6979015 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2008.06.27
XML
カテゴリ:映画



『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』



19世紀のロンドン。
無実の罪で投獄された男(ジョニー・デップ)が、出所後、
名前をスウィーニー・トッドと変え、姿も変えてフリート街に戻り、
理髪店を開く。

ミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)の協力を得、
自分を陥れて妻子を奪った者への復讐を誓い、
カミソリ片手に目当ての客を待っていた。



血まみれの映画でした。。。

ティム・バートンおなじみの、アニメーションのような、
幻想的なモノクロームの景色に鮮やかにはじけるルビー色の、
血、血、血。

何の知識もないまま観たのだけれど、ミュージカル映画?
歌うと言っても高らかに歌いあげるんじゃなくって、
深い怨念や執念を腹の底から響かせる、みたいな。

キャプテン・ジャック・スパロウとはイメージ違うけれど、
ジョニデの怪しさ満載。


美しい妻に横恋慕した悪徳判事に陥れられ、
そして娘までも奪われ。
ただひたすら復讐のみを誓って生きてきた男、ジョニデ。

その男も怖いけれど、彼に協力しちゃうミセス・ラベットの方が、
よく考えたら怖いよね。

だって別に自分は誰も何も恨みがあるわけじゃないのに、
ジョニデへの協力という名目で、アレをソレにしちゃうんだから。
おまけに、奥さんのこと隠してたし。
男の恨みより、女の執念の方が怖いという(笑)。

愛って、一歩間違えると怖いものなのね…。


それぞれが、愛しすぎるがゆえに悲劇を招いてしまう。
アンソニーとジョアナの若い2人の純粋な愛と対比する、
ダークで歪んだ愛情のうずまく映画。

中世の暗い街で繰り広げられる、貧しい人々の暗い生活。
そこに飛び散る赤い血は、愛なのか憎しみなのか…。


ティム・バートン&ジョニー・デップという期待を裏切らない、
ファンタジックでグロテスクな映画でした。



ランキングも
よろしくお願いします♪

【参考】

 スウィーニー・トッド 公式HP
 ジョニー・デップ インタビュー


tv
映画レビュー

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングナビ 







最終更新日  2008.06.27 10:03:28

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.