000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.10.29
XML
テーマ:お勧めの本(4473)
カテゴリ:


青に捧げる悪夢『青に捧げる悪夢』 著:恩田陸 他


◆水晶の夜、翡翠の朝(恩田陸)
◆みたびのサマータイム(若竹七海)
◆水仙の季節(近藤史恵)
◆攫われて(小林泰三)
◆階段(乙一)
◆ふたり遊び(篠田真由美)
◆還って来た少女(新津きよみ)
◆闇の羽音(岡本賢一)
◆ラベンダー・サマー(瀬川ことび)
◆天狗と宿題、幼なじみ(はやみねかおる)



当代人気の作家が語る、
短編ホラー・ミステリー集。


ミステリーな恐怖あり。
ファンタジックな恐怖あり。
ロマンチックな恐怖あり。
スプラッターな恐怖あり。
パラサイトな恐怖あり。

ものすごく怖い、というわけではないのだけれど、
夜、一人で読んでると、ふと背後の気配が、
気になるような。


恩田陸の、「水晶の夜、翡翠の朝」は、
賢く美しい少年たちの出てくる学園ミステリー。

彼らは、『麦の海に沈む果実』麦の海に沈む果実
の登場人物らしいので、これも読んでみたいな、と。


岡本賢一の「闇の羽音」は、
気持ち悪さでは一番だったけど、
それが何かの象徴かと思ってたのに、
そのものだったのが、B級ホラー映画みたいで、
ちょっと残念。


新津きよみの「還って来た少女」は、
学年の違う双子、という設定が、やや陳腐。


乙一の「階段」は、見えないものへの恐怖だとか、
未知のものへの恐怖ではなく、人間の恐怖。
それも、身近な人間の。
だから余計に、怖かった。


はやみねかおるの「天狗と宿題、幼なじみ」は、
ノスタルジックなんだけれども、最後、
背筋に寒いものが走った。


篠田真由美の「ふたり遊び」は、
ファンタジックで美しいお話。
舞台はてっきり外国だと、騙されてました(笑)。


こういう短編集(アンソロジー)って、
やっぱり面白いね。

どの作家さんが好き!というのが特別ない、
基本雑食なので、色んな作家さんの、
色んなお話が読めるものが、好き。

読んだことのない作家でも、意外に面白くて、
他の作品読んでみよう、って思うしね。


同じシリーズの、赤に捧げる殺意『赤に捧げる殺意』も、
ぜひ読んでみたい。



ランキングも
よろしくお願いします♪


♪本日のBGM
SMAP ありがとう-CD-

本
読書感想

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングナビ 







最終更新日  2006.10.29 15:53:58

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.