6600368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2008.12.07
XML
テーマ:DVD映画鑑賞(9197)
カテゴリ:映画



『サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ』



ジャスティン(ルー・テイラー・プッチ)は17歳。
いまだに親指を吸うクセが治らない。

傍からみれば、何不自由なく恵まれた普通の高校生。
だけど自分は欠点だらけと思っている。

ある日、かかりつけの歯医者のペリー先生(キアヌ・リーヴス)から、
催眠術をかけられ、サムサッキングのクセは一時的に治るものの、
不安に駆られたジャスティンは極端な行動に走って、
抗うつ剤の投与を命じら れてしまう。



またこの男の子が、可愛いんだ。
指しゃぶってても可愛い♪
シャケ写はちょっとオタクっぽいけれど。


17歳になっても、指しゃぶりの癖がぬけないジャスティン。
指をしゃぶるのは、どういう潜在意識だっけ?
赤ちゃんは純粋に、おっぱいの替わりだろうけれど。

ジャスティンの場合は、やたら男らしくあることを強調する父親。
年甲斐もなく俳優に入れあげてる母親。
妙に物分りのよい大人びている弟。
ジャスティンを何かにつけこけにしようとする高校の先生。
ジャスティンの気持ちを知りつつ、つれない憧れのクラスメイト。

そういうモロモロが原因であろうということが、
見てる私たちは分かるんだけど、ジャスティン本人を始め、
回りの人間も気づかない。


ジャスティンの親指しゃぶりを無理やりやめさせようとする父親。
そりゃ確かにみっともないかもしれないけれど、人前ではしないんだし。
誰にでもやめられない、人には言えない癖の一つや二つあると思えば、
無理に止めさせなくてもいいと思うんだけど。

だけども、クラスメイトの女の子といい雰囲気になった時に、
指しゃぶりを止めさせようと、父親が親指に書いた文字は何かと問われ、
答えられない。

その上、歯列矯正じゃぁ追いつかないと思った歯医者が、
自己流の催眠術をかけてしまい…。
キアヌが、こんな映画(と言っちゃぁ失礼だが)に出てるとは。


親指しゃぶりの原因が何なのか、そこを突き詰めようとせず、
ただ指しゃぶりを強制的に止めさせたもんだから、余計に情緒不安定に。

抗うつ剤のせいでハイになっちゃったジャスティンは、
ディベート大会でも止まらない。
口先だけで相手を打ち負かすことだけに快感を覚えるように。


そんな情緒不安定のジャスティンの犠牲に弟もなっていて。
この弟くんだって、ツラかったハズだよねぇ。
両親はお兄ちゃんにかかりっきりなんだもの。


指しゃぶりから始まり、薬、弟、ディベートと、
ずっと何かに依存していたジャスティンだけど、
自分の意思で大学を選び、NYに向かう飛行機の中で見る夢は、
コンプレックスを克服し、夢を叶えた自分の姿。
まだまだ指しゃぶりのクセは直りそうにないけれど。


オリジナル・サウンドトラック


【参考】

 サムサッカー 公式サイト


ランキング励みになります♪
↓        ↓
ランキング  にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ






tv
映画レビュー
ラブアイコンホームふきだし

ランキングナビ 







最終更新日  2008.12.07 14:11:21

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.