に供えたんだよね。
だから、神も「ありがとう。^^」と喜んでくれた。


だけど、アベルよりも先に農作物を神に供えていたカインは面白くなかったんだろうね。
何で、僕が供えた農作物には見向きもしないで、弟の供えた羊を喜ぶんだよー!って。

でもさ、もしカインも神を《お大切》に収穫物の中から『マル秀印』だけを選りだして供えていたら、神も「ありがとう。^^」と喜んでくれたんじゃない?

だってさ~、麦の実の山からを1粒ずつ『マル秀印』の麦の実を選り分けるのって豪い作業だよ~。


カインも分かっていたんじゃないのかな?
何で神が、カインと、その供え物とを顧みなかったのかを。
だからカインは大いに憤って顔を伏せたんじゃないのかな?

4:6そこで主はカインに言われた、「なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか。
4:7正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません」。

カインも神を《お大切》に麦の実の山からを1粒ずつ『マル秀印』の麦の実を選り分けて供えていたなら顔を上げられていたんじゃないのかな?








Last updated  2012.04.17 16:26:38
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
『聖書』は予言の書である。とか、新約聖書の『黙示録』が予言の書である。とか、怪しい教団の信者さん(統一協会だけでなく)から、よく聞かされたよね。
その外、神秘主義に傾倒している人からも、たまに耳にしたこともありましたわ。

聖書が予言の書である。というのだったら疑問が浮ぶよね?
聖書が予言の書であるなら、何故、人間は悲惨な戦争を繰り返すのか?
飢餓で苦しむ人々が出ないように、何故、それを未然に防げなかったのか?
・・・・・・・・

数え上げたら限がない。


事が起こり、時が過ぎ去った後で『全ては大昔に聖書に書かれてあった!聖書に予言されていた!』と言っても、それは、こじ付け、でしかないんだよね。

事が未然に防げてこそに予言の価値があるのだから。
予言というのは、防犯・防災対策である。と私は思っているけどね。

予言というから、おかしくなっちゃうんだけどね。
予言。ではなく、助言というべきじゃないかな?


結局は錯覚なんだよね。
聖書の中に現代社会の縮図を見て、そう思いこんでしまう錯覚なんだよね。

何故、現代を生きる人が聖書は予言の書である。という錯覚に陥ってしまうのか?
それは、大昔に生きていた人々から、現代を生きる人々に至まで、似たような行いを繰り返してきたからなんだよね。

様々な、文化・文明が発達しても人間の本質は変わらないからだろう。

後ろ向きに考えれば、人間とは何と愚かな生き物なのだろうか?と思うだろうし。

前向きに考えれば、現代人が営んでいる豊かな暮らし向きや、豊富な知識は、先人達が失敗を繰り返しながら積み上げてきた成果ではないのか?と思うのではないのかな。

そして時が止まらないのと同じく、
人間があり続ける限り、それは続くのではないのかな?
その時々の事情や形を変化させながら、それは、これから先も延々と続くのではないのかな?








Last updated  2012.04.15 11:49:19
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
パフォーマンスですから。
『会則』は形だけですから。

守らなかったからと言って、

『断食しろ』
『毎日、氷のように冷たい水で水業しろ』
『毎日、敬拝を何十回しろ』

なんて言いませんから。

私も、

何処かの怪しい教団の霊能者が言っているような、
『私が信者達に代わって、毎日、××××の為の、××××の条件を立てています。』

なんて、言わないし~。
そもそも、条件なんて立てる気もありませ~ん。

イエス様が好きなら誰でも『OK』で~す。スマイル
『イエス様ファンクラブ』ですから、一応、宗教的なパフォーマンスを書いてみたただけで~す。







Last updated  2012.04.14 18:27:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
イエス様ファンクラブ『イエスチャン』の会則は、

・『聖書』を好きなだけ読む。

・お祈りをする。

※様々な事情で、お祈りが出来ない時は『主の祈り』を捧げてください。

『主の祈り』

天にまします我らの父よ
願わくは
み名をあがめさせたまえ
み国を来たらせたまえ
み心の天になるごとく地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日も与えたまえ
我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく
我らの罪をも赦したまえ
我らを試みにあわせず
悪より救いだしたまえ
国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり
                アーメン。


と、イエス様の祈りを捧げてください。







Last updated  2012.04.12 17:23:13
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
1、父なる神。

2、御子イエス・キリスト。

3、聖霊(みたま)。

この、3つが合わさって、1つの『神』です。
『三位一体の神』と言っています。

イエス・キリストも聖霊(みたま)も神から出た(神が使わされた)モノであるから、イエス・キリストも聖霊も神である。ということです。


『三位一体の神』で、一番分かり難いものが【聖霊(みたま)】です。

《聖霊の働き》《聖霊が語りかけてくれる》《聖霊の導き》などなど。
しかし、これら全部ひっくるめて【聖霊(みたま)の働き】といます。


【聖霊(みたま)の働き】というのは、

「その場の空気を読む。」とか、

「誰かを通して(誰かと話をしている時に)ハタと気付かされる。」とか、

「それまで分からなかったことが、『ああ、そういうことか・・・』と理解できたり。」

「ただ、神を信じることが出来る。または、できた。」

「日常の出来事の中で、いろいろ気付かされる。」

「落ち込んで、お先真っ暗という心境の中も、突然、それまでの出来事が感謝に変わり希望がうまれる。」といったものでしょうかね。


人間が生きていれば「必ず」と言っていい程に悔やまれる事が度々、起こります。
しかし、時が経つにつれて事情も変わってきます。

いかに悔やまれる出来事に見舞われたとしても、
それを反省し、その体験や経験を他者に活かす事ができたとき、他者だけでなく自分をも生かすことのできる糧となります。

どんなに悔やまれる出来事であっても、それを良いモノに変えてくれるのも【聖霊(みたま)の働き】というものでしょうかね。








Last updated  2012.04.12 14:40:41
コメント(4) | コメントを書く

全1037件 (1037件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.