000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2007.04.19
XML
カテゴリ:


『ホームレスになった』

著:金子雅臣


人はなぜ、路上生活を始めるのだろうか。

外資系企業の管理職、出向させられた技術部長、
タクシー運転手、単身赴任者、出稼ぎ労働者…。

経済的な事情でなくても、人はホームレスになる。
家族や友人との人間関係が崩壊した時、
家より路上を選ぶ人がいる。

なぜ生活保護を受けられないか。
「福祉が人を殺す」という言葉の意味とは。
都庁で労働相談に携わる著者が見た真実。



普通の人が、ホームレスになってしまう現代。
人間的に欠陥があるわけでも、
やる気がないわけでもなく。

ほんのちょっとしたきっかけで、
路上に転落してしまう人たち。

いつの間にそうなったのか分からないのに、
気づいたら、そこまで追い詰められていた人たち。

そうなる前になんとかできなかったのか、
という言葉など、虚しい台詞にすぎない。

ということは、自分も明日には、
そうなってしまう可能性がある、ということで。
他人事ではない恐怖。


普通ならば、羞恥心や自尊心があれば、
思い止まるのではないかと思うけれど、
それすらも放棄してしまうほど、
追い詰められた人たち。

経済的な事由よりも、「帰る場所がない」という、
心理的なダメージにより、路上生活を選ぶ人たち。


そして、「住所がない」ということは、
単に住む場所がない、というだけではなく、
普通に住所があれば、何の問題もなくできる、
あらゆる諸手続きが困難になる、ということ。

病院に入院することすらままならず、それは、
路上で死を迎えることを意味する。


生活保護という制度も、
実際にそれを必要としている人には、
何の役にも立たないという、
弱者を切り捨てる社会の実態。


景気が回復してきているだとか、
求人が増えているだとかいう実感よりも、
路上で生活している多くの人を見た時の恐怖
(彼ら自身への恐れや嫌悪ではなく、
そういう生活を強いられる人がいる社会への怖れ)
の方をより一層強く実感した、一冊でした。



ランキングも
よろしくお願いします♪


【参考】
◆金子雅臣の著書は→ 楽天ブックス


本
読書感想

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 本ブログへ

ランキングナビ 







最終更新日  2007.04.19 19:06:18

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.