540577 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モモン・PART2

全4件 (4件中 1-4件目)

1

消えない心のダメージ

2011.06.10
XML
格闘ボディさん
>今の日本の繁栄、世界での日本の評価が高いのは、政府や官僚が作ったのではなく民間が頑張ってきたからです。


ホント!
そうですね。
北欧の白人達から『猿まね』と蔑まれ続けようが、それに構うことなく黙々と努力し続けてきたのですよね。
日本の民間は。

そして現在の日本国があるのですよね。


>それらは普通、国家統治のためにある組織のはずですが、日本の場合は制限をかけるために存在し、民間にブレーキをかけ続けてきました。

アメリカや特定アジア地域のご機嫌ばかりとって、
民間に制限をかけ続け、規制で縛り上げていましたものね。


>自民党時代も酷かったですが、民主政権になり小沢が裏で操るようになって政治より何より政局が重要視されるようになり、国家や国民そっちのけで政局争いが起こるようになってしまいました。

『政治とは選挙に勝ち、政権をとる事である!』でしたものね。


>政治家も官僚も一度解体して作り直した方がよいですね。ある方が邪魔になる存在なんて無意味です。


同感です。
特に、公明党は不必要です!
公明党から厚生労働大臣が出ていたときに、官僚と国会議員が研修という名目でヨーロッパを豪遊し、国民の年金を湯水のごとく使い続けてきたのですよね。

厚生年金の建築物に国民の年金が消えていったのではないんだよね!



>今思えば、やはり小泉総理、安倍官房長官、麻生外務大臣、中側財務大臣というラインは最強だったのですけれどね。
-----

ホント!
ホント!
初めて、日本国民のための政治をしてくれましたよね!

公明党は最後まで足を引っ張り続けていたけれどね。






Last updated  2019.09.17 00:40:59
コメント(4) | コメントを書く


2011.06.07
毎日、東日本大震災の復興状況や、
1回開くごとに約1億円の費用がかかるという国会で、
ほとんど毎日のように国会議員たちが繰り広げている茶番劇を見ていると、

日本には、
国会も政府も必要ないのではないか?
と感じています。


現在、東日本大震災で被災した人々は、各自治体や、民間の復旧援助隊の力を借りながら自分たちの力で復興するための努力をしています。

地域によっては孤立無援の所もあるそうですね。


しかし、日本政府は東日本を復興させるための第2次補正予算を立てようともしません。
そんな気は、さらさらない様子。

ほとんど毎日のように、国民の血税を使って茶番劇を繰り広げていらっしゃいますね。
国会議員の皆様方は。

それが日本政府の仕事である!
無駄金を使い続ける事が日本政府の仕事である!
日本国民を無視し続けることが日本の国会議員の仕事である!

と、おっしゃるのでしたら、
日本には、政府も国会議員も必要ないのではないかえ?


日本国の運営は各方面の専門家と各自治体で運営していった方がスムーズに運べるのではないかしら?

現に、東日本の復旧作業は、“日本政府によって”ではなく、
各自治体が中心となって行っているのですから。


でも、外務大臣は必要ですからね。
私の希望は、麻生 太郎さん でございます。






Last updated  2019.09.17 00:40:19
コメント(1) | コメントを書く
2011.04.17
ちっちゃな太陽をカプセルに入れてエネルギーを抽出しているようなものなのだから安全なわけないんだよね。

だけど、現在の先端医療、先端技術、その他、製造、物流、などなど。

それらを維持し続けるために安定した電力を供給し続けるためには、どうしても原発に頼らざるを得ないのも現実なのですよね。


原発はCO2を出さないクリーンで安全なエネルギー供給源です。と言い続けてきた学者さん達がおられました。

でもさ、大災害に直面して放射線を放出したのでは無意味なんだよね。
大災害に直面しても、それに耐えられるだけの強度が必要だったのだよね。

被災して原発から放射線を放出させたのではCO2削減のために建設した意味がないよね。







Last updated  2011.04.17 22:51:53
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.29
昨年から寝苦しかったんですよね。
暑さと寒暖の差が激しかったからかな・・・と思っていたのだけれど・・・

それだけでは、毎朝、決まって午前5時半頃に目が覚めるということはないですよね。

そして、今月、3月11日の夜から寝られなくなっております。
うつら、うつら、とは寝ているのですが、
やはり、午前5時半頃に目が覚めるのです。

それが、ず~~~~~~っと続いておりますから、私も、しんどいです。

今日は病院へ行く日だったので、お医者さんに話を聞いてもらいました。

過去に大災害に見舞われた事のある人は、大なり、小なり思い出すそうなのです。
私の場合はフラッシュバックまでは行かないけれど、それに近い状態になっているそうなのです。

自分でも、『私・・・被災した当時の心境に戻っている・・・』と思っておりました。
東日本大震災が起きた翌日から。


今日、病院から帰ってきて家の旦那さんと、いろいろ話をしていたのです。
で、思い出したのです。

仕分け事業のときに『スーパー堤防の強化など必要ありません!』と言っていた、あの言葉をきいてから、
毎朝、午前5時半頃に目が覚めるようになったのですよ。

人命を守るためにジャンボテトラを置いて補強する事が無駄遣いである!と言いきれる、その神経が私には理解できんよ!
と気分が悪くなったのですよね。

突然の大災害に見舞われた事のない人だから平気で切り捨てられたのでしょうけれど。

結果的には気休めの補強工事であったとしても、私は、スーパー堤防の補強をやって欲しかったですよ。
できる限りの備えをしていたけれど、それでも自然の猛威には適わなかった。

と多少なりとも思えるだろうから。









Last updated  2011.03.30 00:10:13
コメント(7) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.