7037734 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2006.12.24
XML
カテゴリ:映画


『県庁の星』


野村聡(織田裕二)は、K県庁のエリート公務員。
成績もプライドも高く、業務にもそつがない男。

婚約者も地元大手建設会社の社長令嬢。
今後は、県の大型プロジェクトを足がかりに、
さらなるステップアップを狙っている。

そのプロジェクトを前に、県政の目玉である、
民間企業との人事交流メンバーに選出されるが、
研修先は、店員たちにやる気がなく、
客もまばらな三流スーパー「満天堂」。

しかも、野村の教育係・二宮あき(柴咲コウ)は、
年下のパート店員だった。



公務員と、民間企業との溝をコミカルに描く、
面白い映画でした。

県庁側もスーパー側も、映画だから、
もちろんオーバー気味に描いてるけど、
どちらも、さもありなん、って感じ。


でも、なぜか「公務員」に対して、
いい印象って、ないよね。

「今日できる仕事は明日やれ」
ってな言葉が、公務員の心得だと、
どこかで聞いた覚えが。

いやもちろん、一生懸命頑張ってる公務員も、
いるんだろうけど、なぜかこう、反感あるよね。

やっぱり、私らの税金!って思いが、
あるからだろうか?

それに、親方日の丸の安心感、っての?
今日潰れるか明日潰れるかと、
お客の顔色伺ってる民間企業とは、
やっぱ根本的に、違うんだろね。


もう何年も前だけど、県庁に書類を持っていったら、
ちょうど3時で、お茶の時間、とか言って、
しばらく待たされたもん。

普通の会社だったら、客待たせてお茶って、
考えられないよね?

一度お前ら民間企業に来てみろよ!
なんて日頃思ってることを、見せてくれた映画。


物事は、マニュアルどおりにはいかない、
ってことを学んだ県庁さんと、
効率よく物事を動かすには、マニュアルも必要だ、
ってことを学んだスーパー。

そんな歩み寄りが、現実でも起こるようになれば、
この、公務員に対しての理由のない怒りも、
多少は治まりそうな気もするけど、でも最近じゃぁ、
県庁のトップまでもが、腹黒いことばっかやってんだもん。

ますます公務員に対して、いい印象なくなっちゃうわな。


それでも私は、生まれ変わったら次の職業は、
公務員を選びたい(笑)。



ランキング
ぽちってくれたら嬉しいです♪


【参考】

 県庁の星 公式サイト


tv
映画レビュー

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングナビ 







最終更新日  2006.12.24 10:03:42

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.