7171514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.11.09
XML
カテゴリ:映画


Ray/レイ 追悼記念BOX(初回限定生産)(DVD) ◆20%OFF!『Ray/レイ』


レイ・チャールズ・ロビンソン(ジェイミー・フォックス)は、
弟の溺死によりトラウマを背負い、9ヵ月後、
彼自身も視力を失う。

しかし母は幼い彼を、決して甘やかさなかった。

1948年、17才でシアトルに出たレイは、
ピアノで、「盲目の天才」と評判になる。

やがてレイは、ゴスペルとR&Bを融合させた、
新しい音楽、ソウルを誕生させた。

しかしその一方で、名声の裏では複数の愛人、
そして麻薬に手を出し、生活は荒んでいく。

1965年、麻薬の密輸で逮捕されたレイは、
自ら厚生施設へ入り、薬を断ち切る決意をする。



稀代の天才の、その裏に隠された、悲劇の数々。
弟の死、失明、黒人差別、女、酒、麻薬、裏切り。

貧しく悲しい幼少時代、駆け出しの頃の苦難、
スターとなってからの誹謗中傷に、荒んだ生活、
そして、そこからの脱却。

輝くばかりの人生どころか、
決して褒められない人生を歩んでいたレイを、
ジェイミー・フォックスが迫真で演じる。

まるで、レイ本人が、乗り移ったかのように。


彼の成功は、貧しい盲目の黒人である、
というハンデによる、反逆精神、というよりも、
純粋に音楽を愛し、自分の才能を信じた結果、
という感じ。

恋人との喧嘩の最中に、歌を作っちゃったり、
あれだけ溺れた酒よりも女よりも麻薬よりも、
なによりも愛した音楽。


これだけの無謀で破滅的な生活をしながらも、
素晴らしい才能と栄光に恵まれていた、
ということは、神に祝福されていたのか。

教会にも糾弾され、黒人社会からも紛糾され、
自分のしていることは正しいのかと迷った時、
彼の妻が言ったように。


しかしやはり、天才の母というのは、
天才自身より偉大だ…と改めて思った、
映画でした。



ランキング
ぽちってくれたら嬉しいです♪


【参考】
 レイ・チャールズ
◆レイ・チャールズ自身のCD、DVDは→ 【楽天市場】DVD市場



tv
映画レビュー

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングナビ 







最終更新日  2006.11.09 19:42:05


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(279)

SMAPライブ

(218)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.