1925255 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

田崎正巳のモンゴル徒然日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


モンゴル2008

Category

Calendar

Favorite Blog

島田隆の天職相談室 しまりゅう52さん

Comments

Freepage List

Headline News

2009.05.21
XML
今日20日はマイニング(鉱山)会社の社長さんと会ってきました。

先日のドルノゴビ旅行の帰りの列車の中で、日本語の先生のDさんがDさんの日本語勉強時代(大学生時代)の同級生だったBさんと偶然隣の部屋(コンパートメント)同士となり、再会したのです。なんでも10年以上ぶりだと言ってました。

その時、積もる話もあるだろうと、私はその会話には参加せず本を読んでいたのですが、そのBさんから日本語で声がかかりました。完全なプライベートの遊びの旅行でしたが、私が経営コンサルタントだということを聞いて、話が聞きたくなったようです。

聞いてみると、Bさんは現在鉱山の会社の社長さんですが、昨年来のリーマンショックで必要な投資が調達できなくなり困っているとのことでした。私は別に投資家でもないし、金ずるでもないのですが、一応聞いてあげて、簡単なアドバイスをしてあげました。

すると、Bさんは最後には「今度、私の鉱山にも来てください。ウランバートルへ帰ったら、またいろいろ教えてください。」と言われました。

Dさんによれば、最初は日本人のコンサルタントを名乗るといっても、どうかな?と思っていたようでしたが、私と話しているうちにどんどん前のめりになって「で、私はどうしたらいいですか?教えてください!」とまで変わったのを見てびっくりしたと思ったそうです。

私が「私たちの商売は、大体最初は『こんな奴にうちの会社のことがわかるの?』という態度で接してくる人が多いんだけど、その短い時間で最後は『だから、どうしたらいいんですか?』と言われるようになるのが、この商売の面白いところでしょうかね。」などと解説してしまいました。

もちろん、友人のBさんにビジネスとしてコンサルをするつもりではないのですが、せっかくDさんの同級生なので、列車の中でいろいろ教えられる範囲で話てあげたというわけです。

そのBさんがDさんに連絡して、私の電話番号を聞いてきました。で、今日Bさんと会ったというわけです。

オフィスはウランバートルでも一等地とでも言うべき、スフバートル広場の隣にある立派なビルの中にありました。Bさんのオフィスには大きな地図(店で売っているとは思えないような、幅2m以上はありそうな地図です)が壁に貼ってありました。

ここには鉱山の場所が示されています。金、モリブリン、鉄鉱石など、さすがに多いです。これでも大きな鉱山だけだそうで、中小を入れたらもっとたくさんあるそうです。やっぱり資源国なんだな~と改めて思うと共に、私ももっと資源の勉強をしたいなと思いました。

彼の会社の概要説明を聞き、財務諸表、事業計画など一通りを聞きました。彼が望んでいることは、私が直接解決できるわけではないですが、いくつかアドバイスはできますので、いろいろ話しました。概して、モンゴル企業はモンゴル外の投資家への説明などはまだまだ不慣れのようです。

4時40分くらいになって、突然「スモウは好きですか?」と聞いてきました。鉱山の話をしているのに、全然関係ない話です。私が「スモウ?」と聞き返すと、「はい、スモウです。」と言います。

私が「スモウって朝青龍とか白鵬とかの相撲?」と聞くと、そうだと言います。私は時間を見てピンと来ました。日本の6時はモンゴルの5時です。もうすぐ横綱の取り組みが始まるのです。

早速テレビのある部屋に移動しました。やたら立派な大きなプラズマテレビがあり、朝青龍戦をやってました。他からも人が来て、集まって見ています。

そういえば、数日前もどこかで見たような・・・モンゴルの男性は、日本の相撲が気になってしょうがないようです。この時間の視聴率が70%とか80%とか言われますが、多分本当でしょう。

当たり前ですが、相撲に関しては日本での人気や熱気よりはずっとこっちの方が上です。気分としては、私が毎朝、ネットでイチローや松井の成績を見て一喜一憂しているのと同じなのでしょう。私も日本にいるとき、朝のBSの大リーグ中継は良く見ていましたから。

相撲を見ながら、気になることを一つだけ聞きました。「モンゴルでは朝青龍と白鵬とどっちが人気ありますか?」と聞くと、即座に「朝青龍」という答えが帰って来ました。

私が「そうですよね、白鵬はちょっと優等生的ですから、私もやんちゃな朝青龍の方が好きです。」と言いました。ですが、理由はどうも違うようです。

「白鵬は日本人と結婚したでしょ?あれで人気がなくなったんです。」だそうです。もちろん、好き嫌いにはいろんな要素があるのは確かだと言ってましたが、一番の理由はこの「日本人と結婚したこと」であるのは間違いないそうです。

モンゴル人は、血筋問題なのか、自国主義なのかわかりませんが、嫁さんが誰かまで拘るんだなと思いました。やはり国を代表する英雄には、純血でいて欲しいのでしょうか?


で、見終えいて部屋に戻ってきました。

もしかして、一度彼の経営する鉱山を見に行くことになるかも知れません。とはいえ、ウランバートルから500km以上は優にありますから、簡単ではないです。

列車で11時間プラスランドクルーザーで5時間くらいでしょうか?ただ、現地現物、見ないことにはずっとわからないとも思っています。

明日も、別な会社でマイニング会社についての相談です。ま、当分は仕事にはなりませんけど、こうして少しずつ私もマイニングについての知識をためることができるかもしれません。

Bさんは、今度は食事しましょうと誘ってくれました。こっちで何人かの経営者と会いましたが、皆私の話を聞きたがります。その後また会ってほしいとも。ですが、お金を出してコンサルを受けるというところまではいきません。ま、私レベルではまだまだそんな程度です。

ですが、どうも私には大学教員生活よりは、やはりビジネスの現場の人と会っているのが合っているようです。楽しいですからね。






Last updated  2009.05.21 01:51:21
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.