6584290 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2005.03.19
XML
カテゴリ:映画

愛する人を殺した者への復讐のみを心に秘めて闘う男。


グラディエーター ◆20%OFF!『グラディエーター』


古代ローマ帝国時代。
巨大コロシアムで戦うグラディエーターの中に、
自らの野望しかない皇帝コンモドゥス(ホアキン・フェニックス)によって、
愛する妻子を殺され、英雄から奴隷の身に陥れられた、
マキシマス将軍(ラッセル・クロウ)がいた。

彼は、妻子の復讐のために真のグラディエーターとなるべく、
戦い続けるのであった。



「全ての道はローマに通ず」と言われた、ローマ帝政時代。
市民が政治などに余計な興味を持たぬようにと与えられた娯楽、
それが剣闘士競技。

そこで闘う剣闘士たちは、人間ともみなされず、死ぬまで闘わされる。
でも、その場で観客の支持を得られるほどの戦いを魅せた者は、
命長らえることもできる。

ローマでは、大衆を操るものが国を操る。


「力と名誉を!」

強靭な肉体と精神とを武器にして戦う男たち。
この時代の男たちは、「名誉」のためなら、命を落とすことも厭わない。

そんな男たちの中で、上からの信頼も厚く、下からの人望も厚い人物と、
位は高くとも尊敬されない人物の違いって、何なんだろう…。

知恵?
慈悲?
それとも、自制心?

彼に魅了され、同じ剣闘士仲間も、彼を逃がすために命を懸ける。
ここまで慕われたら、男冥利に尽きるだろうな。


偉大な人物の息子というものは、えてして凡人で、
そしてそんな父を超えようと、苦悩するものなのだろうか。
偉大な父の下に生まれた運命に押しつぶされないように、
もがけばもがくほど、裏目に出る運命。。。


ローマのコロッセオ、一度生で見てみたい。
その巨大さと歴史の重みに、きっと圧倒されるだろうなぁ。


暴君コンモドゥスの姉の言葉。
「強い女でいることに疲れたわ…」

英雄の条件は、「強さ」だけではないのだろうな、と思った映画でした。


★平凡に生まれてよかった…と思った方は、ココクリック


【参考】
 グラディエーター 公式HP
 goo映画 グラディエーター
 ローマ帝国-Wikipedia
 マルクス・アウレリウス・アントニヌス-Wikipedia
 コンモドゥス-Wikipedia
◆ローマ帝国時代の映画・本は→ 【楽天市場】DVD市場  楽天ブックストップページ


♪本日のBGM
  情熱のカンツォーネVOL.3
情熱のカンツォーネ


tv
映画レビュー

拍手待ってます♪

ラブアイコンホームふきだし


トラックバック記事:
GLADIATOR(グラディエーター)@ティ_mode
グラディエーター@ロースクール・ライフ
●3/18「グラディエーター」定番の歴史大作ですが、見所がいっぱい@くらのすけ映画社楽天支社
グラディエーター(2000) -Gladiator-@映画で世界を旅するブログ
グラディエーター@映画は世につれ、書は人につれ
映画の感想(グラディエーター)@一青窈blog
『グラディエーター』 @☆人生はたのしいのページ☆
グラディエーター@愛すべき映画たち
グラディエーター(GRADIATOR)@中高年のための映画案内
グラディエーター(GRADIATOR)@わかりやすさとストーリー

★そのほか話題のブログはコチラ→ランキング







最終更新日  2005.03.23 13:55:46

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.