427835 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

monchihoshi

PR

プロフィール


もんち*

コメント新着

もんち*@ Re:HBTY(06/04) あっという間の一年だけど 長かったな り…

バックナンバー

January , 2020

カレンダー

全1357件 (1357件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

November 25, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

表面は乾いてるのに、


繊維の奥だけ乾燥してない感触の服

ヒヤリ、冷たい

 

雨が降ると分かっていたのに

ボタンを押してしまったせい

 

瘡蓋の内側は、見えない嵐

 

灰色の空を、白と黒にきれいに分けたら

その間から青空が望めるかな?

 







最終更新日  November 25, 2019 02:26:09 PM
コメント(0) | コメントを書く


November 3, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

皆それぞれ同じ面積の庭が用意されていて、

そこにどんな種を植えるのも自由で

大きな木を抜いた残骸の残る 庭を持つ私は

もうずっと、新しい種子はいらないと言っていた

 

それでも、土を耕したくなった

逞しくて繊細な枝葉を見て、

新しい葉をつける種子を植えてみたくなった

 

どうして…悲しみを生むような果実ばかりつける種子を

選んでしまうのかという問いは

まだまだ答えが出ないけど

 

思い残すことなく、生きて

味わい尽くして死ぬと決めたから、

実った実が苦くてどうしようもなくても、

頭がおかしくなるような麻痺の効果があっても、

全て 味わい尽くした

 

ふいに麻酔が切れて

ずっと眠っていた私が起き上がる

 

いいよ、

私らしい果実じゃないか

 

 

いつかの

あなたの 心細そうな声を思い出す

何度も何度も同じことを繰り返して、

狂おしさを、私に「話せる」ということが

幾分かあなたの救いになっていたんだろうなと

 

あなたの声を反芻して

声を、重ねる

傷跡を、優しくなでるように

 

根の奥の穴でくるまる

仄暗くて、暖かい…

 

ここの温度と湿度以上に

安心するものはないなと思う

 







最終更新日  November 25, 2019 02:29:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 1, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
歯ごたえのない果実を口にして

ごくりと飲み込む

 

もうとうに結果が出ていることを

分かろうとしない

 

心が理解する瞬間に 思考停止する回路

 

その回路を停止させる直前に

時限爆弾を仕掛けるようなことをして

一つ歳を重ねた未来の自分に先送りする

 

次こそ

本当に爆発して粉々に散るかな…

 

いつか、あの花火は美しかったなと

思い出せたりするんだろうか

 

何が正しいのかを説く君

何が嬉しいのかを説く君

 

拮抗しているせいで

花火は残像として脳内に轟く






最終更新日  November 1, 2019 11:04:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 22, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

見た夢が 願望すぎて

夢の私は正直だ

 

障害があるほど 相手を好きになるとして

私が好きなのは その障害なんだろうか?

 

死の方向、遠くを見つめ続けていた人

私の言葉が聞こえない、自分の声にも耳を閉ざしてきた人

 

どちらと居ても 平熱じゃいられない

前者は地獄落ち… 後者はもどかしくて気が狂う

 

それでも それでも好きだったけど

今 私が、できることは

あなたの幸福を願って

手を合わせるようなこと

 

私の想いは狂気で、誰かを傷つけてしまうから

線と滲みにして

自己完結させる

 

嘔吐したものを食べて、また吐くような…

そんなことをずっとやってきたから

大丈夫

 

ここで、また 吐いてしまったものを

舌を這わせてきれいに舐めとって

紙に写し取っていくだけ

 







最終更新日  October 24, 2019 09:13:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 19, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

海から見た陸上は 死の世界

陸から見た海中も 死の世界

 

片側から見た世界は 同じ、死の世界

 

その境界は浜辺にあって、

生と死の波打ち際はゆりかごのように揺れてる……

 

 

私の中で、いつか植えた種が芽を出す

大切な種がたくさん私の中に眠っているけれど

圧倒的に時間も養分も行き届いていない訳を探す

 

眠った種子が夢を見て、これはこういうことなんだよと囁く

 

とうに萎れても良いほどの大輪の百合が

水と養分を必要としすぎるせいだと

だから 他の種子がなかなか芽を出せないのだと

 

根元から手折ってしまえば?

段々と萎れ生気が消える……

その様子は生と死を一緒に孕む 波打ち際と同じ

 

 

死の世界から見た生の世界は 死の世界…

枯れて行く様は 生まれる瞬間でもある

 

まだ、柔らかく冷やされていたあなたの肢体は

死への階段を下り、産声をあげるのを待っていた?

 

そうだったらいいなと願う

そろそろ…

向こう側の世界では 言葉を話し始めてる頃かな

 







最終更新日  September 22, 2019 10:18:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 15, 2019

カテゴリ:カテゴリ未分類


 

目の奥と脳は繋がっているので

語らずとも 心は外に漏れ出るのです

 

私の目を怖いという人は

私の考えてることが怖いんだろうな…

 

緊張と弛緩

 

鏡は自分を映し出して、私自身にも恐れを産む

……少し、緊張しすぎてたのかな

バランスが必要

 







最終更新日  July 15, 2019 10:33:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

想いと、反対のことをしてみて やっと……気付いた

どれだけ齢を重ねても、自分のことを分かってないんだな

 

心に、どれだけ言葉で言い聞かせても 拉致があかないこと

心が、自分から動いてくれるのを 待つしかないこと

 

……しょうがないなぁ

昔からほんとに……何にも変わってなくて、笑ってしまう

 

昨晩、私の肩を濡らした雨も同調していた でも

 

何も変わらないけど

あの頃と ひとつだけ、変わったよねと

星の見えない空を見上げる

 

私はここで生きていける

 







最終更新日  July 15, 2019 10:19:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 7, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

私がわたしであるために

必要な寂しさに出会う

 

こんなもの抱えてられない!

と、投げ出してしまいたいくらい

取り乱してしまうけれど

 

大雨のあとの空のように

その時にしか出会えない 私が居る

 

真夜中の雨音のように強く恐ろしく責め立てる存在から目を背けたくて

誰かや何かに助けを求めてしまうけれど

私に出会う為に必要な通過儀礼なんだよ

 

 

こんな寂しい場所で

話ができる人なんて居ないよ

 

あなたと 話がしたいよ…

 

降りて来てよ

 

ここまで

 

雨粒と一緒に

 







最終更新日  July 7, 2019 03:44:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 12, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

吐きそうに気持ち悪いと感じてしまうことがあっても、

あの時と比べたら全然……と

自分を落ち着かせられるどん底を経験してるのは強いね

 

あの頃

どん底の下にひかれた紙を一枚一枚めくりあげて

階下へ降りて行ける階段を探して……

でも

私に残された光が

側でいつも私を照らしてくれたから

 

私が今ここに生きられて居る理由が

目の前で息をして

悲しい時に泣いて

思いっきり笑っている

 

どん底から地続きのこの世界は

息ができないくらい 美しくて尊いよ

 

今、私が抱えてるものの

ちっぽけさを想うと笑えるね

 







最終更新日  March 12, 2019 08:24:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 3, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

今 目の前のことから逃げてしまったら

その先の人生でも 同じことを繰り返してしまうものかもしれない

 

 

だから より深い本当と思える方向に

チューニングを合わせていけるようでありたいけれど

 

あまりに長い旅は

疲れて果てて 浮き上がってこれなくなってしまうこともあるから

 

嘘だと分かっていても

ひと時だけ おとぎ話を信じるような時間がないと

やってられないこともあるのかもしれない

 

 

願わくば、あなたの足元に美しい花が咲きますように……

その花が風に揺れて

「きれいだね」と微笑み合うような 時間を過ごせますように

 

 

ガラスみたいに脆い陶器

次々に割れた痕跡を 金継ぎでつないであるお皿でも

そのつなぎ目は美しい

大丈夫

 

傷もなく

初めから完璧なものなんて存在しないのかもしれない

 







最終更新日  March 3, 2019 09:18:22 PM
コメント(0) | コメントを書く

全1357件 (1357件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.