7322090 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2005.08.25
XML
カテゴリ:

スワンレイク『スワンレイク』 著:野島伸司


別に、彼のファンというわけでも、なんでもないけれど、
友人に勧められたので、読んでみました。

人の勧める本を読んでみるのも、いいかもね。
勧められなきゃ、手に取ることすらしなかったかも。


黄色いレインコートに身を包んだ「5人」の若者が、
「目には目を、歯に歯を」のハンムラビ法典に則り、
「罪を犯した人々」を、殺していく。

彼らを追う柳井刑事と、恋人の外科医を半身不随にされた、
保科カオル。

読み始めは、彼らの目的は何なのか?
快楽殺人?
ヒーロー気取り?
目立ちたいだけ?

しかし読み進めていくうちに、「彼らは何なのか?」と感じるようになった。
それぞれに役割のある、バランスの取れているようで危うい5人。


アン、ドゥ、トロワ、キャトル、サンクの5人が表しているものは、
なんだったんだろう。

一人の人間の中に潜んでいる、5つの人格、ということだけど、
ラストとの関連性を考えると、精神科医の保科カオルの中の、
人格だったのかもしれない。


秩序のアンとは、婚約者であるマサハルとの安定した結婚。
欲望のドゥとは、憎悪する柳井との、肉体関係。
自意識のトロワとは、愛する人の敵を討つことによって得られる自己満足、
悪意、そして愛のキャトルとは、愛する人を傷つけた人間への復讐。

それらを認識することによって、それぞれの人格が破壊されてしまい、
最後には、無垢のサンクのようになって、ただひたすら、
「スワンレイク」へと連れて行ってくれる者が現われるのを、待っている。


そしてそれらは、カオルだけではなく、人間であれば誰でも抱えている、
多面性なのかも…。

とにかく難解なので、1度読んだだけじゃぁ何を言わんとしてるのか、
とてもじゃないけど読み解けないし、2度、3度と読んでいくにつれ、
また解釈も変わって行きそうな作品。


映像化なんて、とてもできそうにないけれど
(だから野島氏は「小説」という形を取ったんだろうけれど)、
もし映像化されるなら、ぜひSMAPでお願いしたい。
そして、誰が誰をやるのがいいかなぁ、なんて考えてみた。

リーダー格のアンは、やっぱり中居くんかな。
凶暴なドゥは、イメージ的には慎吾か。
ナルシストのトロワは、吾郎ちゃん。
最後にドライヤーが出てくるところなんて、まさしく吾郎ちゃんぽいし。
アンとの攻防のすえ、最後まで残った悪意と愛のキャトルに、拓哉。
そして無垢なサンクには、剛。

まぁもっとも、無垢ゆえに狂気に走ってしまった彼ら5人を演じるには、
SMAPは年取りすぎてるけれど。



芸能・野球ランキング
ポチってくれたら励みになります♪


【参考】
 野島伸司カタルシス
◆その他、野島伸司氏の著書は→ 楽天ブックス


♪本日のBGM
   オムニバス ベスト・クラシックス100 6CD-CD-〔送料無料キャンペーン中〕
ベスト・クラシックス100



本
読書感想

拍手待ってます♪

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 ポータルブログ

ランキングナビ 







最終更新日  2005.08.25 11:26:28


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(279)

SMAPライブ

(218)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.