7167995 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2007.01.14
XML
カテゴリ:映画


『寝ずの番』


上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴は、
臨終の時を迎えようとしていた。

彼の最後の望みは、「そ○が見たい」というもの。
弟子たちは奔走し、なんとか希望を叶える。

その直後、師匠は亡くなり、通夜となるが、
弟子たちは「寝ずの番」で騒ぎ明かす。



思いっきり不謹慎なのに、笑った笑った。
どこまでも下ネタなのに、なぜか泣いた。

最初から最期までエロ満載なのに、
なぜか、あったかい気持ちになった。


中井貴一や岸部一徳といった、
ちょっと頼りない弟子たちと、木村佳乃はじめ、
キップのいい姉さんたちの、テンポのいい掛け合いで、
厳粛な儀式であるはずのお通夜やお葬式を、
茶化してしまう面白さ。

「らくだのカンカン踊り」なんて、
あり得ないほど不謹慎。

アタマのちょっと固い人が見たら、
「けしからん!」って怒ってしまうほど、罰当たり。

それを見てげらげら笑って、でも気づいたら、
涙が出てた。


こうやって、亡くなった人と最期の時を過ごすのも、
悪くない。

大切な人が死んでしまったという事実を受け入れ、
故人を偲ぶ、大切な時間。


こんなお葬式、いいなぁ。
死んだ時くらい、明るく楽しく送ってもらいたい。

死んじゃった方は分からないけど、
残された人に、あんまり悲しんで欲しくないから。

そのためには、この人は、人生をまっとうしたんだ、
だから悲しいことでも残念なことでもない、と、
みんなが納得してくれるような最期を迎えたい、
と思った映画でした。


『寝ずの番』 著:中島らも



ランキング
ぽちってくれたら嬉しいです♪


【参考】
 寝ずの番 powered by ココログ


tv
映画レビュー

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 映画ブログへ

ランキングナビ 







最終更新日  2007.01.14 09:55:41


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(279)

SMAPライブ

(218)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.