7202957 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2010.03.21
XML
カテゴリ:映画


午前十時の映画祭で『スタンド・バイ・ミー』を観た後、
『NINE』を観ました。


NINE


1964年、イタリア。
世界的に有名な映画監督、グイド(ダニエル・デイ=ルイス)は、
新作映画の撮影に取りかかろうとしていた。

しかし、撮影を10日後に控えるのに、スタッフはおろか、
プロデューサーすらタイトル以外は何も知らされていない。

クランクインを目前に控えながら脚本を書くことができず、
プレッシャーと女性たちとの複雑な関係に追い詰められていた。

そんなグイドは妻にも愛想を尽かされ、
いつしか自分の幻想世界へと溺れていく。



まぁ何といいましょうか。
絢爛豪華。
濃厚濃密。
めくるめく妄想世界。
私も妄想は得意ですけども(爆)グイドさんには負けました。

マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、
ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、
ファーギーという名前を並べただけでもその濃ゆさは、
一目瞭然でしょうが。

その彼女たちが、きらびやかな衣装を身にまとい、
眩しいスポットライトを浴び、セクシーなダンサーを引き連れて、
これでもか!ってくらいに妖艶ボディを見せつけ踊り歌うわけですよ。

画面から匂いたつような濃ゆさ!
その濃厚なイタリアンな香りにクラックラしそうでした。


ストーリー的には、スランプに陥った映画監督さんが現実逃避、
妄想の中に逃げ込んで、過去や現在に関係のあった女たちと、
アレやコレやを繰り広げるワケです。

ママがソフィア・ローレンなわけですから、そりゃ濃ゆい女たちの、
股の間を転々としたって仕方ない。
三つ子の魂百までです。

「イタリア男はこうあるべき」とファーギーの豊満ボディに迫られ、
「流行はあなたが作った」なんてケイト・ハドソンに賛美されても、
当然です。


基本は、彼の幼い頃の思い出というか記憶が、
ベースになってるんじゃないかと思うけど。
幼い男の子が思い描く、大人の女たちの妖艶な魅惑の世界。
女は保護者であり、先導師であり、教師であり、
愛する対象であり、愛を与えてくれるものであり、
インスピレーションを与えてくれるものであり、
そして破壊と破滅の原因でもあり。

そういう、グイドの脳内ミュージカルに思わず、
「ブラボー!」と叫びたくなってしまった1本でした。


どの女優さんもものすごい存在感だったけど、
やっぱりニコールが一番好きかなー。
カツラを取っても綺麗ですよあなたは、と。

ペネロペの妖艶さは、むせそうで私には濃すぎる(笑)。
いるだけの濃さでいえば、ソフィア・ローレンがダントツだったけど。



オリジナル・サウンドトラック


映画の間に時間がちょっとあったので、六本木ヒルズをぶらぶら。
電車の乗り換えも慣れてきたし、段々東京人になれてきたかなぁ?
1年近く経ってやっと(爆)。


六本木から見た東京タワー。

Tokyo Tower


映画館の中から。

TOHO六本木



ランキング励みになります♪
↓        ↓
ランキング  にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ






tv
映画レビュー
ラブアイコンホームふきだし   ツイッター小.jpg

ランキングナビ 







最終更新日  2010.03.21 15:38:59


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(279)

SMAPライブ

(218)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.