000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.10.21
XML
テーマ:本日の1冊(2486)
カテゴリ:


きみの友だち『きみの友だち』 著:重松清


頭がよくてクラスの人気者だった恵美は、
事故にあってから、誰とも付き合わなくなり、
歩くペースが一緒の、何をやってもグズな由香だけと、
一緒にいるようになる。

恵美の弟で、勉強もスポーツも抜群のブンは、
キレ者転校生のモトが気になる。

恵美を巡る子供たちの、「友だち探し」の物語。



重松清お得意の、少年少女群像。
悩み多き少年少女たち。
小中学生の物語なのに、ああ号泣さ。


「きみ」を巡る友達を、ある人が語る形で、
物語は続いていくのだが…。


今時の小学生って、こんなに緊張を強いられて、
学校生活を送ってるんだろうか?

と気の毒になってしまうほど、
クラスメイトの顔色を気にしている子供たち。

友だちだよねー、なんて言葉は、
翌日には、翻されるかもしれない。

「みんな」の輪の外に弾かれないように、しかし、
目立ちすぎないように、話を合わせる子供たち。

誰か一人をスケープゴートにして、
「仲良し」を確かめる子供たち。


主人公の少女も、そんな一人だったが、
交通事故で足が不自由になってから、
輪の外にはじかれてしまう。

もう一人のはじかれものの子、
持病のせいで、友だちの輪に入れない子、
今までなら絶対に友だちにならなかった少女と、
本当に大切なものを見つけようとする。

失ってから得るもの。


「みんな」は信じない、と言い切る主人公。
本当に大事なものを見つけたいから、
「みんな」と一緒にいる時間はない、と。

友だちが入院中で寂しくないの?と問われ、
「そばにいなくても、寂しくないのが友だちだと思う」
と言い切る主人公。

この年頃でそう言い切るのは、なかなか難しいだろう。
この年頃でなくとも、彼女たちの倍以上生きてる私は、
そう言い切ることが、できるだろうか…。

「みんな」なんて、どうでもいい。
「友だち」が、一人いれば。
と…。


ただ、由香はどう思っていたのだろう。
生まれた時から体が弱く、そして、
一人で逝ってしまった由香は。


なんて考えてしまった、一冊でした。



ランキングも
よろしくお願いします♪


【参考】
◆その他、重松清の著書は→ 楽天ブックス


♪本日のBGM
SMAP ありがとう-CD-

本
読書感想

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングナビ 







最終更新日  2006.10.21 21:38:18

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09

ランキング市場

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.