000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 もなかぐりん・・・・・?

PR

全282件 (282件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

Oct 3, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 えぇっと、まずは橋本愛奈サマお誕生日おめでとうございます。
 つぅわけで、もう、一年半振りぐらいに、ポッシイベ@渋谷タワレコに行って来ました。偶然にも?はしもんの日だ~♪(すいません石丸は行けませんでした…)

 YDのAを見て、「あれ、はしもんあのパートになったんだ。(今日だけ?)」とか、「あぁ、癒しのポッシは健在だ。」とか、握手会で満面の笑顔をいただきまして、まぁ、とにかく楽しく過ごせました。
 いやーよかったよかった。
 また一年、充実した年を過ごしてください。て、17才? いやー、次の一年、化けるんじゃない?

 あ、レポ等詳細は割愛(汗) てか、久々に観る5人に見惚れてたんで。

 余談:握手会であっきゃんいじってみた(つもり)だけど、なんか変わってなくてホッとしてみたり(笑) 






Last updated  Oct 3, 2009 11:04:41 PM
コメント(2) | コメントを書く


Sep 24, 2009
カテゴリ:時東ぁみ
20090923ぁみ2←ボケまくり。すいません。

 さて、ウチで1時間ほど休憩して、再出撃。
『3030g→Fカップに成長したよ  22歳 時東ぁみ Birthdayライヴ』夜公演です。聖誕コンとしてはこちらが本番。久々に、メガネデスTなんか着てみたりw あと昼公演で、ぁみタオル持ってた方がいて、そいや自分も持ってたよな、と思い出して引っ張り出しました。

 現着すると、すでに整列が始まっていました。で、番号順にならぶと、近辺は昼と同じ皆さん(笑)
 ま、昼・夜同時に皆取ってれば同じ番号ですよね。早い方の番号ですし。
 並んでいると、ぁみヲタ親分さんが、サイを配布。おぉ、聖誕コンらしい雰囲気に。
 
 夜公演は、上手2列目付近をがっちりキープ。徐々にフロアが埋まっていって、サスガ夜公演。良い感じで満員という状態です。定刻あたりに、昼公演で予告されていたぁみにぃのお友達の姿も。
 
 親分の気合入れ後、しばらくして暗転。SEがかかり、手拍子でお出迎え。黒のタイトワンピース、のぁみが登場しましたぁ! そして、ドラムのフィルインとともに、夜公演スタート

  一曲目は…
  一曲目は…
  一曲目は…
  
  キタっす!「Sweet&Toughness」(大歓声!)
  
 <夜・セットリスト>
 1.Sweet&Toughness
 2.発明美人とパインナッポー!!
 3.黄昏女艶のブルース
 4.I'm a lady ~じれったい私~
 5.サファイア
 6.胸
 7.京本有加ちゃん歌1
 ~白サイ祭&ハッピーバースデー
 8.ステップ(京本有加)
 9.恋するニワトリ(ぁみ&有加)
10.君へ
11.小夜子
12.恋のハニースイ~トエンジェル
13.ブリッコびっくり ブリッコBOOW
14.メロンのためいき
EC.1 愛ヤイ 愛ヤイ!
EC.2 一生一緒
EC.3 わんだふる さま~たいむ
EC.4 せんちめんたるじぇねれ~しょん

フロアの皆(といっても、自分からは前2列ぐらいしか見えないですがw)でエアギターのフリコピをやった、ぁみバージョンの1、ぁみ自身が、「次、これ?やばいよぉ~(ニヤリ)」とフロアを煽って始まった2、マイクスタンドを用意しながら「久々に歌っちゃうもんね。」と前フリして演った3、フロアからウルトラオレンジ炸裂の4…
と序盤からとばしまくりのセット! いやー、最初2曲で一気にレッドゾーンへ突入しました。

 中盤、京本有加ちゃんの歌1後、ケーキ登場。ハッピーバースデーを皆で歌って、「あ、昼に思いっきりケーキ食べれないとか言っちゃったよね…」と気にしつつ、乗っていたイチゴをパクリ。「あぁ、シャメシャメ」と思い出して、シャメ撮ったりと、和気藹々とした聖誕祭らしい空間ができました。
 ケーキのチョコレートのプレート部に「ハッピーバースデー」の旨のメッセージとライブのタイトルが小さく書かれていて、感心することしきりのぁみにぃ。
 このハピバの後で、京本有加ちゃんが、「ステップ」という曲を歌ったのですが、歌後「この曲はすごく思い入れがあって…5年前…」とマジ語り始めたところで、次曲、「ニワトリ」のおちゃめなイントロが(苦笑) あわてて次に移る二人。有加ちゃんの話の続きは一応ニワトリの後にしたのですが、なんかニワトリに食われちゃった感じ。実は、この有加ちゃんの声が適度にアニメ声でして、ニワトリの曲にすごく合っててあらびっくり。有加ちゃん自体は、当日振り付け込みで曲を憶えてくれたそうです。

「ニワトリの(サビのところの)振りやってると、首も前後に動くよね?自然に。」
「うん。」
「で、最後、首を突き出したところで終わっちゃうんですよ。」
「(笑)」
「だから、私は(フリを)やらないんだけどね(笑)」

 ずるいぞ、ぁみにぃ。

二人のMCネタとしては、同時に休みをとって一緒に旅行したいね、とのこと。

「沖縄行きたい。この前、一人で夜最終で入って、次の日最終で帰ってこようかと思ったんだけど…」
「うん。」
「できませんでした(笑) 飛行機のチケットとか一人で買ったこと無いのにねぇ。」
「(笑)」
「(有加ちゃんに)でも、沖縄いきたいね、一緒に行こう。」
「(オレモ、オレモー)(フロアからお約束)」
「いいねぇ、皆でいこうか? あ、ちょっとできるか聞いてみる。今。事務所の人に。」
…一瞬、舞台袖へ聞きに…
「わかんない、って言われました(笑)」

 ぁみにぃ作詞の新曲「君へ」、こんな振りだったっけ?手をクネクネな曲「小夜子」を挟んで後半「ハニースゥィート~」から再度フロアは定番のフリコピ、MIX、OAD、ロマンス、ケチャ、石丸MIX(笑)と ヒートアップ。ロマンスは初めて生で見たのでしょう、ぁみ友人さん辺りからはどよめきと笑い声がw ブリッコ→メロンのコンボで、皆さん燃焼したようです。てか、自分も。

 アンコールの「愛ヤイ」の後、昼公演でぁみにぃが「協力してね♪」と皆に予告した仕込みが入りました。
 駆けつけてくれたお友達のなかで、ホントに9/23が誕生日の方がみえまして、ぁみ仕切りの中、皆でハピバを歌いました。その方は、入り口付近にいたのですが、丁度自分がいる二つ後ろ辺りでして、バッチリお祝いのサイ振りを。お友達さん感涙。んー、良い位置だったぁ。
そしてその流れで「一生一緒」。この曲の落ちサビで、ぁみヲタ親分が先導して、お友達さんに皆でケチャを(笑)すばらしい一体感でした。
と、非常に満足しているところで、「さまーたいむ」のイントロが「うぇ…、ここでコレかよ…」という声少々(自分含む) が、ここは体力を振り絞りまして、がんばりました。
最後は、やっぱりこの曲「せんじぇね」でシメ。皆さん、完全燃焼でした。
( と、実は、「せんじぇね」の最初のところでちょっとなんかあったようですが、見なかったことに(笑))

 時計を見れば、20:00から始まった夜公演、21:30頃になっていまして、この後握手会。いつもの、まったりとした雰囲気の中、時間を気にするでもなく、じっくりと話せる握手会でした。自分は今回一回にしたのですが、終わった後で、なんか色々話したい事がでてきた(汗 次の機会は3回ぐらいしてみようか…

 何時までできるの?握手会、と思っていたらやっぱ会場都合で22:30近くで握手会は終了。最後に、ぁみのコメントを皆で正座で拝聴(笑)。そして、もらったプレゼントを手にしつつぁみがハケる瞬間を狙って…
 
 「ぁみにぃサイコー!」コール
 
 数回のコールの後、ぁみにぃから生声で、
 
 「みんなもサイコー!」
 
 のレスをもらいまして、ライブが終了しました。
 
 うぅうん、満足。「いやー、握手もう一回いっておくべきだったかなぁ…」とか非常にポジな思いを抱えつつ、下北沢を後にしたのでした。
 
 あ、そういえば、どこだったか…「君へ」の後ぐらい? ぁみにぃからフロアの皆へ問いかけが…
 
 「ねぇ、始まる前に、なんか皆でワーッってやってるの、あれは何?」
 「(笑)」
 「いや、楽屋にいるから、何ていってるかは判んないんだけど… なんか、声は聞こえるんだよね。」
  
  焦りまくりのぁみヲタ親分w
 
 「あ、別に、今やってくれっていってるわけじゃないんだけど。(笑)」
 
  フロアの期待を一身に集め、再度気合入れ。
 
 「ふぅんふむふむ、そう言ってるんだぁ。最後は…えと、なんて。」
 「今宵も派手によっしゃいくぞー…でーす♪(フロアから)」
 「おぉ、そうなんだ、わかった(スマイル)」
 
 なーんてことがありまして、非常に満足げなぁみサマでした。
 
 と、今回の2公演、セットリストや衣装等々、内容はすべてぁみ自身が考えて決めたそうです。基本的に、来るファンもおなじみの方が多いので勝手もわかってる、ということで、派手さは無いものの、皆で作り上げた感が強くて、良かったですね。入場時の列作り・握手会の列作りと物販以外スタッフの仕切りもまったく無かった。(基本案内係に徹していました。)
 お友達を呼んで、突然仕込みを入れたりとか、ぁみ自身もファンを信頼してくれている、とも感じました。
 自分としては、昼公演で「今はけっこう好きに仕事してる。」みたいな事を言ってたのが印象的で、じゃ、自分も必要以上にガッツクことなくフリーダムに?観づづけて行こうかな、と思った次第です。

 つーか、やっぱ、ぁみにぃ好きだわ。この機に優先順、再度上げます。ハイ。いや上げさせて頂ますぅ…
 
 最後に、『3030g→Fカップに成長したよ  22歳 時東ぁみ Birthdayライヴ』というタイトル、あらためてソレがきちんとフルで書かれた看板をみたら、「・・・(あちゃー)」と思ったそうですw (正確じゃないですが、というようなことを言ってました。)
 






Last updated  Sep 25, 2009 03:47:39 AM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:時東ぁみ
20090923ぁみ1 まずは、時東ぁみサマ、お誕生日おめでとうございます。
 やー、おかげさまで、またこの時期に楽しく過ごすことができました。んー、ラッキー。
 
 というわけで、2009年9月23日(祝)時東ぁみ、Birthdayワンマンライブ昼・夜2公演行ってきました。

 まずは昼。
 
 14:30 open ということで、その辺りの時間に、下北沢はMOSiCに現着。いつものぁみヲタさん達が集結していました。
会場時刻に、整理番号順に整列すると、その時点では60ぐらい… 少ねぇ…w ま、それはそれで観易かったりいろいろありますので、あまり気にしないことに。

 フロアに入って位置決め。最初、下手の3列目ぐらいに立ってたのですが、中腹以降がら空きでしたので、ソッチへ移動。初めて来る場所ですので、様子観もかねて、夜公演への準備のつもりもありました。
 
 なんだかんだいって、開演の15:00ぐらいには中腹以降もそこそこ埋まりまして、100ぐらいは入ったっぽい感じでした。

 15:10ごろ、暗転して、普通にぁみにぃが登場してwライブスタート。あ、一応SEの音楽はかかりましたけど、あまりもったいぶらずに出てきてちょっと拍子抜け。
 自分のポジションからは、前方の人垣の間からばっちり御姿が。よし、良い位置獲得!
 
 
 <昼・セットリスト>
  1.21世紀まで愛して
  2.女のウルトラ
  3.黒ネコのタンゴ
  4.TAWAWA夏ビキニ
  5.胸
  6.I Will
  7.京本有加ちゃん歌1
 ~(貝のケーキ登場&ハッピーバースデー)~
  8.京本有加ちゃん歌2
  9.この涙があるから次の一歩となる(ぁみ&有加)
 10.君へ
 11.セシリア・Bの片想い
 12.××× カワユクなりたいっ
 13.可愛いゝひとよ
 14.せんちめんたるじぇねれーしょん
※)どっかで「一生一緒」

 EC.1 Boom Boom めっちゃマッチョ!
 EC.2 宇宙から ~CRY FOR HELP!~
 EC.3 メロンのためいき
 
 ゲストの京本有加ちゃんの曲がわかんないのですが、そのうちぁみにぃ自身が上げてくれると思うので、そん時に直しておきましょう。あ「一生一緒」演ってるはずだけど、どこだっけかな。13.の後あたりかな。

 昼のセットを見てわかるとおり、比較的おとなし目な曲多めで、気楽に楽しめるライブになりました。
 フロアの乗りも、おとなしめ(笑)で、まぁ、思い起こしてみれば、「ぁみライブ、暴れる人は後ろでどうぞ。」ですので。ってそうですよね、そんなことすっかり忘れてました。
 自分的には、1,2あたりがやっぱキましたね。あと二人で歌った、「この涙が~」とか。イベライブではなかなか聴くことができなくなった曲が多かったのも嬉しかったわ。「君へ」というのは、最近出した写真集を買うともらえるCDに入っている曲だそうです。(って、2冊買うと貰えるということで、自分は持ってない(汗))「胸」は前回のFカップコンで演った曲。(今のところライブでしか聴けない)
 
 MCの方は、ぁみにぃ曰く、「MCネタはなにも考えてこなかった(笑)」ということで、タイミングもネタも、適宜入れている感じで、非常にフリーダムなライブでしたw(一応、曲つなぎの決めはありましたが。)
 デビュー以来ずっと仲良しだという、京本有加ちゃんと二人で仕切った中盤で、貝を集めたケーキ(?)が登場したときの喜びようが半端じゃなくて笑った。そして「ケーキ食べれないんです(キッパリ)」と。そいや、そんなことFCの誕生イベでも言ってたような。で、たしかチョコレートのケーキになったんだよな、とか思い出した。
 
 一応、22歳に向けての豊富なんかも語ってくださいまして(夜公演には無かった)、
 「今は、比較的自分の好きな仕事を、好きなようにやらせてもらえています。今後も、そんな感じで行きますので、よろしく。」とのこと。
  なんか、コレ聴いて、ちょっとホッとしたり。

 えー、衣装、その他ライブの雰囲気は、ぁみログのシャメをご参照ください。(自分もどっかに写ってます…)
 あとは…、コソッとNACK5の収録してたりとか、ノボタンさんが呑んで客席に登場とか、そんなことがありました。
 あ、1曲目で、給水ペットボトルを倒してしまい、いきなりステージが水浸しになる、ハプニングが。
 
 さて、ライブのあとは握手会(京本有加ちゃんも一緒)。今回は物販グッズ購入の握手トリガーは¥2000。とりあえず、まだ買ってなかった写真集(\2980)を買ったんですが…
 すんません、握手は夜一回と決めちゃったので(汗 昼は、自分はここで撤収。
 つーか、下北沢からウチまで比較的近いんで、一旦帰って夜に備えたかったんですぅ……
 
 ということで、「まだ歌ってない曲はナンジャラホイ」と考えつつ、夜公演へ思いを寄せ、一旦帰路についたのでした。

 で、ぁみにぃ自身はその間に、動画をup! やるなぁ。






Last updated  Sep 25, 2009 12:34:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 14, 2009
カテゴリ:時東ぁみ
20090913ぁみ
久しぶり(去年の12月以来?)のアイドルイベント&2年前のガールズ♀ギャラリー以来の東京キネマ倶楽部、そして、マジでちゃんと時東ぁみの名前で前売りチケを売ってのライブは2年ぶりぐらいのぁみライブ。
 いろんな思いを込めつつ(笑) 開場後の17:00過ぎに現着。
 昨年12月のクリスマス期以来、ぁみイベにはまったく行ってないので、10ヶ月ぶりになります。待ってたよー、ぁみライブ。

 ライブイベントは定刻にスタート…
 えーとりあえず、他の演者さんは割愛して本題へ。

 ふたつ前のディアステージの熱さと、それを上手くひとつ前のアフィリア・サーガ・イーストでクールダウン。
 ここでMCが入って、最後のトリは時東ぁみ!(時刻は20:00ぐらい)
MCの百瀬結菜さんがコールすると、待ってましたとばかりに大歓声。

 下手最前をばっちり確保した自分からは、名前を呼ばれて、下手のサブステージに登場したぁみの姿がばっちり♪
 手を耳かざして、コールを煽る。さすが、役者が違う~
 
 <セットリスト>
 1.愛ヤイ 愛ヤイ!
 2.I'm a lady~じれったい私~
 3.わんだふる さま~たいむ
 4.××× カワユクなりたいっ
 5.一生一緒
 6.宇宙から~CRY FOR HELP!~
 7.せんちめんたる じぇねれ~しょん 

 <MCネタ>
 ・時計をしてるんだけど、今日時間縛りが厳しいんで…
 ・(夏にかけて) 仕事上あんまり焼いちゃいけないんだけど、焼いてしまった。
 ・新しい写真集で、メガネをはずしてるんですが、はずした顔がおねぇちゃんそっくりだった。
 ・9/23にバースディライブがあるよ! 22歳になります。来てね♪
 ・Laue(ぁみブランド)から日本人には合わないといわれている(笑)白のメガネフレームが6点、新登場!買ってね♪

 10ヶ月ぶりぐらいに観るぁみは、すこしふっくらしたように見えて、すっかり大人になった感じ。ステージング自体は、特に変わった点とかはないんですが、やっぱ久しぶり感が手伝って楽しかったホントに。ぁみの声もちゃんと出てるし、ぁみヲタ親分さんの「ウリャ」の声もw そして、ここぞの場所場所で光るウルトラオレンジ!
 つーか、セットリストみればぁみライブを経験されたことがある方なら想像つきますよね(笑)

 4番目のマリードール以降懸念された東京キネマ倶楽部の柵(プラスチック製)も、2.のイントロで、圧縮がかかってちょっと破壊w(というか繋ぎが外れた)6、7で再度圧縮がかかって、やっぱ柵が…w
 どの曲だったか忘れたけど、ステージから「大丈夫?」と思わず声をかけるぁみ。
 と、この様子は、当日の模様を記したぁみログをご覧ください…

 9/23のフルライブ2公演、今日のぁみライブでやっぱすごく楽しみになりました。
 「発明美人とパインナッポー」「スイタフ」とか絶対やるよな・・・「メロンのため息」…まぁ、自分は「黄昏女艶のブルース」が聴きたいんだけどね、と、想像するだけで鳥肌が。で、腕が鳴るぜw

 実は、この日のイベは、全編・全演者さん良かったのでアフィリア・サーガ・イーストさんが終わった時点でかなり疲れてたんですが、ぁみライブで吹っ飛びました!

 さて、楽しい時間が過ぎるのは本当に早いもので…って終わってみれば、
20:40ぐらいと、8組出た割には本当に思ったよりずっと早く終了。(22:00近くを覚悟してた)
 この後物販があったのですが、どこも混んでいて、かつ21:00までみたいなアナウンスがあったので、すべて回避。久しぶりに再会した方々と反省会へ向かったのでした。

 いや、それにしても久々のアイドル現場は楽しかったですねぇ。

 さて、次のぁみライブは前述のとおり、9/23(祝)、下北沢はMOSAiCにて。
 14:30 OPEN 15:00 START
 19:30 OPEN 20:00 START
 前売り ¥4000
 当日  ¥4500
 (ドリンク代(\500)別)

 の2公演となっております。

 この日は激戦なのですが、どうです?そこのアナタ。
 ぁみライブでいい汗かいてみませんか?
 この機会を逃すと次何時になるかわかりませんよ(えー?)

 て、2公演目が遅いのには訳がある…のかな?






Last updated  Sep 14, 2009 10:07:58 PM
コメント(5) | コメントを書く
Feb 7, 2009
カテゴリ:Girl Pop World
 ギャンバン復活きたべー。

 やべー、嬉しすぎの高まりすぎ。

 ギャンバンサイトもリニューアルしました。しかも、カッコイイし。
 MySpaceから音も聴けます

 3.15は時間死守だ!仕事はしねぇ(日曜だから大丈夫だと思うけど(汗))
 なんか、いろいろ言いたいことある気がするけど、今は言葉にならんわ。
 とにかく、3.15ライブ観てから。
 それまでは、過去音源聴いて楽しみにしておきましょう。






Last updated  Feb 7, 2009 10:04:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 26, 2009
カテゴリ:加護亜依
月刊加護亜依 買ってきたっす。表紙に加護亜依の文字がなかったらわかんなかったかもしれないっす。適当に部屋の中に転がしておくと、なんかそこに加護ちゃんが居る様なきになるっす。

 というわけで、数日遅れましたが、なんとか買ってきました。いやー、イイもんですねぇ。あまり、着飾ってないような感じの写真を観るっていうのは。
 あー、真っ先に見たのは、露出された右肩です(汗) いや、伝説とかあるじゃないですか。ハローの頃、右肩晒してたのは、ハミルトン島の写真集以外あまりなかったはずなんですよね。

 写真1枚1枚は、この誌にこの写真アリ、って感じですが、乳首が軽く透けてたりするのもありまして、いろいろアレ。床に一筋散った白濁液(ペンキ?ミルク?)の上に座ったような構図のコレはエロいっしょ。
 とはいっても、自分の一番のお気には、最後の見開きの普通の写真だったりして。あんまり作為のない普通の写真がやっぱ観たいよねって。

 あと、中間のインタビューが良いですね。内容はヲタなら知ってることがほとんどなんだけど、ちゃんと時系列順に生い立ちから現在まで綺麗に追ってあって、なんというか、加護亜依の歴史の基本を整理したような感じになっています。

 写真集みてから考えようと思っていたDVDもやっぱ欲しくなってきた。どっかで予約しておきましょう。

 と、誤解があるといけないので、一応言っておきますが、加護ヲタ向けの内容ですw 月刊シリーズとはいえ、グラビア系の人とか本職の人の写真集のようにはいきませんのでご注意を。






Last updated  Jan 26, 2009 11:40:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 18, 2009
カテゴリ:Girl Pop World
 やば、早く上げておかないと忘れてしまいそうだわ・・・
ライブクワイア002
 このライブを知った時、「Akiba Fes Z」とかぶってるなぁ・・・今回はパス・・・かな」と思っていたんですが、このライブで民安★ROCKのデビューアルバム先行発売があると聞いて俄然行く気に。で、即座にローソンチケに向かったのが、ライブの一週間前ぐらいでした。1部、2部とあったのですが、夜はAkiba Fesに行くので、当然1部を選択です。
 
 当日、場所は恵比寿なので、実はウチから40分ほど。(地下鉄→JRと乗り継ぎますが) ですので、open/startが12:00/12:30の昼の部だったら、11:00ぐらいに家出ればいいかな、と余裕コいてたら、やられました。
 人身事故・・・
 「開演に間に合わないなぁ・・・民安★ROCKはどうせ後の方だよね?」とか思いつつ、結局現着したのが12:40ぐらい。幸いまだ始まっていなかったようでした。安心しつつ、フロアに入って、開演前物販でこの日の大目標のCDを購入・・・していたら、暗転。おおおおお、ギリギリセーフなところでした。
 あぶなかったわぁ・・・と荷物を適当に置いてたりしていたらSEが民安のもので・・・・おおおおお、ほんっとヤバかったもよう。SE聞いたときはさすがにヒヤリとしました。
 
 そんなこんなで、民安★ROCKからライブはスタート。と、特に今回のライブで特筆することは無いのですが、自分自身がだんだん曲も憶えてきたので、以前より数倍ライブが楽しめる感じになりました。あと数回観れば大丈夫かな。ライブを観て、家に帰って聴く予定のCDがますます楽しみになりました。
 
 さて、この日のライブは、あと『マジスキ』というPCゲームの中の『デートコース』という民安ともえちゃんがCVをあてるキャラが参加する3人組ユニット(ややこしいw 後2人は、みるくさん、加瀬愛奈さん であってるよな・・・(汗))のお披露目ライブがあったりもしました。ただ、加瀬愛奈さんがインフルエンザで体調不良ということで、曲は一曲のみ披露、そのあと他の方が登場していろいろ歌ったりとか。(このへんなんかわけわかんないので、略)

 そんなこんなで、民安★ROCKの後は、歌う人をとっかえひっかえでオケライブが展開されたのですが、上記の声優さんチームの後登場したのが、桜川ひめこちゃん。
 実はぁみ目的でいったいわゆる旧aiaiで一度ひめこちゃんを観ていて、その後、TVKのCMで観たり(まんだらけのCMだっけ)、インディーズプロレスで観たり、またまた石丸電気のイベント予定で名前を見たりと、名前を見るたびに、「がんばってるなぁ。」と密かに思っていました。そんなひめこちゃんのステージを久々に観たわけですが、う~ん3年という年月は長かった。以前観た時にの「かわいい萌えな感じ。」というより、すっかりキレイなコになっていて、振りの一つ一つも丁寧で艶があるし、感心してしまったのでした。ファンのみなさんも最善できっちり応援(のヲタ芸)。壮観でした。
 んでも、あんなアヒル声でしたっけ。声、かなり好みなんだけど・・・(ちょっと音源欲しくなってきた。)
 
 ひめめの後は、織姫よぞらさん。一年ぐらい前のほぼ完全にアウェイなアキバイブル第2章イベでの、ちょっと気負い気味のトークが印象に残っていたのですが、客層が変われば、ステージは完全に彼女のもの。客席とのファンキーなやりとりも楽しく、良い歌声を聴かせてもらえました。タミーを除けば、自分の中でのこのイベのMVPは彼女です。
 
 「今日はすごく寒くて・・・ 次はそんな季節にぴったりの曲を・・・『だって・・・夏だもん』」(←(笑))
 
 民安★ROCKの後、Mizukaさんから織姫よぞらさんまで、ノンストップでカラオケライブが続きまして、その後、機材入れ替えの幕間。時刻を見ると15:00過ぎていて、う~ん、あと1グループなんだけどな、と思いながらも、Akiba Fesに向けて一旦帰還することに決めていたので、ここで現場を脱出。(実は、CDを早く聴きたかったというのもあったり。)
 
 楽曲もなかなか楽しくて、アキバ系のヲタ芸なんかも観れてかなり満足。和気藹々とした良いイベントでした。






Last updated  Jan 19, 2009 12:30:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 6, 2009
カテゴリ:Girl Pop World
Rainy Drop firstdrop
 昨年10月、黒猫財閥を観に訪れた吉祥寺SHUFFLE。その日も、多種多様なバンドを観たわけですが、トリがRainy Dropという女のコボーカルのバンドでした。その時けっこう気に入ってCDを買ったんだけど、どうやら開封しただけでそのまま放置されていたようで・・・ 12/22に無料ワンマンもあってチケも貰ったんだけど、結局平日、行けずで・・・

 んでも、レニップ自体は強い印象が残っていて、SHUFFLEの年末ライブに行ったとき、Rainy Dropが観られる時間ぐらいに行こう、と思って現着したのでした。結局、開場inしたときはレニップは始まっていて、半分ぐらいしか観られなかったんだけど、ボーカルのコを観ていて、あぁ、これはイイなぁと再度思ったのでした。(そしてCDをやっと聴く(汗))

  ボーカルのコは「みなみちゃん」という。歯切れのいい軽快なチャキチャキしたMCが特徴。両脇の男子メンバーを従えて、夫婦漫才のようなかけあい(といっても一方的にみなみちゃんがしゃべってるんだけど)をしながら、ステージを進行していく。このバンドは曲ももちろんいいんだけど、それ以上にみなみちゃんのキャラクタに引かれる人が多いんじゃないかと思う。自分の「強い印象」もたぶんこのせいでして、年末に観た時、あぁコレコレ♪となんか、ウキウキする気分を感じました。

 音楽的には、「メロディーと詩を大切にするPoP’n Rock BANDです!!」と言うだけあって、すごく聴きやすいギターポップ。初見では、やっぱ「あ、曲いいな。」と誰もが思うだろう。雰囲気的には、mimikaちゃんとか、あんな感じ。キャラはおもしろでも楽曲はガチですので、とりあえずオフィサイトからの試聴おすすめ。
 実は、自分ギターポップはちょっと苦手なんですが、これは大丈夫みたい。バンドの音作りが昔好きだった'elseに近い感じもするし。

 時々、みなみちゃんのソロライブなんかもやっていて、普段のレニップでもほぼみなみちゃんのワンマンバンドの様相を呈しているんだけど、ソロも興味深い。2009年、レニップも視野において観覧予定組もう。ただ、平日のライブが多くて、ちょっと観に行きづらいかな。

 そいや、ライブでコール&レスポンスをしたりのハイライト楽曲のひとつ「turning!」の入ったCDがSOLDOUTなのもホントに残念だわぁ。






Last updated  Jan 7, 2009 01:46:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 4, 2009
 再会、ライブ、ときたら次はDISCですよねぇ。という訳で、DISC編です。
 さらっと紹介する感じで。
 
1.サカレサマー (民安☆ROCK
 ライブ編の夢モンと同ライブに、絶対領域少女っていうコが出てたんですが、そのコのライブの時に同じ事務所の・・・という感じで登場したのが、ギャルゲ声優の民安ともえちゃん。以前から観たいなぁ、と思っていた民安☆ROCKもそこで初観覧したんですが、コレにやられまして、後日CD即買い。バラエティに富んだ「民安☆ROCKS01」も良かったんですが、自分のイメージ的には、「サカレサマー」かなw もう、コレは試聴してもらうしかないっす。2008年ラスト3ヶ月、ヘビーローテしました。もう半年早く出会いたかったですね。
 C/Wは流行のテクノ仕様の「10年先のカラフル未来」。タイトルがイイよね。
 ギャルゲ声優という仕事柄、民安ともえちゃんの全仕事を追っかけるのはハナっからムリなんで(多岐にわたりすぎ)、自分は音楽系の活動をおさわりしてつまみ食いしていく感じで2009年は挑みます。今月はフルアルバムも出るし、いろいろ楽しみ。
 
2.BLUE SPIRAL (有希)
 2008年は有希ちゃんにとって転換というか変化の年だったのかな、と思います。そして、最後の12月にファンが待ち望んでいたアルバムが登場しました。先行でシングルカット?された「ロケットダッシュ」以外はすべて新曲(ライブで既発の曲はあるけど)。
 基本的には、3月に発売された「FREE bird」の路線なのですが、ここまで統一感のあるものができあがってくるとは思いませんでした。2年ぐらい前に出た、「ゆぅきのうた」のアイドル的なイメージは微塵もナシ。けれど、有希節は全開で、彼女の歌を聴いたことがある人ならもちろん納得のうえ感嘆、彼女の歌を知らない人が聴いても、気持ちよく聴ける1枚です。
  コンセプト的には、宇宙をイメージする感じで、そういう風に楽曲構成、曲のタイトルも統一されていて、なんというか、良い意味で「産業ロック」的。(なんか、書いてて自分で納得)
  音楽的には、アレンジャーの方がある程度補足的に手は入れてるとは思いますが、80年代のJ-ROCKな味わい。自分、こういう曲を作る有希ちゃんの音楽的バックボーンにすごく興味があるのですが、なかなか実際彼女とそういう話はしづらいかなぁ。イベなんかで司会者たてて振ってくれるとうれしいんですけどねぇ。

 あ、このアルバム、最後はしっとり「Stellar」って曲で終わるのですが、この後連続で「FREE bird」を聴くとまたカッコいいんだ。
 
3.ジンギスカンだらけ (V/A)
 『何曲とばしても聞こえてくる音楽は「ジンギスカン」 全曲「ジンギスカン」のカバーしかない、ありえないコンピレーションアルバム!! 超貴重音源多数収録!!』
 いや、帯のタタキ文句そのままでございます。すばらしいお仕事。こんなすばらしいお仕事をしてくれるレーベルはどこか、といったら・・・
 P-ヴァインでも、SOLID RECORDSでも、ウルトラ・ヴァイヴでもなくて、えーと、あのピッコロタウン(UP-FRONT WORKS)w ねじっこさんが聴いているのを知って、試聴してみたら、こりゃおもしれぇということになって購入することになった次第です。ちゃんとベリーズ工房のヤツも入ってますので、コレが2008年唯一新品で購入したハロ楽曲になりますw
 詳細な楽曲解説、ジャケ写真もついて、背面デカ帯仕様で、全20曲で、\2000!(一曲\100)というすばらしいホントに良い仕事。て、これ全部版権とか買ったんだよね?きっと。我々ハロヲタ(自分は元だけど)がイベントにつられて複数買いまくったCDの利益で。 
 内容的には、99年発表のイノウエという方のバージョンが歌詞とか面白かった(これが購入の決め手に)。あとジャケ写真は見てるだけで壮観。
 
 はっきり言っておきます。とりあえず廃盤になる前に買っておけ!w。とくに洋楽ファンの方。

以上、DISC編でした。このほかにも、夢モンの12/24発売の「Really?」とか候補だったんだけど、これはちょっと何かのタイミングで別枠で・・・






Last updated  Jan 4, 2009 11:42:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 3, 2009
カテゴリ:Girl Pop World
 んでは、ライブ編です。
Akibaロッカーズ達を中心に、いろんなライブを観覧しました。そんな中で、これは印象に残っている、ってのを3本ほど上げてみましょう。

1.夢色モンスター(2008/10/24 GIRLS POWER DX #1@渋谷RUID K2)
 2008年、一発目に見たのが夢モンのストリートライブでして、それをスタートに2008年、何回も何回も夢色モンスターのライブには足を運びました。ワンマンライブも2008年は計3回あり、その合間合間にアキバフェスや秋葉原ストリート、アキバドンキホーテ5Fでのフリーライブと、好きなバンドの一つとして、音を聴いてきました。
 そんな中で、明らかに夢モンの存在感が変わり強烈な印象を残したのが、RUID K2でのライブでした。
 赤のタータンチェックの上下に身を包んだAkikoちゃんはガイコツマイクを手に、アップテンポのナンバーを決めていく。10/4のワンマンよりメンバーもワイヤレス導入で、ステージングがダイナミックになり、とにかく、バンドのスケールが何倍も上がりました。いつもの場所じゃない、ということで気合の入ったセットを持ってきたのも正解だったし、ステージが高いのも客席の高揚感を煽る結果につながったかと。
 このライブの後、自分の中でも夢モンに対する意識は「すごく好きなバンド」→「観続けたいバンド」に変わりました。
 そんな夢色モンスターのライブ映像は、myspace.comにて視聴可能です。これは、10/4のワンマンライブの映像なのですが、イイっすよぉ。自分観だしたら、必ず2回は観てますから。超カッコイイ「get a dream」のPV映像も合わせてご覧下さいませ。

夢ィロック1夢ィロック2
 
2.黒猫財閥 (2008/09/04 ワンマンライブ @渋谷サイクロン)
 2月のアキバフェスで初めて観て、フルアルバム177とその時のCD発記念ワンマンを経て、ギャンバンが居なくなってしまった心の穴をがっちりと埋めてくれまして、自分にとって現在それ以上の存在になりつつある黒猫財閥。ミケちゃんの歌声が好き、マロさんのベースの音が好き、アパッチさんのギターワークが好き、ミケちゃんの書く詞が好き、ミケちゃんのブログが好き、マロさんの笑顔が好き、メンバー皆の書く曲が好き・・・とか言い出すとキモいんでほどほどに。
 音楽はもちろんのこと、ライブでホントにガツンときたのがこのときのワンマン。なんか上手い具合に最前真中あたりで見ることが出来まして、美しいミケちゃんの立ち姿、引き締まった筋肉、長い手足が生きる細身の体系に惚れ惚れしてしまったりもしました。「掠れた声」のキメのところで、ミケちゃんと目が合ってしまい、感動?してみたりとか。
 その後10月~12月に何度もライブに足を運ぶことになりまして、それら、全部良かったのですが、やっぱ強烈だったのはこの日かな。「自分はこのバンドを見届けたい」と思った日でした。
 黒猫財閥オフシャルサイトから試聴ができますので、ぜひ御一聴を。
 
 それにしても、ミケちゃんのブログは面白い。
 
3.時東ぁみ (2008/12/21 X'mas SPECIAL LIVE)
 一年半ぶり、待ってました、のぁみライブ。タダのクリスマスイベかと思って入場してみれば、10曲という、へたなタイバンライブやイベよりずっとお得なミニ?というには豪華なライブでした。
 名曲オンパレードの上、サインボールも無事獲得(ぁみが一発目に投げたヤツ!)しかも、2列目で観れちゃったし。

 これですよ、コレ。しかもコレ、フリーライブなんだぜ?

 ライブの後は、物販購入金額に応じて、握手、撮影、ツーショットチェキとそれはもう、楽しいひと時でした。
 「一生一緒」というわけに行くかどうかはわかりませんが、とりあえず、ぁみ自身がフェイドアウトしない限り、自分がどっか遠いところに引っ越さない限りwできる限りは「一生一緒」で観ていきたい、と思います。
 
 ところで、最近ちょっと思うんですが、ツーショットチェキって、たとえば仲間2人で撮れたりするのかしら?(それ相応回数のチェキ権を持っていることが前提)いつも撮っている人も、たまには3人で撮りたいとか、そういう需要はありそうな気がする。(チェキ権3回分で3人で2枚撮れるとか)
 
 と、2008年後半のものが多くなってしまいましたが、これ以外にも、80年代ニューフェーブの香りを醸し出していたエプロン宮殿@Akiba Fesとか、ラストの一夜限り曲に燃えた夢モンVSギャンバンとか、いろんな意味でおもしろかった有希/ジェリービーンズ@GEISAIとかがありました。

 以上、ライブ編終わりっす。






Last updated  Jan 3, 2009 11:50:31 AM
コメント(0) | コメントを書く

全282件 (282件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


© Rakuten Group, Inc.