2044072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リュンポリス

PR

X

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ゲームプレイ

2016.12.30
XML
カテゴリ:ゲームプレイ
スマホゲームアプリ『遊戯王デュエルリンクス』において、オンライン対戦の最高ランク「デュエルキング」になりました!今まで一円も課金しませんでしたが、無課金でもここまで勝ち上れるもんなんですね笑


デュエルキングになった時のキャラクターは梶木漁太で、デッキは「海竜ダイダロス」と「水魔神スーガ」を主力とした水属性ビートダウン型です。
「ヒゲアンコウ」「大波小波」「生贄人形」「迷える仔羊」で上級水属性モンスターの召喚を狙い、召喚に成功した後は「水神の護符」「亜空間物質転送装置」などで上級モンスターを護りつつ戦っていました。

ゴールドランク戦になってくると、相手プレイヤーは強力なカードをバンバン使ってくるので、毎回厳しい戦いを強いられていました。特に「生贄の抱く爆弾」「銀幕の鏡壁」「イタクァの暴風」「クリボール」には苦労させられました。(どのカードも持ってないんですけど!!!どこで手に入るんすかそんな良いカード!!!笑)
まぁ、これらのカードに苦しめられた後、「海竜ダイダロス」の効果(フィールド魔法「海」を破壊することで、フィールド上の全カードを破壊)で一発逆転した時の爽快感たるや筆舌に尽くしがたいものがありましたがね笑 

シルバーランクでは海馬を主力としていたので、海馬の使用頻度が圧倒的です。笑

とりあえずデュエルキングになったことで一区切りついたかなぁ、と思います。空いた時間でちょこちょこやってきましたが、ランク戦のトップになれて満足ですね。課金したらもっと簡単にデュエルキングになれたんでしょうけど、今課金したところで次にはもっと強いカードが実装されてイタチごっこになりますし、それではお金を浪費するばかりだと判断して課金はしませんでした。課金せずに「海竜ダイダロス」をあっさりゲットできて、本当に運が良かったです。

ランク戦はしばらくするとリセットされて、どんなにランクを上げていてもシルバーランク1に戻されるのですが、もうデュエルキング目指して奮闘するのはやめようかなと思っています。デュエルキングになった時の報酬が思いの外微妙でしたし(ジェム50個…)フリーでまったりデュエルするのが性に合ってるので。笑

今後はステージレベルを上げ(現在のステージレベルは27)、色々なキャラクターたちを解放していきたいと思います!






Last updated  2016.12.30 17:16:36
コメント(0) | コメントを書く


2016.11.27
カテゴリ:ゲームプレイ
最近、スマホアプリゲームの『遊戯王デュエルリンクス』をプレイしています。『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の記事でも書いた通り、私は幼い頃は大の遊戯王ファンでしたので、懐かしさも手伝ってこのゲームにハマってしまいました。課金は一切せず、ちょっとした空き時間や、古典ギリシア語学習の息抜き、就寝前などにまったりデュエルしています。


『遊戯王デュエルリンクス』のルールは、基本的にはOCG(Official Card Game)のルールと一緒ですが、少し異なる点もあります。それらを以下にまとめてみました。

・初期ライフポイントが4000(OCGでは8000)
・デッキ枚数が20~30枚(OCGでは40~60枚)
・初期手札が4枚(OCGでは5枚)
・EXデッキは5枚まで(OCGでは15枚)
・各カードゾーンにそれぞれ最大3枚しか置けない。(OCGでは各5枚)
・バトルフェイズ後にメインフェイズ2が無い。
・ペンデュラムゾーンが無い。

このように、OCGのルールをベースにしながらも、スマホで手軽かつ手短にデュエルできるように改変したものとなっています。各カードゾーンが最大3枚なので、結構こじんまりした戦いとなりますが、ちょっとした空き時間にプレイすることを考えればなかなか良いルールかもしれませんね。
ペンデュラムゾーンに関しては、個人的には無くてよかったと思います。私の頭の中ではシンクロ召喚で止まってますから。笑

これらの変更点から分かるように、『遊戯王デュエルリンクス』はOCGとは一線を画した環境になっています。実際、デュエルリンクス内に登場するカードはOCG黎明期のカードが多く、攻撃力1700の星4モンスターがエースとして活躍するほど、OCGの現環境からは遠く離れています。上級モンスターを先にアドバンス召喚すればそのままゴリ押しで勝つこともしばしば。「上級モンスターが切り札になる」という意味では、原作に即している環境と言えるかもしれません。
もちろん、レベルが上がるにつれて魔法&罠カードも増えますが、除去カードはそこまで充実していないので、上級モンスターが依然として勝敗の鍵を握っています。ブルーアイズを先に出された時の絶望感と言ったらありません・・・笑

OCGの最先端を突っ走っている人からすると、低次元のデュエルに見えてもおかしくありません。しかし、このようなデュエルリンクス独自の環境だからこそ、OCGを過去に引退した私のようなプレイヤーであっても楽しめるゲームになったのだと思います。

しかもこのゲーム、なかなかクオリティが高く、デュエル中のキャラクターはフルボイス(雑魚キャラですらボイスが入ってます)で、各キャラクターの切り札(ブルーアイズやブラックマジシャン)を召喚するとムービーが流れるという演出もあります。ブルーアイズの召喚ムービーを見ていると、あの頃のワクワク感が蘇ります。
私は基本的に海馬でプレイしているので、ブルーアイズの攻撃宣言時に海馬が「滅びのバァァァストストリィィィィィィム!!!」と叫ぶのがめっちゃ楽しいです!笑 このデュエル中の掛け合いが癖になりますね、ほんと。笑


現在、私はステージレベル20で、オンライン対戦ではゴールドランク1になっています。
主力デッキは海馬のブルーアイズ&鳥獣族デッキで、海馬のスキルでフィールド魔法「山」を展開してから、高火力の鳥獣族モンスター(といっても攻撃力1500とかそこらです)を召喚してフィールドの優位性を保ちつつ、「ジャッジ・マン」や「ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」のアドバンス召喚を狙う、といった戦略です。これでゴールドランクまで引き上げましたが、唯一の欠点は鳥獣族エースである「スカイ・ハンター」が入っていないこと。何回パックを開けても当たらないんですよねぇ・・・笑 そのため、相手に「スカイ・ハンター」を出された時は、「ワンダー・バルーン」や装備魔法で対処しています。

このままのデッキでは、ゴールドのランク戦はキツいので、今後はステージレベルやキャラクターのレベルを上げ、レアカードの拡充に努めたいと思います。近々FF15が発売されるので、プレイ時間は減りそうですが。笑






Last updated  2016.11.27 16:46:44
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.24
カテゴリ:ゲームプレイ
スマホ向けゲーム『MARVEL オールスターバトル』というものを暇な時にプレイしているのですが、これが案外面白かったので紹介します。正直、スマホゲームと言えば作業というのが私のイメージでしたが、そのイメージをこのゲームは良い意味で裏切ってくれました。

IMG_1865.png

タイトルからも分かる通り、このゲームはMARVELのヒーローたちを対決させるスマホ向けの格闘ゲームです。操作は至って簡単で、スマホを横に持ち、右側をタッチすれば攻撃(長めにタッチで溜め攻撃)、左側をタッチすればガード、スワイプすればスワイプした方向にジャンプとなっています。攻撃をしたり、攻撃を受けたりすると左下のゲージが溜まり、1つのゲージが溜まればそこをタッチすることで必殺技が繰り出せます。ちなみに、ゲージが2つ溜まると異なった種類の必殺技に変化します。

溜め攻撃は隙が大きい、ガードは溜め攻撃でのみ崩すことができる、一定値体力が削られるとヒーロー特有のスキルが発動する、ヒーロー毎にタイプがあり、相性もある…等々、アクション性は高いです。ただタッチ連打!とはいかないのがいいですね。たまにタッチの感度が悪くてイライラしますが。笑
グラフィックもPSPぐらいで、スマホにしてはかなり上位に位置するのではないでしょうか。他にスマホゲーをプレイしたことないのでよく分かりませんが。笑


ただ、不満点もあります。どう足掻いてもこのゲームはスマホ課金ゲーの域を出ないので、やはりやり込もうとすると金が掛かります。私は基本無料ゲームに課金はしない主義なので、やり込みはせずにお気に入りのヒーローで気楽にプレイしていますが、課金するとなると膨大なお金が掛かるでしょう。

このゲームにはクリスタルという所謂ガチャ要素があり、クリスタルを開封するとランダムでヒーローが手に入ります。どの強さのどのヒーローが手に入るかは完全に運です。各ヒーローにはティア(☆)と呼ばれるランクがあり、☆が1つだと弱い、☆2だとまあまあ、☆3以上で強い、というシステムがあるのですが、☆3以上の好きなヒーローを手に入れるには類い稀なる強運が必要です。私に限って言えば☆3のヒーローに未だお目に掛かったことがありません。もちろん育成要素もありますが、☆1から☆2、☆2から☆3に育て上げるのには凄まじい労力と時間が必要ですし、やはり強キャラをお手軽に手に入れる方法はクリスタルで☆3以上を一発で引くことになります。

そのクリスタルは24時間に1個無料で配信されますが、このデイリークリスタルでは強いヒーローは非常に手に入りづらく、殆どが☆1の弱いヒーローになってしまいます。それ以外にもユニットと呼ばれるアイテムを100個以上集めれば、よりレアなヒーローの入ったクリスタルと交換できるので、強くて好きなヒーローを手に入れるのに一番手っ取り早い方法はユニットを集めることです。

このユニットが曲者で、なかなか集まらないんですよね。最初の方はクエストを進める度に10ぐらい手に入りますが、クエストも進められなくなる(難易度が急激に上がるため)と、課金ぐらいしか入手方法が無くなってしまいます。
それで、値段がびっくりするほど高額なんですよね・・・笑 
例を上げると、ユニット135個で500円、275個で1000円、850個で3000円、3100個で9800円・・・それぞれに「ピーター・パーカーの財布」やら「トニー・スタークのブリーフケース」やら豪華な名前が付いていますが、ここまで露骨に値段が高いと課金ゲーの闇を見た気分になりますね。ユニットを100以上消費してクリスタルを手に入れても、強くて好きなヒーローが出るという保証は無いので、9800円かけても無意味ということさえあります。9800円もあったら少し待ってPS4の『Bloodborne』を購入しますよ。そっちの方が安いですしね。笑

このゲームは中高生にも人気が高そうなので、保護者の方は課金で気が気じゃないでしょう。課金は簡単操作で出来てしまうので、気付いたら数万単位で消費していた・・・なんてことがあるかもしれません。注意しましょう。
ちなみに私も中学生の時はMHFに月額課金していましたが、あれは親の許可を取っていたので・・・(言い訳

IMG_1862.png

最後に、私の現チームを載せておきます。☆2が中心で、ハルク、ウルヴァリン、スパイダーマン、アイアンマンと、なかなか有名なヒーローを入手することができたと思っています。(☆がシルバーなのは、固有スキルが解禁されているからです。クリスタルで同じ☆数かつ同じヒーローを引くとシルバーになります)
今、クエストはAct1のチャプター4辺りで、たまにガチバトルをしながらまったりプレイしています。ガチバトルは対戦のことですが、これは他プレイヤーと対戦するのではなく、他プレイヤーのデータを使用したCPUとの戦いになるので、あまり燃えませんね。スマホ向けゲームだと、これが限界なのでしょう。
上述した通り課金する気はありませんので、暇な時にでもヒーローをコツコツ成長させていきたいと思います。






Last updated  2015.02.24 12:22:58
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.12
カテゴリ:ゲームプレイ
少し遅いですが、あけましておめでとうございます。今年はイギリス留学も控えているので、一層力を込めて英語を勉強しなければならないのですが、もちろん趣味のゲームもやりますよ!ゴッドオブウォー・アセンションは絶対買います!笑
それで、実はまだアサシンクリード3のストーリーすらクリアしていないんですが、ダークソウル完全版なるものを買ってしまいました(笑)

dark souls.jpg

デモンズソウルの後継ということで、発売された当初は色々扱き下ろされていた今作。完全版ではマイナス点が大分改善されているとのことなので、思い切って買ってみました。お値段もお手頃ですしね!

アサクリ3はイギリス留学までにはクリアするとして、早速ダークソウルをプレイ。主人公の職業を戦士にし、顔を色々いじっていった結果、なんかダークナイトのハービー・デントみたいな顔になりました(笑) 贈り物は体力がちょっと増える指輪と悩んだのですが、結局万能鍵を設定しました。やっぱり、アイテムを隅々まで収集したいですからね(笑)

二時間ほど一気にプレイし、今は鉄の猪の奥の門開放のところまで進んでいます。
途中、牛頭のデーモン(でしたっけ?)に苦戦し、狭い橋の上で戦うことに慣れずに何回も死にましたが、万能鍵によって解き放たれた部屋にあった黄金松脂によってなんとか撃破できました!早速、万能鍵が役立ちましたね!(笑)
鉄の猪も、上記の黄金松脂を塗りたくった剣によって撃破!何かアイテム落とすかなと思ったら・・・ただソウルが手に入るだけでちょっとガッカリでしたorz

協力プレイもしてみました。鉄の猪の先のステージには強そうな騎士がうじゃうじゃいるんですが、召喚した白ファントムさんのおかげで割とサクサク進むことができました!黒ファントムにも侵入されたんですが、白ファントムさんとのタッグバトルでなんとか撃破!ソウルをたっぷりいただきましたよ(笑)
このまま次の篝火まで一直線じゃ~!と意気込んだ矢先、なんか亡者の包囲網に迷い込んでしまい、リンチを喰らって死亡・・・orz せっかくゲットしたソウルもごっそり敵地のド真ん中に置いてきてしまいました(TT) 今はここでストップしてるんですが・・・死なずに回収しに行けるかなぁ・・・。

とまぁこんな感じで、まだデモンズソウルほどの熱中度ではありませんが、なかなか楽しめております(笑)






Last updated  2013.01.12 22:54:30
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.18
カテゴリ:ゲームプレイ
先日、アサシンクリード3を購入しました!最初は大して買う気は無かったんですが、CMで何回か見かけたのと、大学の英会話の講師にオススメされたので買ってみました(笑)

アサシン.jpg

今は少しずつプレイしていますが、大人気シリーズの最新作なだけあって、今のところかなり楽しめてます。プレイするまでアサシンクリードは重厚な歴史物のストーリーだと思ってたので、まさかあんなSFストーリーだとは思いも寄りませんでしたが(笑) 初回特典で付いてきた本のおかげで助かりました。

気付かれないように暗殺する爽快さだけではなく、簡単操作で繰り広げられるアクロバットな戦闘も素晴らしいです。また、景色や人々の行動などもよく作り込まれていて、さすがの一言ですね。たまにバグが目立ちますが(キャラクターが消えたり、顔の表情が動かなくなったり)どれも致命的なバグでもないので問題ありません。

ストーリーはめっちゃくちゃ長そうなので、これからちょっとずつ進めていくことにします(笑)






Last updated  2012.11.18 18:12:00
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.04
カテゴリ:ゲームプレイ
先日、前々から欲しいなと思っていたゲーム「inFAMOUS2」を購入しました!これで、一応はやりたいゲームを一通り買ったことになります。(と言っても、アンチャーテッド3とこれの二本だけですが)

inFAMOUS2 2.JPG

前作のデータを引き継ぎ、最初は善でプレイしています。グラフィックが前作よりもかなり向上しており、いきなりラスボス級のビーストと激戦を繰り広げるなど、予想よりも劇的に進化していて驚きました!
ビーストがあと何kmでニューマレイに到着という演出や、ニュースで随時ビーストの動きとそれによって生じた被害が報道されるというシステムも来たるべき決戦を燃え上がらせる要素として最高です。ラスボスはおそらくビーストで決定だと思いますので(ここまでビーストを物語の中心に据えておいて、ビーストとの決戦は続編に持ち越し、とかだったらさすがに拍子抜けすぎますよね)今からラスボス戦は楽しみでしょうがありません(笑)

また、ゲームプレイ部分もより洗練されていて前作以上に没入感があります。善プレイでは、傷ついた市民を回復することの他に、仕掛けられた爆弾を解除する、誘拐されそうな市民を助けるなど、前作では乏しかったバリエーションが増えていてよかったですね。
サブミッションも前作のように単調ではなく、中には武装ヘリコプターVS地中に潜るモンスターVSコールといったまるで何処かの怪獣映画みたいな三つ巴の戦いになったりします(笑)
まだ私はやっていないのですが、ユーザーが作ったミッションもあるようなので、それも楽しみですね^^

こんな感じで、今完全にinFAMOUS2にハマっております(笑)
善で市民の手助けをするのも楽しいですが、もちろんクリア後は悪でもう一周プレイします!






Last updated  2012.03.04 18:04:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.18
カテゴリ:ゲームプレイ
マスエフェクト2.JPG

先日、マスエフェクト2をクリアしました。いや~、面白かったです!私が今までにプレイしたRPGの中で一番面白かったかもしれません。これぞ傑作って感じでした!

銀河系を飛び回って集めた仲間は皆個性豊かで、種族もバラバラなので「次はどんな奴が仲間になるのか?」というワクワク感もあって、このゲームの肝となる仲間集めはとても楽しかったですね。無論、他のミッションも様々なステージや演出が施されているので、この手のゲームではありがちな「だれ」が全く来ませんでした。

また、最後のミッションでは主人公が乗る宇宙船と敵船との凄絶な戦いのムービーが挿入され、それがとてもダイナミックで心躍りました。この戦いは宇宙船の強化具合によって展開が変わるっぽいんですが、ここはやはりムービーじゃなくて操作できるバトルがよかったなぁ・・・ってのはあります。が、それを差し引いても、苦労して集めた仲間たちと協力して最後の敵地に乗り込むあの感覚は凄く燃えましたね。ああいうの、凄く好きなんですよ(笑)

とまぁこんな感じで、惜しくも全員生還エンドは迎えられませんでしたが、とっても面白かったです!次回作(マスエフェクト3)もあるようなので、発売されたら絶対に買うでしょうね^^






Last updated  2011.07.18 22:31:54
コメント(2) | コメントを書く
2011.07.10
カテゴリ:ゲームプレイ
先日、やっと日本のPSストアが復旧したので、感謝とお詫びパッケージの一つである「みんなのスッキリ」をダウンロードしてみました。まだマスエフェクト2のクリアすらしていませんが、このゲームは本格的なゲームというよりはお手軽ゲームですので、空き時間や気分転換にちょくちょくやっていきたいと思います^^


さて、みんなのスッキリを早速プレイしてみましたが、やはり題名通りスッキリする爽快感溢れるミニゲームばかりです。個人的にはスッキリ!空手道がお気に入りで、このミニゲームのキャラクターがクレイトスに似ているというのも気に入っている要素の一つです(笑) これ、肌を白くしてタトゥーを入れたら完全にクレイトスさんでしょ(笑)

みんなのスッキリ

ただ、スッキリさを求めるあまり、各ミニゲームのアクションは単純明快なので、すぐに飽きてしまいそうな感じもするんですよねぇ^^; ミニゲームの種類も豊富というわけではないので、最終的にはこのゲームの肝となるコイン集めが苦になってしまうこともあるかもしれません><; 今のところ私は楽しめてますがね。

それでもスッキリすることには代わりありませんので、これを機に是非入手してみてはいかがでしょうか?






Last updated  2011.07.10 12:22:06
コメント(2) | コメントを書く
2011.06.27
カテゴリ:ゲームプレイ
VGAにて、GOW3と共にGOTY2010にノミネートされ、Best X360 Gameなどにも輝いた傑作RPG「マスエフェクト2」を購入しました。以前はX360独占だったようですが、なんやかんやでPS3にも出るということで、結構前から気になっていたんですよね~^^

2011-06-27 12:03:58

グラフィックもなかなか良く、ドラゴンエイジのように会話の選択肢も豊富で、ちょっとプレイしただけでも絶賛の理由がすぐに分かりました。序盤からの怒濤の展開で一気に物語に引き込まれ、荒削りのドラゴンエイジとは対照的にシステムも洗練されているので、処理落ちなども殆どありません。いや~、ホント素晴らしいRPGです!


主人公は姓がシェパード固定ですが、名前や容姿は好きなように設定できます。キャラクタークリエイトの幅はそこまで広くはありませんが、なんとか個人的に納得できるような顔を作成。名前は結構迷ったんですが、映画グラディエーターの主人公に面影が似ていたので「マキシマス」と命名しました(笑)


・・・と言う感じで、今は銀河を救うためのメンバー集めをボチボチやってます。惑星探索やサブミッションなども豊富そうなので、末長く楽しめそうです^^






Last updated  2011.06.27 20:03:36
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.07
カテゴリ:ゲームプレイ
Dragon Age : originsを購入&クリアしました!というのも、かなり前(KZ3のレビューよりも前)からドラゴンエイジを購入していたんですが、紹介しないままずるずると長引かせていった結果、遂にクリアしてしまったというわけですね^^;

2011-04-07 22:06:24

総プレイ時間は約40時間。主人公キャラクター:ユパロスはLv19。
メインパーティは
ユパロス(アタッカー)
モリガン(回復要員)
アリスター(とりあえず)
シェイル(敵引き付け役)
でのクリアとなりました。

ハイドラゴンやアーチデーモンなどの「これ無理だろ・・・」という絶望感を含むほどに強い敵の時のみカジュアルモードに切り替えていましたが、それでも約40時間も掛かるという長い道のりでした。

感想から言いますと・・・とても面白かったです!ストーリーや世界観は俺好みのダークファンタジーで、ロード・オブ・ザ・リングを彷彿とさせます。戦闘も意外と戦略性に富んでいて、作戦などを驚くほど緻密に設定できますし、何よりこのゲーム最大の魅力が会話における選択肢の多さです。
その選択肢によって会話が随時に変わりますし、説得や脅迫などで話を一気に大きく進展させることも可能(もっとも、それらに失敗した場合の反動は凄まじいですが)なので、戦闘よりも会話が本番と言っても過言ではないぐらい駆け引きが面白いですね(笑)

しかし、マイナス面も目立ちます。
もっとも致命的だったのが、処理落ちが非常に多いこと。これは戦闘中やムービー中にも多く発生し、アクション性自体は高くないので助かったものの、やはりやりにくさはありました。
その上、メニュー画面ではほぼ確実に処理落ちが起きるので、これにはさすがに少々げんなり。やってる内に慣れるものの、作戦や装備、タレントやポーションなど、ドラゴンエイジほどメニュー画面を頻繁に開くゲームも無いので、ここは頑張って処理落ちをゼロにしてほしかったです><


それでも、やっぱり面白いことに変わりはありません!今は本編をクリアしたので、日本語版特典で既に入っているアムガラックのゴーレムという追加コンテンツをプレイしていますが、これをクリアできたら拡張版であるAwakeningを買うかもしれません。それほどハマりました(笑)






Last updated  2011.04.07 22:11:46
コメント(2) | コメントを書く

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.