7056817 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2007.03.05
XML
カテゴリ:映画


『日本沈没』


地震が相次ぐ、日本列島。
潜水艇“わだつみ6500”のパイロット、
小野寺俊夫(草なぎ剛)は、
地球科学博士の田所(豊川悦司)と共に、
日本近海の深海調査に就いていた。

調査の結果、海底プレートの急速な沈降により、
日本列島が1年後に沈没する事が判明した。



つよぽん、主役のハズよね…?
トヨエツが主役じゃないよね…?

と、前半は不安でしたが、後半はしっかりと、
主役としての仕事をしてくれてました。

でもつよぽん、戻ってくるかと思ったら、
死んじゃうのね。

奇跡を信じたけど、まさかあそこからは、
いくらなんでも帰ってはこれないか。


剛の命をかけた作戦のお陰で、日本列島が、
全て沈没してしまうことは避けられたけれど、
あの程度残ったって、しょうがないような…。

でも実際問題、日本が1年以内に沈没します!
ってなったら、私はどうするかなぁ?

あんな火山灰にまみれての非難生活なんて、
イヤだけど、そうせざるを得ないんだろな。

さっさと外国に逃亡しちゃいたいけど、
先立つものはないし。

いっそ、津波か地割れに飲み込まれて、
一瞬で終わってしまえれば、いいけれど。

災害によるモロ被害も怖いけど、
それに伴う人的パニックが怖いし、
その後の復興とか避難生活とかも、イヤだ。


小泉前総理に似せた総理の、
「何もしない、と言う選択肢が、一番しっくりくる」
に、一番しっくり。

そんな総理は、さっさと死んじゃうし。
後に残された方が、大変だよねやっぱり。


しかし2時間超は、ちょっと長すぎ。
の割には、掘り下げ方が薄いというか、
剛と柴咲コウのラブストーリーも中途半端だし、
トヨエツと大地真央の元夫婦話も微妙だし、
それぞれの立場での苦悩も、感情移入できるほど、
深く描かれてなかったし。

途中、剛の出てないところ早送りしちゃったけど、
それでも全然支障なく観れた、ということは、
やっぱりムダな部分が多かった?


映像も、もっと迫力ある崩壊シーンを期待したんだけど、
なんかちょっとチャチだったような気がしないでも。

そりゃもちろん、藤岡弘版よりかは、
全然進歩してるけれど。

そう思うと、ハリウッドのデザスタームービーは、
やっぱり迫力あるものなんだなぁ。


それと柴咲コウ、ハイパーレスキュー隊なのに、
あんなに髪長くていいの?

邪魔なのは言うまでもなく、
何日もお風呂に入れないこともあるだろうに。
そういうとこも、薄っぺらな印象を受けた一因かも。


運良く海外に移住できたり、生き残ったとしても、
その後がどうなるのか、どうすればいいのかが、
気になった、映画でした。

その辺は、コレ↓に描かれてあるのかしら…。

『日本沈没 第二部』 著:小松左京


そのうち、コレも見てみようかと↓

『日本以外全部沈没』



ランキング
ぽちってくれたら嬉しいです♪


【参考】
 『日本沈没』 公式サイト

  


tv
映画レビュー

ラブアイコンホームふきだし
★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 映画ブログへ

ランキングナビ 







最終更新日  2007.03.05 18:36:33

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.