2064116 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リュンポリス

PR

X

Profile


リュンポス

Recent Posts

Archives

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

Category

Free Space

Headline News

2008.11.06
XML
カテゴリ:極魔界村 改
ステージ4「灼熱の魔山」と言えば鬼畜ステージとして有名です。難易度は全ステージ中トップと言っていいでしょうね。


俺も「灼熱の魔山」に苦しめられました・・・>< 出現する魔物と地形が今までのステージとは比べ物にならないほど凶悪になってるんですよ!


灼熱の魔山には、主にギャリバーンブラッディドール青という魔物が出現します。ブラッディドール青は厄介ですが、まぁなんとかなるレベルです。問題はギャリバーンです・・・。


プテラノドンのような姿形をしたギャリバーンは結構タフなのに、頭に攻撃を当てないとダメージが入らないんです。更には紫色の火炎を撒き散らしてくるという凶悪な技も持ってます。
1匹だけならなんとかなるレベルですが、2匹以上で火炎を撒き散らされると本当に地獄になりますw


出現する魔物はブラッディドール青とギャリバーンだけかと思いきや・・・最後の最後にダークレッドアリーマーも登場するんですねー。
こいつはアーサーの攻撃や魔法をスルスル避けちゃうので、非常に戦いづらい相手です。アーサーを掴んで地面に叩きつけるという大技もやってくるので、かなり強いです><




このステージの地形は、その魔物たちを凌駕するほどの凶悪さを持ちます。
まず一番厄介なのがステージの振動です。背景の火山が噴火する度にステージ全体が大きく揺れ、アーサーの身動きがとれなくなってしまうんです。
ステージ振動→アーサーが動けなくなる→魔物の攻撃を喰らって昇天という究極のコンボに何十回も殺られましたorz 死亡原因で一番多いのはステージ振動かもしれません。

溶岩も凶悪です。溶岩は触れると、鎧を着ていても問答無用でパンツ一丁になるので非常に危険です。しかも、その溶岩は地面だけにあるんじゃないんですよ!

天井から溶岩が降ってきて、こっちに流れてきたり、天井や壁に溶岩が塗りたくってあったり、溶岩が噴射されてたり・・・。
ジャンプしすぎて天井にドーン!→うわっ!パンツ一丁になっちまった!という事故も起きました。


嵐の砦と同じぐらいリトライし、なんとか灼熱の魔山もクリアしました。かなり疲れました^^; もう灼熱の魔山はやりたくねぇw



そして遂にボス戦に突入です。ステージ4のボスは「スパイラルマントルーダ」というロード・オブ・ザ・リングのラスボスみたいな姿の魔物です。

mantoru-da.JPG
△奥の目がサウロンに似てる!?


コイツは手を伸ばして攻撃してくるという少し変わったボスです。出てくる手を全て倒せば撃破となるんですが・・・その手を攻撃するのがなかなか難しい。
近づきすぎると掴まれてパンツ一丁or昇天しちゃうので慎重に攻撃を重ねました。慎重に慎重に、本当に慎重に攻撃を重ね、なんとか撃破成功!ぶっちゃけギャリバーン×2匹の猛攻の方が強かったですw


次のステージで遂にラストです!






Last updated  2008.11.06 21:21:46
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


難しそう   七変化 さん
一番難しいステージは大変そうですね。僕なら投げ出しているかもしれません。
(2008.11.07 21:24:29)

七変化へ   リュンポス さん
>一番難しいステージは大変そうですね。
まぁ、一番難しいんで大変ですねw
ラストステージより灼熱の魔山の方が難しい>< (2008.11.07 21:39:23)

サウロンだよ、それ。   *Bonkichi* さん
手前の手、キモチワルイ><
早くっ、早く指輪を外さなきゃ!!

ぱんつ一丁で昇天・・・きゃはっ♪

(2008.11.08 00:07:00)

ボンキチたんへ   リュンポス さん
>手前の手、キモチワルイ><
手前の手に限らず、全ての手に目玉が付いていますw
その手がアーサー目掛けて襲ってくるんです。初めて戦った時は身震いがしましたw

>ぱんつ一丁で昇天・・・きゃはっ♪
な、何を想像しているんだっ!w (2008.11.08 00:18:23)


© Rakuten Group, Inc.