733380 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

金のなる木を投資で増やそう

PR

Profile


moneytree7

Freepage List

Category

Archives

Favorite Blog

ICUの医療スタッフ達… New! 原田ミカオさん

日本電計(9908)---一… New! 征野三朗さん

自分の顔を愛する人… ロングステイ777さん

業績上方修正して、… toms2121さん

価格・商品・性能比較 MOMO0623さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ゴゴジャン:屋敷@ Re:MonotaRo(3064.T) 2017/12月期(07/01) ●【マネックスFXPLUS】アフィリエイト広告…
てつお@ Re[2]:エスエムエス(2175.T) 2015/3月期(08/01) 分析していただいてありがとうございます…
moneytree7@ Re[1]:エスエムエス(2175.T) 2015/3月期(08/01) てつおさん 2480システムロケーション、…
moneytree7@ Re[1]:エスエムエス(2175.T) 2015/3月期(08/01) てつおさん コメントありがとうございま…
てつお@ Re:エスエムエス(2175.T) 2015/3月期(08/01) いつも拝見させていただいております。 も…

Headline News

Calendar

Rakuten Ranking

October 11, 2007
XML
もう何回も自分自身に言い聞かせていますが、何度言っても、都度都度
思い出さないといけない言葉だと思っています。

相場・・市場の思惑などで出来る、ウネリや上下動をとっていくこと。トレーディング。
投資・・価値を増す(生む)実物資産を買うこと。

という定義だと、自分では思っています。これが一番しっくり来る定義のような
気がします。

一般的に「相場」は難しい。

人の気持ちは移ろいやすく、情報に振り回されて、フラフラしています。
自分自身を考えてみても、相場をやっているときは目先の情報に振り回されて
今日は上げだ、下げだと騒いでいて、どっちなのかは相場任せ、だから結論も
なく、結局相場が上がったら、ああ今日は上げだったか、下がったら、
ああ下げであったか・・というようなことになります。

ということなんで、この上下動を当てなければゲームに勝てませんが、
とにかく当てることは難しい。
だからついつい熱中するゲームとなってしまいますが、気がつくと勝ったり負けたりを
繰り返していて、結局お金はあまり増えていない。(逆に減ってたりする)

相場をやって食っていけるいわゆるトレーダーは、多分ほんの一握りの
人たちだと思います。
だから、とても尊敬に値すると思うし、スゴイと思います。

だからみんなあこがれるのですが足元をみたとき、それをやってメシが
食っていけるかというと、多分ほとんどの人が撃沈するのではないでしょうか。
(なんかいろいろやってみたが、どうも僕も当面無理っぽい(^^;
あきらめる必要もないが、目先はこれでは食っていけんのも確か。(笑))

一方の「投資」。

見方にもよると思うのですが、「相場」より比較的易しいと思っています。
(というと、そんなことはない、「投資」も難しい、と反論あるかもしれませんが(^^;)

どうしてかというと、もともと勝手に増えていく性質のものを買い、
基本ほっておくだけだからです。

増えていく性質のものとは、僕が認識しているこのような実物資産は。

・毎年黒字を続ける会社の株式
・収益不動産物件(いい立地のもの。先々店子が入らなくなるのはダメ)
・債券
・高金利通貨
・軌道に乗った事業
・権利ビジネス
・書籍などの著作権・印税

といったところでしょうか。
「軌道に乗った事業」というのはほったらかしで人任せで動くものかそれとも
自分が社長として汗水たらさないと、なり行かないものかによって、資産かどうかは
分かれると思いますが、ここでは社長やオーナー自ら動かなくても勝手に稼いでくれる
状態になったものを指します。

おそらく、大きな財を成している人は、これらのいずれかに早くから「投資」し、
複利の効果でそれを増大させている人、ということになるかと思います。

「株式」がなぜ「投資」・資産なのかというと、投資している先の会社が黒字を
続けている限り、配当ですべて払い出しがされてなければ、内部留保金として、
バランスシート上の会社の純資産=株主資本が毎期・毎年増えていくからです。

つまり、会社の人たちが社長以下必死で毎日働いてくれれば、株式の価値は
毎年騰がっていくわけです。

ここに投資するわけですから、損をすることはありません。
とにかくホールドしておれば少しずつでも毎日、価値が増すものですから。

会社ごとに、その騰がっていく角度(スピード)は業績によって違いますから、
スピードの速い=業績のよいあるいは良くなる株は、価値が上がるのが早いです。

ですから、如何にそのスピードの速い(業績のよい)株を見つけるか、というのが
株式投資の要諦になると思います。

ちょっとずれてきてますが、とにかくそういうわけで、本来、「投資」をやっている
場合はよほど変なことをしない限り(赤字になるような会社を買う。
相場につられて本来の価値以上の素っ高値を買う、ということを避ければ)、
損をするはずがないのです。

しかし「株式投資」をやっていると、いつのまにかニュースや値動きに踊らされて
目先の上がった下がったで売ったり買ったりしてしまって、損失出したりしています。
これは「投資」でなくて「相場」をやっているのです。

もっと落ち着いて、株式「投資」をやりましょう。

それが富を築く上で、最も簡単で安全で早道な方法だと思います。

あと、それ以外のものについても・・

為替・・トレードでなくて、金利を稼ぐこと→「投資」
だと思います。
ただし、為替FXのスワップ運用というのは、金利差の関係で
逆スワップになったりするときがありますから、必ずしも「投資」だ
とはいえないと思います。
(今は基本的に円低金利はまだしばらく続くと思いますから、
期間限定の投資ではあると思いますが。しかし将来、日本国債が
デフォルトに近いような形になり、一気に金利が上がらないとも
限らない。)

ですから、外貨MMFなどの現物投資は必ず金利もらえますから、
できたらそちらをやりたいのが本音です。

不動産投資・・まだやっていません。いいタイミングを計らないといけないので、
今は僕はやりません。やっていないので、言及を避けます。
しかしうまくやるとこれもいい投資になるのでしょうね。

ビジネス、印税・・ハードルが高い、僕には・・(^^;






Last updated  October 11, 2007 10:35:55 AM
コメント(4) | コメントを書く
[投資手法について思うこと] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.