7035591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.09.04
XML
カテゴリ:雑記


最終回だなんてー!
なのに、1時間スペシャルでもないなんてー。
コナンとの、この差は何なのよー。
ズバリ数字?(爆)


スカイホスピタルの中で、フェニックス病が蔓延。
ピノコ、西川女医に続き、白拍子までもが倒れる中、
ブラック・ジャックは、北極へと進路を変更する。

いくらウィルスが寒さに弱いってったって、
北極ってこれまた極端な。寒さで人間が死ぬっての。


抗がん剤と免疫剤を調合した注射を、
気休めだと言いつつ打つブラック・ジャック。


その時、アメリカ空軍からの通信が。
状況は全て把握されており、
伝染病の専門家を集め、フェニックス病への、
対策を練っているという。

さすがアメリカ。世界中の全てを把握する情報網。

そこに、ドクタークーマが。
せめてもの罪滅ぼしにと、トップシークレットである、
ウィルスのデータを、スカイホスピタルに転送する。

「本間先生の愛弟子の君ならば!」

ウィルスに感染した彼らが生きていられるのは、
21時間と言う、ドクタークーマ。


北極に到着し、ゼンマントクの血から、
血清を作ろうとする、ブラック・ジャック。

多くの死を見てきたゼンマントクが挑戦したもの、
それが、永遠の命を手に入れることだったのだ。

「本気でフェニックス病が治せると思ってるのか?」
「あんたと同じでね、挑戦は嫌いじゃない」


一方、大統領の命で、超高熱ミサイルの、
発射準備をするアメリカ空軍。


ドクタークーマが送ってくれたデータを解析する、
ブラック・ジャックと白拍子。

偶然見つけたBOPに放射線を当て、進化させ、
不老不死の薬を作ろうとしたのだ。

だが、無数の異物やがん細胞を集めてしまい、
血管内に血腫を発生させたり、
ガンを発生させたりしていたのだ。

キャンサーハンターによる放射線治療が、
ウィルスをますます進化させていたと気づく、
白拍子。

突然倒れるブラック・ジャック。
その腕には、フェニックス病のアザが。


そこに、レンカが現れる。
進化したフェニックス病のウィルスと、
治療データを奪いに来たのだ。

レンカに銃を突きつけられ、ゼンマントクの元へ向かう、
ブラック・ジャック。


「この顔のお陰で、地獄の苦しみを味わった!」
と、ブラック・ジャックに銃を向けるレンカ。

その時、機内のセキュリティシステムが作動。
レーザーで攻撃されるが、それを銃で撃ち、
ブラック・ジャックに銃を向けるレンカ。

その時、銃を手に立ち上がったのは、ゼンマントク。

「黙りなさい!あなたの指図は二度と受けない!」
倒れるゼンマントク。

レンカも打たれ倒れるが、
助けようとオペを始めるブラック・ジャック。

「見殺しにするわけにはいかない」

確実にフェニックス病に感染するじゃん。


レンカの胸にも、人工心臓が埋められていたのだ。
そして、止まらないはずの人工心臓が、
止まろうとしている。

それを見て、フェニックス病が治せるかもしれないと、
ブラック・ジャックはレンカの心臓と、
ゼンマントクの心臓を移植することを、思いつく。


しかしその時、ミサイルが発射された。

別にミサイル発射することなくない?
21時間で死ぬなら、そのまま放っておけばいいじゃん。
熱で活動が強まるなら、超高熱なんて余計にマズいのでは?



その時白拍子から、治療法が見つかったとの連絡が。

しかし、ミサイルは着実にスカイホスピタルに向かっており、
オーロラによる磁場の影響で、軌道修正も、
上空での爆破もできない。

「今すぐそこから離れるんだ!」


意識朦朧としながら、レンカの手術を続ける、
ブラック・ジャック。
「なぜ私は、この女を助ける…」

自分に問うブラック・ジャックの目の前に、
紅蜥蜴の幻が。
「兄さん。そんなに人の命って大切なの?」

キリコも現れる。
「人間だけがムリに生きさせようとする。
どっちが正しいのかな」

本間先生も、
「医者は人を治すんじゃない。人を治す手助けをするだけだ」

父と母は、
「黒男、よくやった」
「おいで、黒男。もう十分よ一緒に行きましょう」

フラフラと、父と母に歩み寄るブラック・ジャックを、
引き止める声が!

「待って先生!患者さんが待ってるわ」


出たあああああああああああああああああああ!
ピノコ!!!!!!
18歳のピノコ!!!!!

「いつまでもピノコは先生と一緒よ。
先生、頑張って」

そうらよ!
ピノコがいるんらから、ちぇんちぇい死んじゃダメ!
ちぇんちぇいが死んじゃったら、
ピノコ、一人ぼっちになっちゃうじゃないのよさ!

あら?「お前は最高の妻じゃないか!」は…?


我に帰るブラック・ジャック。
しかし、レンカの心臓は止まっていた。

「生きろ!」


必死でスカイホスピタルを離陸させる白拍子。
間一髪で、ミサイルを免れる。

「生きていてくれたか!」


レンカも蘇生し、術式終了。
「父さん、母さん、やりましたよ」


フェニックス病の免疫血清を、
無料で提供すると発表する、白拍子。

そしてこの血清を、「本間血清」と名づける、
ドクタークーマ。

そのTVニュースをTOMで見ている、
マスターとクミコ。

久しぶりのTOMだ。
クミコが本間先生の娘だって忘れてたよ。


本間先生のお墓に報告をする、ブラック・ジャック。


TOMで、ピノコとブラック・ジャックを恋しがる、
シャラクと和登さん。

そこに、ブラック・ジャックとピノコが!

「先生、お帰りなさい!」
「ただいま」


『月光花』をバックに、壊された岬の家に佇む、
ブラック・ジャックとピノコ。

「また一から始めるか!」


軽く泣きそうになりましたよ。
これで最終回でいいのか?
と、思わなくもないけど。

で、結局如月先生は、登場ナシ?
それだけは不満ー。

父母のエピソードより、
如月先生のエピソードの方が、見たかったのに…。


さて。
今まで、興奮と妄想だけで書きなぐった、
アニメ感想を読んでくださったみなさま、
ありがとうございました♪

またいつか、ブラック・ジャックスペシャルなど、
あることを願いつつ…。


ありがとうございました。



ランキングも
よろしくお願いします♪


【参考】
 ブラック・ジャック-日テレ公式HP

「ブラック・ジャック」オリジナルサウンドトラック SOUND KARTE SPECIAL『SOUND KARTE SPECIA』

劇場版「ブラック・ジャック 二人の黒い医者」劇場版『ブラック・ジャック 二人の黒い医者』


BJのページ
BJ

ラブアイコンホームふきだし


★そのほか話題の記事はコチラ→にほんブログ村 トラックバックテーマ 手塚治虫へ手塚治虫

ランキングナビ







最終更新日  2006.09.04 20:19:11

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.