2066365 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リュンポリス

PR

X

全58件 (58件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

新作ゲーム紹介

2009.09.28
XML
カテゴリ:新作ゲーム紹介
東京ゲームショウ 2009で公開されたFINAL FANTASY 13のトレイラーが、PSNにて配信されました。今回のトレイラーは約7分と若干長めですが、ストーリー部分が垣間見れる良いトレイラーだと思います。

FF13 TGS 2009トレイラーはコチラ

FFのウリの1つであるグラフィックは、アンチャーテッドを見た後だとちょっとインパクトに欠ける気がしますが、それでも良い方であることに変わりはありません。

このトレイラーから察するに、FF13のストーリーは登場人物一人一人の物語が交差する・・・と言ったような感じだと思います。推測なんで、違うかもしれませんがw

とりあえずこのトレイラーで分かったストーリーに関しての情報は・・・

・ライトニングの妹であるセラはルシ。
・セラとスノウは婚約している。
・ルシは一定期間内に使命を果たさないとシ骸になる。
・ルシはコクーンの市民に害を及ぼす存在?
・ファルシがルシを作り出した?
・ルシをかくまうと罰せられる?
・ファルシはコクーン市民に光を恵んでいる?
・アフロは実はカッコイイ。
※?が付いているのは不確定情報です。

ぐらいですかね。余計欲しくなってきましたw






Last updated  2009.09.28 19:45:59
コメント(7) | コメントを書く


2009.09.25
カテゴリ:新作ゲーム紹介
東京ゲームショウ 2009にて、グランツーリスモ5の最新トレイラーが公開されました。このトレイラーは実写とゲーム画面の両方をブレンドしたトレイラーですが、どれが実写で、どれがゲーム画面か全く見分けがつきませんw それほどGT5のグラフィックはリアルです。

グランツーリスモ5 最新トレイラー

最新トレイラーの他に、東京ゲームショウ 2009で試遊できるGT5のプレイ動画も公開されていました。前に公開されたプレイ動画と同じく音声はありませんが、GT5のグラフィックの凄さを感じることができます。

GT5のプレイ動画【リプレイ編】

GT5のプレイ動画【コックピット視点編】

今年中に発売されないのは残念ですが、実写と見分けがつかなくなるほどリアルなグラフィックを作り込んでいるのなら、発売日が来年になるのも納得です。
だけど、発売日がGOW3と被っているんだよなぁ~・・・。それだけが気がかりです。






Last updated  2009.09.25 19:11:06
コメント(4) | コメントを書く
2009.09.09
カテゴリ:新作ゲーム紹介

スクエニが誇るビッグタイトル、ファイナルファンタジー13の発売日が決定しました。
発売日は2009年12月17日で、価格は9240円(税込み)です。

「来年に延期されるのでは・・・」という声がチラホラ出てきていましたが、無事年内に発売が決まってよかったですね。価格がちょっと高めなのが気になりますが・・・。
圧倒的なグラフィックを誇るアンチャーテッド2の価格が5980円なので、尚更高く感じられます^^;
FF13は開発期間が尋常じゃなく長いらしいので、仕方ない気もしますが・・・。



PS3同梱版も発売するので、これで国内のPS3の普及が爆発的に進むでしょうね。PS3がどんどん普及して、どんどん新作が出てくれれば嬉しいな^^



FF13

スノウ

身柄を拘束

イケメン

戦闘

白馬に跨るライトニング

戦闘中

最新情報や最新スクリーンショットを見ていると、だんだん欲しくなってきますね・・・。これがFFの魔力なのでしょうか?w
同じ年末にGOWコレクションが発売するので、買うかどうかはGOWコレクションの発売日次第ですね。







Last updated  2009.09.09 19:39:52
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.06
カテゴリ:新作ゲーム紹介
inFAMOUSの日本語版の発売が、遂に決定しました。邦題はINFAMOUS ~悪名高き男~です。
・・・副題の悪名高き男って、なんかダサいなぁ^^;

INFAMOUS ~悪名高き男~

体験版をやった限りだとそんなにグロくない・・・というか全くグロくありませんでしたが、CEROはZ指定になっています。GTAのように、一般市民を無差別に殺害できる要素があると自然と規制が厳しくなるようですね。Z指定になろうが買いますがw

発売日は11月5日を予定しているそうです。まだまだ先か~・・・。

INFAMOUS ~悪名高き男~の公式サイト






Last updated  2009.09.06 12:28:05
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.21
カテゴリ:新作ゲーム紹介
GamesComにて、MGS ピースウォーカーの新トレイラーが公開されました。9分と長めのトレイラーですが、Co-opプレイ(協力プレイ)の様子を見ることができます。
従来のMGSには無い、Co-opプレイならではの新アクションや新アイテムも確認することができます。後半に登場する戦車を模した箱には笑いましたw

MGS PW

MGS ピースウォーカーの新トレイラーはコチラ


この新トレイラーから察することのできる内容は、以下の通りです。

・仲間が死亡しても、新アクションの「心臓マッサージ」を使って蘇らせることが可能。

・MGS4のスレッドリングのような輪っかを各自持っていて、輪っか同士が交わると「コープイン」となり、各種協調行動が可能。

・コープインするとアイテムの共用、体力ゲージの増加(チームの体力がプレイヤーの合計値)、敵にタグ付加が可能。

・さらに近づくと肩を叩いて「スネークイン」する。

・スネークインすると、片方のプレーヤーが操作を受け持ち、もう片方のキャラが自動的に後をついていく。操作していないキャラも視点移動&武器の使用は可能。特殊部隊がよくやる「それぞれ視界をカバーし合い、一列に並んで進む」ことがゲーム内でできる。


TGSではストーリーの内容と登場キャラクターを中心とした新トレイラーを発表するみたいなので、楽しみですね^^






Last updated  2009.08.21 17:57:41
コメント(6) | コメントを書く
2009.08.20
カテゴリ:新作ゲーム紹介
キャッスルヴァニア ~ロードオブシャドウ~のGamesCom 2009 スペシャルサイトがオープンしました。スペシャルサイトではスクリーンショット数枚と新トレイラーを見ることができます。

キャッスル
△鳥のようなデザインの階段。

悪魔
△道を塞ぐ数多の魔物達。

ウルフ
△狼のような魔物が襲いかかる!

古塔
△まるでMHの古塔内部みたいですね。



キャッスルヴァニア ~ロードオブシャドウ~ のGamesCom 2009 スペシャルサイトはコチラ
スペシャルサイト中央にあるWATCH THE TRAILERをクリックして、Japaneseを選択すれば新トレイラーを見ることができます。






Last updated  2009.08.20 21:54:31
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:新作ゲーム紹介

Heavy Rainの新トレイラー&プレイ動画が、GamesComにて公開されました。無事に日本語版の発売も決定したので、発売されたら購入する予定です^^

Heavy Rainとは、ある事件に関わる4人の物語を描いたアドベンチャーゲームで、最新技術を惜しみなく投入して作られているそうです。人食いの大鷲トリコも最新技術を惜しみなく使っているので、そういう意味では海外版人食いの大鷲トリコと言った感じですね。

4人が関わる事件とは連続児童誘拐殺人事件のことで、この事件の被害者には4日間の拉致、溺死、そして傍らに残される折り紙という奇妙な共通点があります。この事件を巡って4人の物語が交差します。

エンディングはマルチエンディングとなっており、それぞれのキャラクターが直面する試練や事情など、次々に問いかけられる選択と迫られる判断の内容によって待ち受ける結末が異なるのが本作の最大の特徴です。たとえ4人の主人公の内、誰かが死んだとしてもゲームオーバーにならず、そのままストーリーは続きます。さりげない選択が、他の主人公を思わぬ窮地に立たせることになるかもしれません。

ヘビーレイン

ヘビーレイン 3



今回公開された新トレイラーは、主人公の1人であるイーサンを中心にしたトレイラーで、2人の息子を失ったイーサンの戦いが描かれています。

ヘビーレイン 0

Heavy Rainの新トレイラーはコチラ


プレイ動画では、刑事が銃を持っている男性を必死に説得する様子を見ることができます。表情などが凄いリアルで驚きましたw

ヘビーレイン 2

Heavy Rainのプレイ動画はコチラ







Last updated  2009.08.20 13:57:07
コメント(5) | コメントを書く
2009.08.15
カテゴリ:新作ゲーム紹介
何故か最近は謎のサイトが非常に多いんですが、今度はSCEJに謎のサイトが出現しました。
謎のサイトを開くと、真ん中に男が椅子に座っているシルエットがあり、突然音楽が流れ始めます。

dt

実はこれ、海外で既に発表済みの「.de Tuned」というタイトルで、今年の後半にPSストアで配信する予定だそうです。

デモシーン.JPG

「.de Tuned」は「Linger in Shadows」に続くデモシーン第二弾(デモシーンとは80年代に生まれたデジタルアート文化の1つです)で、XMBから好きな曲を流すために自分だけのビジュアルを生成し、SIXAXISを利用してその世界を操作することができるようです。

デモシーン2.JPG

デモシーン4.JPG

デモシーン3.JPG

スクリーンショットを見る限りだとかなりシュールな世界ですが・・・、ちょっとやってみたいですねw 配信されたら買うかもしれません。

謎のサイトはコチラ






Last updated  2009.08.15 16:48:16
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.07
カテゴリ:新作ゲーム紹介

E3 2009のソニーカンファレンスで電撃発表されたFF14 ONLINE。その新情報が遂に公開されました。

FF14

●エオルゼア地方 ~神々に愛されし土地~



『ファイナルファンタジー14』の最初の舞台であり、全ての冒険者の第二の故郷となる“エオルゼア ”
母なる世界“ハイデリン”の小大陸アルデナードと周辺の島々からなる地域の総称であり、海の都“リムサ・ロミンサ”、砂の都“ウルダハ”、森の都“グリダニア”、山の都“イシュガルド”など、当地に点在する都市国家より成る文明圏の名でもあります。
南北で激しく異なる気候。荒涼無辺たる大地。のし歩く山の如き巨獣。
エオルゼアの自然は、決して人間にやさしくはありません。
覇を競う都市国家。血を欲する蛮族。そして、未知なる外敵。
エオルゼアの歴史は、血塗られた戦史で綴られてきました。
しかし、それでも“神々に愛されし地”とされ、多くの人々がエオルゼアに引き寄せられてきました。
なぜでしょうか?
それは、ハイデリンのすべてを形作るとされる物質、エーテルの結晶たる“クリスタル”の存在が、カギとなっているようです。
冒険者によって新たに紡がれるクリスタルの物語の舞台……。
それが、この“エオルゼア”なのです。


●時代背景



十二神の内の一柱を各々の守護神とする、エオルゼアの都市国家群。
領地や権益、あるいは神々の解釈をめぐり、諸都市は合従連衡をくり返しながら長き戦乱の歴史を刻んできた。
だが15年前、東の大国ガレマールによって、6大都市一の強国アラミゴが陥されたことを機に情勢は一変した。
天空を航行する戦艦、連発銃で武装した兵士。
共通の脅威をまのあたりにしたエオルゼア諸都市は、密かに軍事同盟を締結。“凪の時代”と呼ばれる、しばしの平和な時代を迎えたのだった。
そして現代、各国が正規軍の整備を進めたために不要となった傭兵や退役兵たちは職に溢れ、不穏分子と化していた。
これを憂えた、さる傭兵隊長は有能な者を集めて互助組織を結成。さまざまなトラブルを引き受けて解決する新たな稼業を確立させるに到った。
その名は“冒険者”
冒険の世紀の幕開けである。


●宿命の民

FF14 種族

『FF14』ではヒューランやララフェルなど、多様な種族が登場する。プレイヤーキャラクターを作成する際には、これらエオルゼアの民からひとつを選ぶことになる。もっとも大きな違いは見た目だが、能力にも多少影響があるようだ。


●アーマリーシステム

FF14 アーマリー

プレイヤーキャラクターのスタイルを決定し、またキャラクターの育成とも密接に連動する『FF14』の根幹を成すシステム。それが“アーマリーシステム”だ。ファイター、ソーサラー、ギャザラー、クラフターという4つに分類される“職能”というカテゴリー。この職能の中に、さらに剣術士 、呪術士 、鍛冶師といった具体的な“クラス”が存在している。現状、それぞれのクラスで何ができるかは名称から想像するしかないが、ワクワク感は止まらない!


●ギルドリーヴ



エオルゼアにある冒険者ギルドでは、訪れた冒険者に対して、仕事の委任パス“ギルドリーヴ”を発行している。この仕事の依頼を達成してギルドに戻れば、報酬をもらえる仕組みだ。これは、オフラインのRPGでもよく見られる、“クエスト”と呼ばれるシステムと同様のもの。大きな違いは、プレイヤー同士で協力したり手伝ったりすることができるところだ。ひとりでも大人数でも楽しめる、MMORPGの醍醐味がそこに詰まっている。


●エーテライト



エーテライトとは、各都市国家が管理している、地面に差し込まれた奇石のこと。エーテライトがある場所にいる監督官に一定の対価を払えば、ほかの場所にあるエーテライト、または、エーテリアルゲートと呼ばれる、あらかじめ設定された地点まで瞬時に人間を転送する特性を備えている。その詳細は明らかにされてはいないが、いったん人間やその装具をエーテル粒子にまで分解。地脈を通じて送り、目的地で再構成する仕組みのようだ。ただし、利用すると副作用があるらしく、再利用には時間をおかねばならないと規定されている。しかし、それを差し引いても、忙しい冒険者にとって、便利な石であることは間違いないだろう。
ちなみに、エーテライトで飛んだ先の現地が冒険の拠点となる。



FF13やFFV13よりもFF14の方がFFらしさが滲み出ていますね。やっぱりFFと言ったら大自然とジョブ(ここで言うアーマリー)でしょ!
個人的にはFFV13が今後発売されるFFシリーズの中で一番楽しみなんですがねw

FFらしさが滲み出ていて面白そうなんですが、MMORPGなので買うかどうか分かりませんねぇ。あの頃と違って、オンラインゲームをやり込めるほどの時間を確保できないと思うので・・・><;
ライトユーザーでもサクッと楽しめる内容なら買うかもしれませんがね。







Last updated  2009.08.07 15:37:27
コメント(2) | コメントを書く
2009.07.30
カテゴリ:新作ゲーム紹介

10月1日に発売予定の人気アクションゲーム、NINJA GAIDEN Σ2のCoop動画がYouTubeにUPされていました。ジャンルがアクションアドベンチャーなのに協力プレイができるのは珍しいので、期待大です。

Ninja Gaiden Sigma 2 Co-op Gameplay

Ninja Gaiden Sigma 2 Co-op Gameplay 2

Ninja Gaiden Sigma 2 Co-Op Gameplay 3

Ninja Gaiden Sigma 2 Co-Op Gameplay 4

Coop
△大量に出現する敵を2人で一掃!

Coop2
△巨大な敵も、2人なら怖くない!?

Coop3
△2人のくノ一が大暴れ!

最初のロードが若干長めなのはしょうがないとして、協力して敵を倒すというよりは、それぞれ暴れまくって敵を倒すって感じですね。合体究極忍法は、敵を倒す描写が無いのでイマイチです。
NINJA GAIDEN2では敵の投げ技が強くて不評だったので、投げられている仲間を救出できたりしたら面白いかもしれません。







Last updated  2009.07.30 16:54:16
コメント(4) | コメントを書く

全58件 (58件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.