7079024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2007.03.11
XML
カテゴリ:SMAPドラマ


法廷で、父と全面対決することを決意した、鉄平。
ここまでドロドロになってしまうとは…。
しかし、「最終章 前章」って、すごいな。

でも、口八丁手八丁の大介には、
法廷でも勝てないと思うな。

しかも、鉄平と同い年の、こんなに若い弁護士じゃぁ、
ちょっと頼りない気が。

正義がどうのとか大義がどうのとか、そんなのじゃなくて、
どんな手を使ってでも勝つ!
たとえ死人が出たとしても、依頼人を勝たせる!
ってぐらい、腹黒い弁護士じゃなきゃ。

正義感とか熱意だけじゃぁ、この腹黒い男は、
倒せないって。


との想像通り、鉄平側の弁護士への質問にも、
淡々と答える大介だが、鉄平と四々彦たちが見つけた、
もう一つの借入表を見せると、ざわめく法廷。

というか、こういう法廷シーンって苦手…。
映画でもそうだけど、事実関係がどうのとか、
日にちの前後とか、その辺整理できないの、頭の中で。


事実を突きつけられ、証言を覆し頭を下げる大介。
しかし、証言の矛盾を問われると、
これは矛盾ではないと、また上手く丸め込もうとする。

だから、勝ち目ないって…。
部下が死んだって、息子の嫁父が死んだって、
動じないどころか、それを踏み石にするような男なんだって。

そしてここでも、銭高の一存のせいにし、あろうことに、
大同銀行の三雲頭取の判断力の甘さにまで言及する。

さすが、さすがだ…。
さすが、自分の嫁と自分の父の子を、
自分の子として育ててきただけある(爆)。

というか、さすが北大路欣也。
すごい気迫というか、緊迫感というか。


一方、証人として立った鉄平は、
高炉建設は間違いだとは思ってない、
企業の志を否定されるようなこの国に、未来はあるのか?
と熱弁を振るう。

情に訴えるつもりか…。
でもそんなのは、通用しないと思うけど。

この法廷シーン、スマスマのアクターコロシアム思い出す(笑)。


窮地に追い込まれた鉄平。
次回の証人尋問に、真実を握っている銭高を、申請する。


大同銀行の信用問題にまで及んだことを、三雲に謝る鉄平に、
そんな心配より、この裁判で真実を明らかにすること、
裏ではもっと大きな力が働いてると予感する三雲。

その頃、次期総理候補の大蔵大臣の命により、
大同銀行と阪神銀行の合併を進められる。


行き詰る鉄平を訪ねる銀平。
「どうして兄さんは、僕に証言を頼もうとしないんですか」

そこも、難しいよな…。
弟は、父の庇護下での将来があると思えば、
父をあからさまに敵に回すようなことをさせるなんて、
できないよな。

たとえ、本当の兄弟ではなくとも、今までずっと、
兄弟として育ってきたんだし。

そんな弟に、母や妹たちのことを頼む鉄平。


鉄平一家が出て行き、銀平の妻真樹子が出て行き、
長女一子が息子を連れて戻ってきた食事の席に、
酔っ払って帰ってきて、妻一人満足に扱えないと、
ぼやく銀平が、悲しい。

一方、
「こんな状況になっても、家族のこと心配してましたよ」
兄の力になれない自分を、さげすむ銀平。


鉄平をかばい、父に意見する一子。
「お父さんのために、何でも我慢してきたから、
この家はおかしくなったんじゃない!」
「いい加減にしなさい!」
「一子さんは、間違ったことは言ってないと思います」

母が発言した!
この母の一言が、何かを覆しそうな気が、するんだが…。

たくさんの家族の生活を背負っているんだ、と言う大介に、
鉄平だって、たくさんの家族の生活を背負っている、
と言う母。

しかし結局、なんの解決にもならず…。
ほんとにこの一族は、大介にがんじがらめなんだな…。


銭高の家の前で、待ち構える鉄平に、
「私にも家族があるんです!」

みんな家族がある…か。
それは言い訳か?
逃げか?


真樹子を連れ戻そうとやっきになる相子に、
「人のことより、ご自分の心配をなさったら?」
反撃に出たぞ!真樹子!

相子と美馬と、万俵の血を引いてないもの同士の密談。
美馬って、相子が好きなの?
それともただ単に、手を組みたいだけなの?
大介のものを、手に入れたいの?


何度も銭高家に足を運ぶ鉄平。
しかし銭高は、頑なに拒む。

そりゃ大介には恩義があるものな。
生活の面倒まで見てもらっているとなれば。

銭高家を訪れていた銀平と、阪神銀行の専務。
私財まで投げ打って、奔走している兄の必死な姿に、
このまま真実から逃げ続けていて、何があるんだと、
昂じる銀平。

それを覚悟で、大介は一人で全てを背負っているんだと、
たしなめる専務。


夜の工場を訪れる鉄平。
そこには四々彦が、開発中の機械のテストをしていた。

夜中に一人で工場で作業できるとは、
ずいぶんな地位なんだな、四々彦は。

銭高を非難する四々彦をたしなめているところに、
銭高がやってくる。
ドラマだなぁ(笑)。

「その専務の思いを、銭高さんに伝えられれば…!」
「大丈夫だよ」
ちゃんと立ち聞きしてたから(笑)。

さて、大介の力への恐怖と、鉄平の熱意への敬意と、
どちらが大きいか…。

それともまた一人、死人が出るかな…。
死んでくれた方が、大介にとっては都合がいいだろうけど。
ってか、殺されそう。。。


第二回の証人尋問前。
神社で手を合わせる、早苗と芙紗子。

そして銭高は、現れるのか…!?

ききき来たーーーーーー!
やはり熱意は、人を動かすのか!?

って来たからと言って、鉄平に有利な発言をするとは、
限らんが。
ここで銭高が、大介に有利な発言をしちゃったら、
それこそどうするの?

証言台に立つ、銭高…。

いいいいい言った!
大介の指示だったと、言っちゃった!
鉄鋼マンの端くれとして!


しかし、銭高の証言でさえも、鉄平の会社と、
鉄平を救うことはできないのか…!?
死ぬの!?鉄平さん!?
やっぱり美人薄命なのね…。
でも死ぬのは、ズルいよ…。


来週は最終回ということで、スマステーションにも出るらしいし。
局違うのに、さすが!


私も鉄鋼ウーマンの端くれとして、明日から頑張るかー。


苦悩する顔も美しい鉄平さん↓


『華麗なる一族』オリジナルサウンドトラック



『華麗なる一族(上)』

『華麗なる一族(中)』

『華麗なる一族(下)』 著:山崎豊子



ランキング
ポチってくれたら嬉しいです♪



にほんブログ村 トラコミュ 木村拓哉主演ドラマ 「華麗なる一族」へ
「華麗なる一族」


【参考】
 華麗なる一族

映画『華麗なる一族』


smap

ラブアイコンホームふきだし


ランキングナビ







最終更新日  2007.03.11 22:23:09

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.