1925576 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

田崎正巳のモンゴル徒然日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


モンゴル2008

Category

Calendar

Favorite Blog

島田隆の天職相談室 しまりゅう52さん

Comments

Freepage List

Headline News

2009.10.28
XML
今日は、モンゴルで現在進行中のリゾート地を見に行ってきました。

モンゴル人の友人のBさんがコンサルティングをしている先が、モンゴルでリゾート開発を進めています。

その中で、ある施設について私に相談がありました。私は即座に「それなら、日本にいるKさんに相談するのが一番いい」と考えました。

Kさんは、私がコンサルティングを始めた時の同僚です。彼女はその後、リゾート関係の再生ビジネスを経て、リゾート施設関係の会社を経営しています。

私は早速モンゴルから彼女のオフィスに電話をしました。突然の電話であるにもかかわらず、彼女はすぐにこちらの事情を理解してくれました。

他でも何度もこういう経験をしてきましたが、20年もの時を経てもすぐに打ち解けわかりあえるのが、コンサルティング仲間のいいところです。しかも、相当の信頼感をベースに。

一緒に仕事をしたのはたったの3年なんですが、長年会ってなくても、連絡取ってなくても、その信頼関係がずっと続くところにこの世界のすごさを感じます。先月来蒙したUさんも全く同じです。

というわけで、メールや電話ではなかなかわからない部分もあるので、「旅行がてらに一度来てみてよ」と来てもらうことになりました。

そして、昨晩遅い飛行機で到着し、今日Bさんと一緒にKさんを連れてそのリゾートの建設中の現場に行って来たというわけです。

早速、現地へ行ってみました。そこはウランバートルから車で20kmほど(直線距離では12kmくらい)の、都心からはかなり近いと言える国の自然保護地区の中にあります。

リゾート地は、スキー場、ゴルフ場そしてホテルからなる複合施設です。

まずは今年中にオープンする予定のスキー場を見ました。私はスキーが好きなので、興味深々でした。Kさんの専門とは関係ありませんが、私の方がいろいろ質問してしまうほどでした。

ski
これがスキー場です。来月のオープン目指して、人工雪をまいています。




jinkouyuki
人工雪の機械は、こんな感じでフル稼働していました。

モンゴルは、もちろん自然の雪も降りますが、たくさん積もるということはありません。ですが、一旦積もれば、気温が低く簡単には解けないので、長持ちするでしょう。

おそらく、人工雪と自然の雪のミックスで雪面を作ることになるだろうとのことでした。マイナス30度のパウダースノーも体験してみたいです。



yuki
第一次工事は、緩斜面中心のようです。将来的には、中斜面の工事も進むとのことでした。


スキー場を後にし、ホテル予定地へ行きました。全体の敷地は当然ですが、かなり広いです。

ホテルは、少し小高い所を予定しているそうです。建設はまだ先です。その敷地から見下ろすところにゴルフ場の建設が進んでいました。


golf
まだ全くゴルフ場とは思えませんが、造成は進んでおり、来年にはオープンしたいと言ってました。ここから見える平地の部分がゴルフ場予定地です。ここにまずは18ホール作るそうです。




hotel
ホテル予定地は、小高い部分で、私たちの影が見えるところです。ちなみに、ここに見える雪は自然の雪です。


私の写真の撮り方の問題で、残念ながら雄大さは伝わらないかもしれませんが、都心部から車で30分程度でこんなリゾートができるなら、人気が出るかもしれません。

私としては、まずは年内にオープンするスキー場には是非行ってみたいです。

Kさんは、さすがに国内外のリゾート関係に詳しいだけあって、様々な角度からこの敷地を見ていました。

ホテル及びその付属施設のオープンは2年先になるでしょうが、モンゴルで最初の本格的リゾートになることでしょう。

視察後、都心のオフィスに戻って、今後について話しました。Kさんはかなり忙しそうですし、日本にいるということもあり、今後どこまでこのプロジェクトに関わるかはわかりませんが、こうしてモンゴルとの接点ができただけでも、私としては嬉しいです。

結局朝から、視察、ランチ、午後の会議、夕食とずっとご一緒しました。20年もの間一緒に仕事したことはありませんでしたが、何の違和感もなく話せるところに「共通の体験」「共通の価値観」を持つ強みを本当に感じました。

短い滞在ではありますが、Kさんにも得るものがあるといいなと思います。






Last updated  2009.10.29 00:47:15
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.