000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2007.04.10
XML
テーマ:本日の1冊(2583)
カテゴリ:


『青空のむこう』

著:アレックス・シアラー


突然の事故で死んでしまい、
<死者の国>へやってきたハリー。

しかし、「やり残したこと」があると、この先の、
<彼方の青い世界>へ向かう事が出来ないらしい。

ママを探して150年も<死者の国>にいる、
アーサーと一緒に、「やり残したこと」をしに、
ハリーは<生者の国>へと降りていく。

ハリーの「やり残したこと」、それは…。



突然死んじゃったら、どうなるんだろう?
それも、誰かと喧嘩したまま、死んじゃったら…。
そりゃおだやかに成仏できるはずないよね…。


いつもいつもいつもいつも、姉弟喧嘩をしている、
僕ハリーと、姉のエギー。

その日も、いつもと同じように喧嘩して、
「ぼくが死んだら、きっと後悔するんだから!」
「後悔なんてするわけないじゃない!大喜びだわ!」
と言って、僕は死んじゃった。

死ぬわけないと思ってるから出てきた言葉なのに、
ほんとに死んじゃって、それを謝りたくても、謝れない。

語り口は子供なんだけど、目線のシビアさに、
ドキっとする物語。


いわゆる<あの世>ってとこに来て、永遠の黄昏を抜けて、
<彼方の青い世界>と呼ばれるところに行くのだけど、
そこになかなか行けず、さまよってる幽霊が、
この世にもあの世にも、たくさんいて。

こんなにも人は、<この世>に思いを残して死ぬのか…。
まぁそりゃそうだ。
大往生だと思われるほど長生きしても、
あぁあれやりたかった…ってことって、絶対あるんだろう。

しかも、喧嘩したまま死んじゃったら…。
絶対<あの世>になんて、行けない。


150年も<あの世>でさまよってるアーサーに連れられて、
<この世>にちょっと戻ってきてみたはいいけれど、
学校中が悲しみに沈んでるだろう、と思ってたのに、
ロッカーも机も、すでに別の子に使われてたり、
一番の親友だった子が、嫌いだった子と仲良くしてたり。

自分が死んでしまっても、日々は変わらず流れていく、
その無常さに、ハリーならずともショッキング。


でも、仲の悪かった子が思いをつづった作文を読んだり、
沈みきった家族の姿を見て、気持ちは変わっていく。

残された人は、自分を忘れてしまったわけでは決してなく。
逆に、いつまでも悲しんでいる家族や友人の姿は、
死んでしまった自分を、辛くさせる。

「僕はここにいるよ。そんなに悲しまないで」

だけど、その想いを伝えたくても、伝えられない。

お姉ちゃんに、「ごめんね。大好きだよ」と言いたくても、
伝えられない。


そんなハリーの、強い強い気持ちが通じた時。
<彼方の青い世界>へと、ハリーは向かう。

「さあ、行こう。
 出発だ。
 ぼくの目の前には、青い大きな海が広がってる。
 行くよ。
 さあ、行こう。
 今度こそほんとにさよなら。
 ちゃんと見守ってて。
 すぐ行くから。
 忘れないで、心配いらないってこと。
 大丈夫。
 みんな平気だよ。
 じゃあ、行くね。
 今度こそ。
 出発だ。
 ほんとに。
 うん。
 絶対だ。
 それじゃあ。
 幸運を祈っててね。」


<彼方の青い世界>に行った後は、どうなるんだろう…。

150年をかけてやっと出会えたアーサーのママの言うように、
死んでしまったら、なくなってしまうのでも、
そのまま生まれ変わるのでもなくて、
誰かの新しい命の、一部になるんだろうか…。


その人に、もう会えなくなるかもしれない、
これが最期になるかもしれない、と思ったら、
いつでも笑顔で「またね」って言いたいな、と思った、
一冊でした。



ランキングも
よろしくお願いします♪


【参考】
◆アレックス・シアラーの著書は→ 楽天ブックス


本
読書感想

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 本ブログへ

ランキングナビ 







最終更新日  2007.04.10 18:19:26

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.