825717 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

金のなる木を投資で増やそう

2006為替FX投資方針

2006年の為替FXの投資方針です。

■外貨(FX)投資方針■

「金のなる木」を増やす、のが方針です。

外貨はその高い金利が魅力です。
保有する外貨は毎日僕たちにお金を運んで来てくれます。
ほうっておいても勝手にそうしてくれます。
なんとよい「金のなる木」なのでしょうか。

「金のなる木」投資的には、外貨FX投資は以下のように
考えることが大切だと思います。


1.金利が受け取れる側でポジションを取ること。

2.高金利通貨を買うこと。

3.1ポイントでも安く買おうと心がけること。

4.一度にどかっと買わない。少しずつ買う。

5.買値は、忘れること。

6.ポジション調整をする場合は、高値で買ったポジションから整理する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.金利が受け取れる側でポジションを取ること。
  →いうまでもありません。私たちは金のなる木を買うのであって、
   肥料ばかりかかって金の生らない木は買ってはいけません。

2.高金利通貨を買うこと。
  →できるなら金のフルーツの大きい木を選びましょう。
   複利のパワーを考えるなら、1%でも後々大きな差になります。

3.1ポイントでも安く買おうと心がけること。
  →少しでも安く手に入れようという気持ちが大切です。

4.一度に買わない。少しずつ分けて買う。
  →上がる、と思っても下がることが良くあります。
   「上がる下がるは五分と五分」を忘れないようにしましょう。
  →分けて買ったほうが、結局は安く手に入るものです。

5.買値は、忘れること。
  →金のなる木を買い、毎日実を生らせてくれるわけですから、
   買ってしまったあとは、買った値段から上がった、下がったと
   いうことはあまり気にしないほうがよいです。

6.ポジション調整をする場合は、高値で買ったポジションから整理する。
  →基本的には、買った金のなる木は、一生売らない!くらいのほうが
   よいのですが、時には「買いすぎた。少し減らしたい」というとき
   もでてくるでしょう。
  →そのときは、高い値段で買ったものから処分します。
   利益はできるだけ先延ばし(損だしを先に、利益出しを後に)
   するほうが税金が安く済むからです。
  →また高値で買ったポジションを整理し、安値で買ったポジションを
   保持することにより、保持ポジションの平均買い単価が下がり、
   安心してポジションを保持することにつながります。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.