000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.07.09
XML
テーマ:本日の1冊(2486)
カテゴリ:


となり町戦争『となり町戦争』 著:三崎亜記


なにか、スッキリしない本。
なぜなら、「誰が、何のために」となり町との戦争を、
起こしたのかが、最後まで分からなかったから。

でも、それは重要ではないのかもしれない。

誰がどこで何のために戦争を始めようと、
実際に自分に降りかかってこなければ、
それはないも同じかもしれないのだから…。

知らずに始まり、知らずに終わってしまえば、
なかったことと、同じなのかもしれない…。


町の広報誌に小さく載っていた、
「となり町との戦争のお知らせ」。

戦争を始めます、と宣言され、
その任務にも巻き込まれる主人公だが、
全く戦争の実感は、ない。


なのに町内の広報には、
戦死者数がひっそりと載せられていた。

少しずつ増えていく、犠牲者。
戦争は、実際に起こっているんだ…?


避難生活を余儀なくされるわけでもなく、
公共機関が遮断されるわけでもなく、
銃声が聞こえるわけでもなく。

いつもと変わりない、平和な日常。


一体この「戦争」とは、どういうものなのだろう?
「戦争」というと想像する、血なまぐさい、
きな臭いものとは違った、もっと抽象的な、
象徴的な「戦争」なのかもしれない。

主人公も悩む。
読者も、悩む。


でも、増えていく死者数は、
目に見えない、耳に聞こえないからと言って、
起こってないわけではないのだ、と問いかける。

見るのではなく、聞くのではなく、戦争を「感じる」のだ、
と警告する。


お役所には、ちゃんと「戦争係」というのがあり、
そこに勤めている女性も、業務として淡々と、
「戦争」を扱っている。

「なぜ戦争をするのか」「誰が戦争をするのか」
といった疑問にも、マニュアルどおりの答えが、
用意されている。

決められたことを、決められたとおりにこなす、
そこには例外や、感情の差し挟む隙はなく。


重要なことも些細なことも、表層で決められていて、
私たちにそれが知らされた時には、済んでしまっている。

そういうことって、起こりうるのかもしれない。


見えること、聞こえることにしか注意を払わない、
「感じる」ことのできなくなってしまった人々への、
警鐘のような、一冊でした。



ランキング
よろしくお願いします♪


【参考】
◆その他、三崎亜記の著書は→ 楽天ブックス


♪本日のBGM
ボブマーリー・TOK・ショーンポール・レゲエBEEST

本
読書感想

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングナビ 

ただ今大量のコメントスパム対策で楽天ユーザー以外のコメントを拒否しております。
詳しくは、こちらに書いておりますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。  管理人 v_のん_v







最終更新日  2006.07.09 10:48:32

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09

ランキング市場

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.