539705 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モモン・PART2

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

統一協会で教え込まれたこと

2010.08.02
XML
統一協会の信者が自分の家族を優先するということは、
【公的】な生き方ではなく、《 私的 》で自分勝手な生き方である。
と教えておりました。

【公的】(=統一教会の為)に活動しているということは、家族に尽くしていることにもなる。

と、統一協会の信者は信じ込んでおりますから、
自分が統一協会の指示に従い続けることで家族も幸せになれる。と、本気で思い込んでいます。

かつての私も、そうであったように。

統一協会が目指しているものは『世界平和』なのですから、
統一協会の信者が全てを投げ打って統一協会の為(=公的)に活動するということは、実は、全人類に尽くしている事になるのです。
だから、統一協会の為(=公的)に活動するということは家族に尽くしていることにもなるのです。

統一協会の為(=公的)に活動しているということは世界平和に貢献しているということなのですから。
その中には、家庭だけでなく、町内にも、地域にも、市にも、県にも、国家にも、他の国にも、尽くしている事になるのです。

家庭を、家族を犠牲にしているように見えても、それは、そのように見えているだけであって、
その時が来たなら、家族だけでなく、周りの人々も含め、全ての人々が、全世界の人々が統一協会員に感謝して、
『これまで、よく頑張ってくれたね。』と喜んでくれます。

だから、その時が来るまで頑張り続けましょう!
と、統一協会で聞かされ続けていた・・・・

なので、私の耳には家族の言葉なんぞ聞こえてはいませんでした。

家族には『統一協会を辞めました。』と嘘を吐いて、
こっそりと統一協会へ通っておりました。
私にも偽装脱会をしていた時期がありました。

現在は完全に目が覚めておりますけれどね。
その当時は、『統一協会』という寄生虫に脳ミソを占拠されておりました。

嘘を吐いて自分の家族を騙すという行いも立派な虐待ですよね。

自分の家族に嘘を吐かれて騙される。という事が、どれほどショッキングな出来事であるか?という事になるのだけれど。

自分の家族を信じることが出来なくなる。という事が、どれほどショッキングな出来事か?という事になるのだけれど。

まあ。
本当に理解するには、
自分が信じきっていた人に嘘を吐かれて騙されてみないと分からないだろうけれど。

だから、統一協会の言い分を、ただ信じろ。と言われても無理ですよ。
統一協会の信者さんの言い分を、ただ信じろ。と言われても無理ですよ。

だってね、
息を吐くように嘘を吐くのですもの。






Last updated  2019.09.16 23:54:36
コメント(2) | コメントを書く


神側の統一協会に属している自分と、サタン側の一般社会に属している家族。という構図が出来上がっております。

統一協会の信者は常に『神側である。』と信じ込んでいる統一協会の指示を優先しております。

家族が何を言おうとも、何をお願いしたとて聞く耳など持ちません。
一般社会の中で生活している自分の家族をサタン側の人間であると思い込んでいるから。

統一協会の信者は家族の心配などよそに、家族の意思など無視して、
『自分は家族のために苦しい活動を必死で続けているのだ。』と自負しております。

信者は統一協会から、
『何よりも統一協会を優先すべきなのですよ。それが【公的に生きる】ということなのですよ。』と教えられていますからね。

そのためには『知恵を使え!』(=嘘を吐け!)と教えられていますから。

統一協会の信者を騙すことは悪いことである!

しかし、サタン側(=一般社会)の人間を騙すことに関しては問題ない。

最もサタンに入り込まれやすい人間は信者の家族であるから、
統一協会員は自分の家族によってサタン側に引っ張られないようにしなければならない。
家族によってサタン側に引っ張られた場合、二度と統一協会へは帰ってこられなくなる場合が非常に多いから。

統一教会員は自分の家族には、よく気をつけていなくてはいけない。
そのためには常に統一協会と連絡を取り合うこと。
何か少しでも異変があった場合、直ぐに助けられるように準備をしておかなければいかないから。

と、教えていましたね。
私も、そう教えられていました。






Last updated  2019.09.16 23:53:47
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.24
と、教えられておりました。

その様な事を、いったい何所が教えていたのか?って?

もちろん、統一協会ですよ。

統一協会という所は、
韓国の伝統文化は、何でも、マンセー! なのです。

『韓国には、【嘘を100回吐いたら本当になる】という諺があるのです。』
と言って、
統一協会は信者さんたちに嘘を吐くことを奨励しておりました。

『嘘を100回吐いても本当にならなかったなら、1,000回でも10,000回でも、嘘が本当になるまで吐き続ければよいのです!

如何なる証拠を突きつけられようとも、それに怯まず嘘を吐き続けなさい!
嘘が本当になったなら、それは、もう嘘ではなくなるのですから!
堂々と嘘を吐き続ければよいのです!

あなた(信者)が嘘であることを認めさえしなければ、嘘を吐いていることにはならないのですから。』

と、統一協会は信者さんを教育しておりました。
私も、そのように教育されておりました。

でもさ~、嘘は、嘘なのだよね。

誰かが、自分達の主張を受け止めて同調してくれたからと言っても、
嘘は、嘘であって、
現実に起きた過去の出来事が未来で嘘と入れ替わることはないのですから。

それとも何かい?
統一協会は、延々と嘘をつき続けると、現実に起きた過去の出来事と嘘が入れ替わると本当に信じているのかい?






Last updated  2019.09.16 23:45:09
コメント(4) | コメントを書く
2010.05.22
私が最も嫌いであった部分である。
統一協会に勧誘されるまでは全く気にしていなかった部分である。

なぜなら縁が切れてしまえば、
家を出てしまえば他所の人になれると思っていたからである。
しかし、統一協会に勧誘されてしまったがために徹底的に脳裏に焼き付けられてしまった言葉。

『血統』『先祖の因縁』

自分が体験してきた記憶までもが『血統』と『先祖の因縁』に関連付けされたものへと書き換えられてしまっていたのだ。

私の人生の中で最も嫌いな部分、
それは、母と兄である。

私は、この2人を自分の肉親だとは思えない。
いや、肉親だとは思っていなかった。
統一協会に勧誘されるまでは、そう思っていた。

しかし、統一協会に勧誘されてから、

母親がどうたらなのは、
兄弟姉妹がどうたらなのは、

『それらは全て先祖の因縁でそうなっているのです!』

『先祖の願いを、あなたが代わって叶えてあげたなら全を良い方に転換できます。』

『地獄で苦しんでいる先祖を救って、その恨みから解放してあげられるのは同じ血統の者だけなのです!』

と、私は統一協会で散々ぱら聞かされた。
で、あの2人(母と兄)のことを、実の親、兄弟なのだからと、
これまた、散々ぱら説教されました。

『お母さんも、お兄さんも、自分が、やりたくてやったんじゃなくて、
全て先祖がそうさせているのですよ。
だから、先祖の願いを叶えてあげることで、
お母さんも、お兄さんも、変わることができるのですよ!』

という具合に。

だから記憶を整理して忘却する事にした。
書くことで警告を発信することにも繋がるだろうから。

何の警告か?って?

子供を虐待して育てるということは、自分で自分を見捨てているのだ。
自分の兄弟姉妹を虐待するということは、自分で自分の活路を塞いでいるのだ。
ということについての警告ですよ。







Last updated  2010.10.10 01:06:03
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.07
突然に、ふっと思い出しました。
統一協会に勧誘される切っ掛けになったことを。
私が『先祖への感謝の気持ち』を持ち続けていたことが統一協会に勧誘される切っ掛けになってしまいました。

先祖が切っ掛けですからつれて行かれた先は『天地正教』という統一協会のダミー団体でした。私は、ただ単に先祖への感謝の気持ちを表したかっただけだったのですが、少しずつ自分が思っていたモノとは違う方向へと意識を誘導されてゆきました。

中道的な話から始まり・・・・・・日本神話を題材に罪というものの講釈へと移行してゆきました。
統一協会ですから【SEX】の話です。

それから少しずつ先祖への感謝の気持ちから、先祖を哀れむ気持ちへと移行していったのでした。統一協会の教えを知らない先祖は罪に塗れた哀れむべきモノたちである。という具合に。

一寸した切っ掛けで思い出すものですね。






Last updated  2019.09.16 21:52:17
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.18
悪い因縁を切るためには、先祖達が犯した罪を子孫の誰かが償わない限り、それは永遠に、その血統について回ります。

霊界にいる先祖達は、自分達、先祖が統一協会の教えを知らなかったために犯してしまった罪を子孫の誰かが統一協会に繋がって、先祖達が犯してきた罪を償ってくれることを一番に願っています。

先祖達は子孫の誰かが統一教会に繋がって罪を償ってくれたなら地獄から天国へ引き上げてもらえること知っています。
だから先祖達は子孫を統一教会に繋げようと、必死で子孫に働きかけています。

子孫を統一協会に繋げることが出来た先祖達は霊界で泣きながら喜んでいます。

けれど、せっかく統一協会に繋がっても、統一協会の教えを聞いて統一協会が教えている絶対の真理の重大さを知っていながら統一教会を辞めたときには、次から、次へと、良くないことばかりが起こり、不幸のどん底のような生活をしなくてはいけなくなるのです。

そこで『統一協会を辞めたから不幸になったのだ。』と、気付いて統一協会に戻ってきたなら、すぐに、もとの幸せな生活に戻ることが出来ます。

沢山の先祖達が地獄で苦しみながら、子孫に統一協会に早く戻って、先祖達が犯した罪を先祖達に代わって償って先祖達を地獄から引き上げて欲しい。という願いを子孫に訴え続けているからなのです。

けれど、それでも頑なに統一協会に戻ることを拒否し続けたなら、その子孫は不幸の中で、苦しみと、悲しみにさいなまれながら死ななければなりません。先祖達が、そのようにするのです。次の子孫を統一協会に繋げるため邪魔になりますから、先祖達が霊界へ引っ張るのです。

という脅し文句を統一協会に勧誘されて間もない頃に、散々、聞かされました。
統一協会は、先祖も持ち出してきて信者さん達を脅しております。






Last updated  2019.09.16 21:23:56
コメント(4) | コメントを書く
2010.01.15
兄は親父の家系の誰にも似ていません。
が、母の末の弟に生き写しです。
性格も母にソックリでした。

私の方は、父方の祖父に骨格がそっくりな上、性格も似ています。
顔は親父に、よく似ています。
昨年末、髪型をベリーショートにしたら、親父によく似ている。
と、自分でも思いました。

統一協会は、教義に当てはまらないケースが出てくると、
『必ず、《水子》がいるはずです。その子も入れると【縦横の法則】に、全て、当てはまるはずです。』と、逃げ口上を並べます。

しかし、兄は男なのに母方に大変よく似ております。
私は女なのに父方によく似ております。

統一協会の【縦横の法則】に当てはまらない、これらの事実をどう説明するのか?と、アベル(私を管理していた人)に質問しました。

アベルは席を立って聞きに行った様子でした。
席に戻って、『稀に例外もあります』という返事をくれました。

矛盾が発生するようなものを絶対真理とは言いませんよ。







Last updated  2010.10.10 22:42:23
コメント(4) | コメントを書く
2010.01.14
統一教会は言っていた、
『家系図を見れば、今生きている人々の、現在、置かれている状況も全て分かります。どんなに嘘で繕っていても、全て、家系図に記されていますのでバレテしまいますよ。その人々の未来も、そして、それらの人々、全員が幸せになれる方法も、全て、家系図を見れば一目瞭然に分かります。先祖の行いの全てが、生きている子孫に反映されているのです。』と言っていた。

統一教会が家系図を見ると、どのように分かる。と言っていたかというと。
男の子は父方の家系図を辿ると、その子が将来、どういう人間に育ち、どういう人生を辿るかが家系図を見れば、すぐに分かる。

男の子が3人いたとすると、
・三男は、父親の血を引き継ぎ、父親と同じ容姿・性格で、父親と同じ人生を辿る。
・次男は、父方の祖父の血を引き継ぎ、父方の祖父と同じ容姿・性格で、祖父と同じ人生を辿る。
・長男は、父方の曽祖父の血を引き継ぎ、父方の曽祖父と同じ容姿・性格で、曽祖父と同じ人生を辿る。

女の子が3人いたとすると、
・三女は、母親の血を引き継ぎ、母親と同じ性格で、母親と同じ容姿・人生を辿る。
・次女は、母方の祖母の血を引き継ぎ、母方の祖母と同じ容姿・性格で、祖母と同じ人生を辿る。
・長女は、母方の曾祖母の血を引き継ぎ、母方の曾祖母と同じ容姿・性格で、曾祖母と同じ人生を辿る。

という、縦並びの先祖の因縁が、子孫の横並びの兄弟に現れるという、統一協会の『縦横の法則』というヤツです。
これが、統一協会が方程式を解くように先祖からの因縁を科学的に解き明かした。と、言っていた話です。

《科学的》というのであれば例外など無いはずですよね。
『例外も、たまに、あります。』と、言った時点で、それは《科学的》な話ではなく、
ただの与太話でしかありません。







Last updated  2010.10.10 22:49:22
コメント(2) | コメントを書く
2010.01.10
統一教会は信者予備軍となった対象者に【除籍謄本】を取らせる前に見せるビデオがありました。『縦横の法則』というものです。

何故、そのようなモノを見せるかというと、
不安を煽るための【先祖の因縁話】を説明するためのものなのです。

【除籍謄本】に『縦横の法則』を当てはめて先祖の生き様を見てゆくと、今、生きている子孫の《過去・現在・未来》の全てが分かると説明するのです。

・自分が辿ってきた人生の意味。
・自分が、これから辿る人生の全てが分かる。
・同じ親から生まれているのに、それぞれの性格が、何故、全く違うのか?
・自分の親・兄弟・子供の本当の性格と、この後辿る人生の全てが分かる。
・【除籍謄本】から先祖の願いを読み取ることで、これから後に起こる災いを回避することができる。
など、など。

早い話が、【除籍謄本】の、あら探しをして対象者から財産を剥ぎ取り、丸裸にするための材料を探すことが目的なわけでございます。







Last updated  2010.10.10 23:07:56
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.06
拉致監禁は本当あったのです。
現実に起きた事実なのです。
そして、現在も行われています。
信じられないでしょうけれど、これは、本当のことなのです。

本当にマンションの一室に拉致監禁して、手かせ、足かせ、を付けられて、しかも足には大変重たい鉄の錘まで付けられて動けない状態で、統一教会を辞めろ。と脅されるのですよ。
統一教会を辞めるのなら解放してやる。と迫られるのですよ。

マンションの一室に統一教会員が監禁されているとき、女性の統一教会員と反対牧師とが1対1で居るときに、女性協会員が風呂に入っているのを見計らって反対牧師が統一協会員の女性をレイプしたのですよ!

男性協会員の場合は酷い拷問を受けます。

信じられないかもしれないけれど、これらは本当に起きて事であり、現在も起きていることなのですよ。

だけど、これらは氷山の一角でしかないのです。

『法律で取り締まってもらえばいいじゃないか。』
『警察がいるじゃないか。』と思うかもしれないけれど、反対牧師には弁護士も付いています。サタン側の大変、強い弁護士が付いていて、巧みに法の網をかいくぐって反対牧師を逃がしているのですよ。

警察も当てにはなりません。
警察は共産主義者なのです。
警察官全員がそうだ。と、いうのではありません。
警察の幹部、それも、かなり上の方の幹部には共産主義者がいるのです。

その警察の幹部が拉致監禁の事実のほとんどを握りつぶして隠蔽しているのです。
彼らは、統一協会員に対しては何を行っても良いと考えているのです。
これが日本の警察の現実の姿なのです。

日本は資本主義であると思っているかもしれませんが、
それは、そのように見せかけているだけです。
本当は北朝鮮と同じ独裁者が君臨する共産主義国家なのです。
それが本当の日本の姿なのです。


日本は共産主義国家ではない。というのであるなら、
なぜ、正しいことを行い。正しいことを言っているだけなのに、統一教会員である。というだけの理由で、このような理不尽な扱いをされなければいけないのでしょうか?

と、統一協会に勧誘されて間もない頃、しょっちゅう聞かせられておりました話です。







Last updated  2010.10.10 23:40:46
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.