6542581 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2009.12.04
XML
テーマ:お勧めの本(4423)
カテゴリ:


『ザ・ウェーブ』 著:モートン・ルー


ハイスクールの授業で実際におこった、不気味な事件。

熱心な歴史教師ロスは歴史の授業で、ナチスの残虐行為を描いた、
ドキュメンタリー映画を見せる。
呆然とする生徒たちから上がる質問に返答できなかったロスは、
「ナチスでの生活の一端を再現して体験させる」授業を行う。

始めは半信半疑だった生徒たちも、いきいきと参加するようになり、
それは次第に、教室の外へも広がっていく。

少女ローリーは、その集団的圧力に恐ろしさを感じていたが、
誰もがそれに陶酔している今となっては、手の出しようがなかった。



歴史の授業でナチスの映画を見た生徒たち。

「なぜ誰もナチスの横暴を止めなかったのか」
「なぜナチスがしていることを知らなかったなんて言えたのか」
「なぜ誰もナチスから逃げ出さなかったのか」
「なぜ誰もがナチスの命令に従ったのか」

生徒たちの質問に答えられなかった教師は、ある実験を試みる。
教室をあるチームとし、そのチーム名を「ザ・ウェーブ」とし、
「ザ・ウェーブ」のモットーを決め、返事の仕方を決め、
敬礼の仕方を決め、「ザ・ウェーブ」のマークを作り、
旗を作り、反姿勢への監視役を決める。


最初は半信半疑だった生徒たちも、たちまちこの「ゲーム」に、
夢中になる。
統率され、やるべきことを示され、そしてそれに従うのは、
なんと気持ちよく、素晴らしいことだと。

次第にその「ゲーム」は、教室を出て学校中に広がり、
そしてエスカレートしていく。

「ザ・ウェーブ」に対して批判的な生徒はすぐに密告され。
フットボール観戦で、「ザ・ウェーブ」の敬礼をしないものは、
席を分けられ。

その「異常さ」に気付いた女子生徒は、友人たちに必死に、
おかしいと訴えるも、それに陶酔してしまっている集団の前では、
なすすべもなく。


こんなに簡単に「集団」に飲まれてしまうものなのか…。
と、ゾっとする。

「私だけはならない」と思っていても、その力が、
明らかな悪意の形をしたものではなく、正義の仮面を被って、
忍び寄ってきたら…。


かなり前に見たドイツ映画、es(エス)を思い出した。



こっちは、その「役割」において、人は残虐になり得る、
という「実験」だったけれども、「陶酔」というか「集団」というか、
その力の前では、人はいとも簡単に操られてしまうということ。


戦争や思想や宗教。
そうやって大きな力に普通の人々が駆り立てられることが今度、
ないとは言えないと思い、怖ろしく思った、一冊でした。


これもドイツで映画化されたそうです。

『Die Welle』

やっぱりドイツという国は、あの恐ろしい歴史を国民の罪として、
過去のことではなく、今でも何かしら背負っているんだろうか。



ランキング
励みになります♪



本
読了書棚

ラブアイコンホームふきだし

★そのほか話題の記事はコチラ→ランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ







最終更新日  2009.12.16 10:16:31

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


v_のん_vさん

わんわんお

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  SMAP  映画    読書 

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.