7230453 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.11.15
XML
カテゴリ:SMAPドラマ


「結婚」というものがどういうものか、
分かっているのか、いないのか。

仕事も上達し、三浦や都古に褒められ、
嬉しそうな輝明。
輝明にそっけない古賀も、感心した風。


母は、翌日都古が動物園を辞めることを、
輝明に説明する。

その日の輝明のハガキ。

「都古ちゃんに褒められました」

よっぽど嬉しかったんだなぁ。
宛先も、ちゃんと「河原都古様」になってる。


古賀に、輝明のことを頼む都古。
「本当は、自閉症のこと、
よくご存知なんじゃないですか…?」
「…あぁ、よく知ってるよ。
勉強したけど、何の役にも立たなかった。
自分の息子が自閉症だってこと、
認めることができなくて」

7年も会ってない息子が自閉症だと、
誰かに話したのは初めてだと言う古賀。


花束をもらい、拍手で送られる都古。
都古と別れ、家に帰ってきた輝明。

帰ってきた時、母がいつも心配そうに、
輝明の様子を伺っているのは、
何か変わったサインが出てないか、
見逃すまいとしているんだろうな。。。


明日の休み、何をする?
チキンカレー作ってみる?という母に、
「作らない。都古ちゃんのところに、行ってくる」
「今までみたいにしょっちゅう、
都古ちゃんの家に行くことができなくなったの」
「どうして?」
「そういうもんなの。都古ちゃんは、結婚したから」

分かってるのかなぁ。。。
分からないよなぁ。。。


部屋の隅々まで、綺麗に掃除をする輝明。
私の部屋も、して欲しい(笑)。


妹に、都古の新居への行き方を教えてもらい、
都古の家にやって来た輝明。
「よく来られたねぇ」
「りなが教えてくれた」

細かく書いてくれてる、なんていい妹だ…。

そこに、不倫男が帰ってくる。
あぁもう不倫男じゃないんだ。
この人の出番も、減ってくる予感。


「座って」と薦められても、突っ立ったままの輝明。

「お昼食べた?」
「食べた」
「ジュース飲む?」
「飲まない」

食事が終わったら河原の動物病院に行かなきゃならない、
と言う都古に、「どうして?」
「手伝ってるから」
「どうして?」
「今は、河原さんの動物病院で、仕事してるの」
「どして?」
「約束したから。結婚っていうのは、
ずっと一緒に仲良くしよう、って約束することなの」

へーそうなんだ(爆)。


りなから、輝明が都古のところに行ったと聞いて、
不安になる母親。

「都古ちゃんには、都古ちゃんの人生があるんだから」

大学を卒業したらこの家を出る、
私には私の人生があるんだから、と言うりな。


帰ってきて、うがいをする輝明を心配そうに見守る母。

「都古ちゃんのところに、行って来たんだって?」
「行かない。都古ちゃんのところには、もう行かない」

再び、うがいをする輝明。

何かのサインだ、きっと…。


「都古ちゃんの家に行きました
都古ちゃんは河原さんと約束しました
もう行きません」

なんて悲しいお手紙。。。


マレーバクのことを覚えようとしている輝明に、
話しかける古賀。

「お父さんって、どんな人だった?質問が抽象的か」
「お父さんは、2003年に死にました」
「お父さんと遊んだ?遊ばなかった?」
「遊ばなかった。お父さんは、お仕事です」

いつも母に、そう言われてたんだろうな…。

昔の自分を思い出す古賀。
古賀も仕事と偽って、自閉症の子と妻の待つ家を、
空けがちだったのだ。


大きな木の下で佇む輝明。
何を、想っているのかなぁ。。。


帰りの遅い輝明をいぶかしむ家族たち。
そこに輝明が帰ってくる。

「遅かったね。何してた?」
兄の問いかけに席を立ち、またうがいをする輝明。

あー何かおかしいよ。。。

「それで?何してて遅くなったの?残業?」
「違う」

再び席を立ち、またうがいをする輝明。

やっぱりおかしいよ…。

こういう時、私たちだったら、「別に」とか、
「なんでもないって」って言うんだろうけど、
輝明には、そういう反応は、できないのかなぁ?


兄宅で、輝明のことを兄嫁に説明する妹だが、
あまり関心のなさげな兄嫁に憤慨する。

「あれで、真樹も輝明のこと、
理解してくれようとしてくれてるから」
「興味本位でしょ今のは絶対!」
「違うって」


都古から、輝明を心配する電話が。
ハガキのことが気になったらしい。

しかし、こだわりが強くなったことは話さない母。

「都古ちゃんには、もう頼らない方がいい」と、
人間ドックをキャンセルしようか、と言う母に、
「大丈夫だよ。私いるから。
お母さんには、健康でいてもらわないと」

確かに、母が倒れたりでもしたら、大変だよ…。


「今日は動物園へ仕事へ行きました
チキンカレーを食べました
都古ちゃんのところにはもう行きません」

「昨日は動物園へ仕事へ行きました
チキンカレーを食べました
都古ちゃんのところにはもう行きません」


妹に見送られ、家を出ようとする輝明。
しかし、ドアを開けることができない。

強いストレスで、体も拒否反応を起こしてるのか…。

ポストに、2通ハガキを投函する輝明。


動物園の事務所の椅子を、綺麗に揃える輝明。
同僚が借りたホッチキスも、キチンと並べ直す。

そんな様子を見て三浦に、
輝明に何か変わったところがないか気にかけてて、
と言う古賀。

おぉ、よき理解者になりつつあるじゃないか。


医者を訪れ、輝明のこだわりについて話すりな。

「私は私の人生を生きていいんでしょうか」

うぅ、重いよな…。
兄弟は大切だけど、だからって兄弟の面倒を、
一生見てかなきゃならないかっていうと、
それはやっぱり重過ぎるよ…。
妹もいい子だから、そういうこと悩んじゃうんだろうな。


ひとり夜勤で蕎麦をすすりながら、
昔のことを思い出す古賀。

妻から、息子がいなくなったとパニックの電話が。
迎えに行って!と向かった先には、
奇声を上げる息子の姿が。

そのまま立ち去ろうとした時に、妻の冷たい視線。

お父さんも、重いよな…。
この、父と母の違いは、何なんだろう?
やっぱり自分の腹を痛めたか痛めないか、の違い?


兄宅で、「カレーはやっぱりチキンカレー」
と繰り返す輝明。
兄嫁の作ったカレーは、ビーフだったらしい。

義母はなぜ家を空けたのか、と兄を責める嫁。
義母に何かあったら、輝明は施設に預ける、
と約束して結婚したことを確認し、安堵する兄嫁。

まぁねぇ。
兄でもねぇ、一生、弟の面倒を見なきゃいけない、
ってのは、ないしねぇ。。。
兄嫁に至っては、尚更だ。


夜中に起き出し、電気をつけ、消し、ベッドに戻り、
また起き出して、また電気をつける輝明。


翌日。
輝明の姿が急に見えなくなったと、大騒ぎの動物園。
自宅に電話しても、誰もいない。

「古賀さん、何か知ってるんじゃないですか?
大竹さんのこと、気をつけるように言ってたから」
「どうして、私に報告しなかったんだ!
もし何か起きて、このことが表に出たら!」

あぁ園長、偽善者の面がはがれた…。


2枚来た輝明からのハガキをいぶかしがる都古。
そこに、古賀から電話が。
「どこか心当たりない?こだわってる場所とか」

あの木の下に向かう、都古。
そこには、寝転がっている輝明と、
それを見守る古賀の姿が。

「最初は一緒に働くなんて絶対ムリだと思ってたから。
傍にいる人間がどう接するかで、彼の可能性は、
どんどん広がるんだなぁ」
「息子さんには会おうとは思わないんですか?」
「お父さんは死んだ、ってことにしたらしいから」
「大竹さんの場合、死ぬってどういうことか、
分かってるようで、分かってないみたいですけど」


目を覚ました輝明。
「古賀さん。こんなところで油売ってちゃいけないよ」
「こっちの台詞だ」
「こっちの台詞だ」
「大竹さんを迎えに来た。一緒に帰ろう。動物園に」

都古から預かったハガキを手渡す古賀。
それを読み、嬉しそうな輝明。


よくやってる輝明を見て、お父さんも喜んでるよ、
と言う古賀に、
「お父さんは、2003年に死にました。
お父さんは、遠くに行きました。
いつ戻ってくるのかなぁ。いつ戻ってくるのかなぁ」

あぁやめて…。
涙で見えなくなっちゃうから…。

遠くを見つめる輝明に、「待ってるの?」
涙をこぼす古賀。

「動物園に帰ります」

泣いている古賀を、不思議そうに見る輝明。

そういや輝明は、悲しかったり、嬉しかったりして、
涙を流すことって、あるんだろうか…?


2人で歩く並木道。

都古からのハガキ。
「テルへ。
テルは動物園の飼育係です。
テルの動物園の動物たちが元気でいられるように、
一生懸命お世話をしてください。
約束です」

「約束です」
微笑む輝明。


やっぱり園長は偽善者だった代わりに、
古賀がよき理解者になりつつある…?



ランキング
ポチってくれたら嬉しいです♪


【参考】
 僕の歩く道


♪本日のBGM

smap

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 芸能ブログへ

ランキングナビ 







最終更新日  2006.11.16 19:22:46


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(279)

SMAPライブ

(218)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.