6995163 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2015.07.10
XML
カテゴリ:映画

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』


石油も水も尽きかけた世界。
元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。

資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、イモータン・ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始。

凄まじい追跡、炸裂するバトル。
絶体絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!



いやぁ超絶最高面白かった!
なんだろ、あのMADっぷりは!
頭おかしすぎる!
でも、こういうのほんと大好き!


とんでもない改造車たちがバーン!ってなってバーン!ってなってバーン!っていう映画なんだけど(何)、ディテールがものすごく気になるものばかり。

イモータン・ジョーの身体に粉吹きかけてるシーンとか。
搾乳シーンとか。
ウォーボーイズって何者なの?
どうやって生まれたの?とか。
ジョーの息子は一体何人居るの?とか。

嫁たちは若くて可愛い子たちばかりだけど、そんな人間がまだ残ってるの?
どこから連れて来られたの?
彼女たちのすごい貞操帯、よく見てみたい。

でもなんだかんだ言って、ジョーは嫁たちを大事にしてたよね。
たとえそれが自分の後継者を産ませるためだとしても。

どこに行っても毒と砂しかない世界ならば、囚われの身であっても、緑と水が豊富にある場所にいられるってことは、幸せなことなんじゃ?
と思えないほど、ひどい虐待でも受けてたのかな。
まぁ顔や身体に無数の焼印が押してあるってことは、過酷な外の世界の方がいい、と思うほど辛かったんだろう。

意外に息子たちへの待遇も、いいしね、ジョー。
ウォーボーイたちも、「ジョーのために!」って、そりゃもちろん洗脳されてたんだろうけど。
それだけのカリスマ性がある、ってことだもの。


というか嫁たちの衣装、ヒラヒラしすぎじゃね?
あれじゃぁタイヤに巻きついちゃうよ。
強いけどな、嫁たち。


あのポールの先にぶら下がって攻撃仕掛けてくるヤツとか、どうなってるの?
ヤマアラシのトゲトゲは何が刺さってるの?
フュリオサの仲間の婆たちは何者?
なんでそんなに強いの?

とかね。


もう、監督、クリエイターたちが好き勝手に作ってみました、みたいな造形がたまらん。
車にしろ衣装にしろ変な人間たちにしろ。

搾乳婆たちが抱えてるものも詳しく見てみたいし。
炎のギターリストの顔も、じっくり見てみたいし。


まぁ前作を見てなくて、ちょろちょろっとyoutubeとかで見てみたその程度で語るな、ですけど、今作の世界観の方が、好きかな。
もう、まったく人間が生きてる気配のしない世界。


本当に最高MAXアドレナリン大放出。
叫んでもないし踊ってもないのに、アドレナリンがドバー!っと出てくるのを感じるくらい。
万人にお勧めできる映画ではないけれど、私の中ではコトイチです。












最終更新日  2015.08.14 17:34:26

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.