6982871 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2010.01.28
XML
カテゴリ:映画


『最高の人生の見つけ方』


実直な自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)と、
豪放な実業家エドワード(ジャック・ニコルソン)は、
ガンで入院した病室で出会い、ともに余命半年を宣告される。

“棺おけに入るまでにやっておきたいこと”を書き出した、
“棺おけリスト”を作った2人は、リストを実現させるため、
人生最後の旅に出る。



ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマンという、
2人の大俳優の名演というか怪演が、さすが。

画面上にいるだけで圧倒されそうな2人が、
人生の末期を迎える老人を切なく、そしておかしく演じる。


病室で出会った、それまでの人生で何の共通点もない2人。
唯一同じなのは、余命半年ということ。
普通に生きていたら決して交わることのなかった2つの人生が、
病室で出会う。


今までの人生がずっとそうだったように、「諦め」という形で、
静かに死を受け入れようとするカーター。
ジョークと皮肉で、自分の死をも笑い飛ばそうとするエドワード。

どちらもその裏には、死への恐怖と、生への未練があり。
最初は我関せずだった2人が意気投合するのに、時間はかからず。

カーターの(無難な)「棺おけリスト」を見たエドワードは、
面白半分にムチャクチャな願望を書き込み、「全部実行しよう!」
と、カーターを病院から連れ出す。


真面目一筋、家族のために必死で働いてきたカーターは、
エドワードの奔放さ、傍若無人さに呆れ、反発しながらも、
2人旅を楽しむようになる。

カーターの四角四面さ、融通のきかなさに辟易しながらも、
世界中を連れ回すエドワード。

ただの「願望」だったカーターのリストが、次々に実現していく。
それと共に、2人の間も、ますます深くなっていく。

40何年間、ずっと我慢してきたカーター。
それは決して不幸な人生ではなかったけれど、
自分の望みや願いは、いつも後回しで。

4回結婚したけれど、今は独身を謳歌しているエドワード。
自分の好き勝手に生きてきたけれど、どこかいつも、
何となく何かが足りないような気がしていて。

しかし、逃れられない運命が、常に2人にはあり。

「涙が出るほど笑う」ことを一緒に叶えた2人。
そしてエドワードは1人で、「世界一の美女にキスをする」。


死を目の前にした2人の老人のハチャメチャっぷりに笑い、
そして涙。
人生の最後に、お互い足りないものを見つけ、満たした2人。

そんな風に、人生の最後に満たされ笑うことができるなんて、
なんて幸せな最期だろう。


余命半年と宣告されたら、何しよう?
エドワードほど大金持ちだったらば何でもできるけど、
「死ぬ気になれば何でもできる」つったって先立つものがなりゃ、
出来ないよな。

一人で寂しくても、エドワードのような生活がしたい…、
なんて思ってしまった私には、最高の人生は見つけられないな(爆)。


オリジナル・サウンドトラック



ランキング励みになります♪
↓        ↓
ランキング  にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


【参考】

 最高の人生の見つけ方 公式サイト






tv
映画レビュー
ラブアイコンホームふきだし   ツイッター小.jpg

ランキングナビ 







最終更新日  2010.01.28 16:09:30

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.