2044545 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リュンポリス

PR

X

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ゲームの感想

2014.08.19
XML
カテゴリ:ゲームの感想
バイオハザード リベレーションズをクリアしました!
今まで言及しませんでしたが・・・実は私、3DSを持ってます笑
元々買うつもりはなかったのですが、イギリス留学帰国祝いとして先輩がプレゼントしてくれたんです。貰ったからにはちゃんと有効活用しなければ!というわけで、評判の良いバイオハザード リベレーションズを買い、密かにプレイしていたわけですね。
一気にプレイはせず、ちょびちょびやっていたので、結構クリアするまでに時間が掛かりました。
バイオハザードシリーズは、これを除けばバイオハザード5のみの経験となります。

biohazard.jpg

評判に違わぬ面白さを有していたと思います。主なステージが廃船という、恐怖感を煽るには最適なフィールドなのも相まって、バイオハザード5よりもホラーテイストは強めでした。様々なキャラクターの視点から謎を解き明かすというストーリー構成も秀逸であり、だれることなくプレイすることができました。
水中を泳ぐアクションも新鮮で良かったですね。水中でこんなに動けるわけがないだろう!という突っ込みは置いておいて、自由に攻撃できない水中での敵との遭遇は、陸上のそれよりも緊迫感があって手に汗握りました!

廃船に匹敵する大きさを誇るボスとの戦いもあり、ボリュームもPS3のバイオ5に引けを取らないレベルでした。3DSのゲームはあまり知らないので比較はできないのですが、グラフィックも良質な方なんじゃないでしょうか。ムービーの画質がやけに粗いということを除けば、快適にプレイできるレベルのグラフィックでした。

不満点といえば、ボス戦等においてパートナーの存在が空気・・・ということぐらいでしょうか。パートナーもバンバン撃ちまくっているのに、ボスはしつこくプレイヤーのみを狙ってくるんですよね。実質、一対一みたいなもんです笑 敵との戦いでパートナーが心強いと思った場面は、結局一つもありませんでした笑


暇潰し程度に安く購入した今作でしたが、値段以上に楽しむことができました!ホラーというよりはやっぱりアクションゲームでしたが、それはバイオハザードである以上ご愛敬ということで笑
3DSを持っているのでしたら、購入する価値のある作品でしょう。リベレーションズはPS3など3DS以外でも幅広く展開してはいますが、携帯機でサクッとプレイできる3DS版を敢えて勧めておきます!






Last updated  2014.08.19 20:36:10
コメント(0) | コメントを書く


2014.06.05
カテゴリ:ゲームの感想
もうE3の季節ですね。私はまだPS4を持っていないのですが、もしGod of Warの最新作がPS4に出るのなら絶対買います!笑
それはさておき、ひっそりと買ってプレイしていたダークソウル2の一周目をクリアしました!面白かったです!
基本的に常時オンラインでプレイし、協力プレイもしっかりとしていたので、そこまで難しいという印象は残りませんでした。
※ネタバレ注意

ba5b8172c0cbad7e.jpg

プレイスタイルは物理攻撃重視の筋力型で、中盤まではメイスで頑張り、そこからはツヴァイヘンダーやラージクラブを強化して敵を叩きのめしていました。変質強化もせず(というか変質強化に気付いた時は既に終盤で、完全に変質強化するタイミングを失ってしまいました笑)、通常強化の+10でラスボスも撃破。篝火の探求者を使ってアイテムを粘ったことも無いので、クリアしたとはいえ色々と味わった感じはありませんね。拾った武器を通常強化していって、白霊の助けも借りながらとりあえずエンディングを見終えたという感じです。ボスのソウルも全く使っておらず、無用の長物化しております笑

誓約は「太陽の後継」で、協力プレイは結構やっていたのですが、常時オンライン状態にも関わらず、結局一度も侵入されませんでした。よって対人戦もダークソウル2ではしたことがありません笑 
本来私は対人戦をあまり好まないので(デモンズソウルではよくしてましたが)、まぁそれはそれでいいんですが。


それでも、ダークソウル2は楽しめましたよ~。前作と違って篝火ワープがすぐできるので便利でしたし、やはりダークファンタジーな世界観は魅力ですね。ただ、ストーリーがいまいちよく分かりませんでした。前作は火を継ぐという明確な目的も、なぜ世界がこうなってしまったのかも分かったんですが、今作はストーリーの全体像がモヤモヤしていて、ラスボスを倒してエンディングを見た後もいまいちピンと来ませんでしたねぇ・・・。
多彩なボスたちも、個性は豊かなんですが前作と比べるとインパクトが薄い感じが否めません。前作は火の時代の開闢を担ったという神話的要素がメインのボスたちの肩に乗っかっていたので、ゲーム的に強いかどうかはともかくとして非常にスケールが大きかったのですが、今作はボスの肩書きもモヤモヤしているのでボス戦もモヤモヤしてました。笑

とは言え、印象に残ったボスも多いです。虚ろの衛兵たちには凄い苦戦しましたし、遠距離からキャプテン・アメリカの真似事をされた時にはビビりました笑
熔鉄デーモンも強かったので印象に残っています。自分が白霊として戦っている時はクリアできるのに、自分がホストになった途端に負けるようになるという「呪いかこれはっ!?」と叫びたくなるような現象も起こったので、よく覚えています笑
ラスボスのデュナシャンドラも、闇のオブジェクトが破壊できると分かるまでは、呪いでHPの上限減るし毒みたいにHPゲージも減ってくしで悪夢でした。ただ、なぜデュナシャンドラがラスボスの位置にいるのかピンと来ませんでしたがね。デモンズソウルのオーラント王、ダークソウル無印の薪の王グウィンみたいに「遂にこいつと決戦!」感が無かったのは残念です。


まとめると、ストーリーが分かりづらく、ボスもインパクトに欠けましたが、世界観やゲームシステム的には洗練されているので普通に楽しめました。近々DLCが出るとのことなので、評判次第では購入しようかなとも考えております。
二周目は・・・多分しないでしょうね。ゲーム以外にもやりたいことが多くあり、やり込んでいる時間があまり無いというのもあるんですが、そこまでハマっていないというのもありますね・・・。(デモンズソウルは三周もしたんですが)

しつこいですが、面白かったですダークソウル2!PS4でダークソウル最新作が出るのなら多分買います!GOW最新作が発表されるなりしてPS4を買う決心が着いたらですが笑






Last updated  2014.06.05 20:32:30
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.21
カテゴリ:ゲームの感想
先日、The Last of Usをクリアしました。予想よりもストーリーのボリュームがあり、クリアするのに一ヶ月程かかってしまいましたが、超高評価なのが頷けるほど面白かったです!
※ネタバレ注意

the last of us !.jpg

PS3最高峰の美麗グラフィック、絶妙なゲーム性、練られたストーリーなど、賞賛すべきところを上げればキリが無いほどに素晴らしい出来の今作。私が今までプレイしてきたゲームの中でも、特に印象に残りました。
ストーリーを終えても人類は救われないし、現実は変わらないまま。エリーの周囲には常に悲劇の可能性が潜んでおり、また振り出しに。この報われないエンディング、私は好きですね(笑) 続編にも繋げられそうなエンディングでしたので、PS4あたりでThe Last of Us 2も出るかもしれません。

少し調べたところによると、売れ行きは好調のようで、あのブロックバスタータイトル「アンチャーテッド」に肉薄するほどのセールスだそうです。これなら続編の話は出てきそうですね。PS4はまだ買うか分かりませんが、半年間の留学から帰ってきたらちゃっかり購入してるかもしれません(笑)
God of War 4がPS4で出るなら即決なんですがねぇ←笑

全体的には大満足なThe Last of Usですが、ちょっと生存者戦が多かったかな、というのはあります。正面から突撃したら無謀というわけでもなく、ジョエルもなかなかタフで腕力も殺人スキルもあるので、結局はネイトさんみたいに迫り来る敵を薙ぎ倒してしまうんですよね。体力は自動回復ではないし物資も乏しいので、ネイトさんよりも慎重にならざるを得ないんですが、それにしてもジョエルは強かった(笑)
エリーも少女のくせに大の大人をズバズバぶっ殺しまくってて吃驚ですね。笑 たまにエリーを操作できるようになるというのは新鮮で良かったですが(笑)

まぁ不満点らしい不満点はこの程度です。後はトロフィー取得条件がやけに難しいということぐらいですかね。ストーリーモードクリアだけだとまだ取得率5%という鬼畜仕様。笑 私はトロフィーはあまり気にしないのでどうでもいいんですが(笑)

ステータスを引き継いでの二周目も面白そうなので、時間があれば今後二周目もやっていきたいと思います。留学までには二周目もクリアしたいですね。






Last updated  2013.07.21 13:52:19
コメント(2) | コメントを書く
2013.06.26
カテゴリ:ゲームの感想
先週、最近話題になっているPS3ゲーム「The last of us」を購入しました。このゲームはアンチャーテッドでお馴染みのゲーム会社「ノーティドッグ」が手がけている作品で、海外のメタスコアで96点というアンチャーテッド2に匹敵するほどの超高評価を獲得し、今年のGame of the Year最有力候補になっています。こうなっては買わない手はありません(笑)

the last of us.jpg

もう何日かプレイしていますが、かなり面白いです。世界観はウィル・スミス主演の「アイアムレジェンド」とどことなく似ており、感染爆発によって荒廃したアメリカの景観がリアルかつ美しく描かれています。PS3最高水準のグラフィックはPS4の域に達しているのではないかと疑ってしまうほど。さすがはノーティドッグなだけありますね。

ゲームプレイ面も素晴らしいとしか言いようがありません。静と動が上手い具合に混ざっていて、主に「探索」「感染者との戦い」「生存者との戦い」に分かれています。
「探索」では美麗な廃墟の中を僅かな物資を求めて探し歩くのですが、これが「静」に対応します。このゲームでは弾薬も治療キットも本当に貴重ですので、リアル感溢れるサバイバルを展開することになります。拾った材料を組み合わせてナイフや火炎瓶などの武器を作ることもできますが、それらはすぐに壊れてしまいます。したがって、物資を調達できる時に調達しておかないと後々苦戦を強いられることになり、「探索」は「静」でありながら非常に重要な要素であって、このゲームの中核をちゃんと担っています。このことから「静」でもだれることなくゲームを進めることができます。

次に「動」である「感染者との戦い」「生存者との戦い」ですが、限られた物資を駆使して戦わねばならないので、基本的にステルスになります。もちろん、突撃しても構いませんが、ネイトさんみたいにはいきません(笑) 生存者なら銃撃戦でもなんとかなることが多いですが、猛追してくる感染者に囲まれたら銃弾が充分にあってもキツいです。感染者に噛まれたら即ゲームオーバー、感染者と接近戦をする場合は武器が無いと対抗できない(つまり、バイオハザードみたいに素手の格闘で感染者を薙ぎ倒す、という荒技は不可能)ので、緊張感が凄まじいです。感染者が物音に気付いて一斉に襲いかかってきた時のテンパり具合と絶望感は半端じゃないです(笑)
アクションゲームの延長線上にならない程度のこのシビアさが、The last of usの戦闘の良いところですね。

また、これら二つがきちんと差別化されている点も凄いですね。このゲームにおける感染者は、目から飛び出す寄生菌によって目が見えません。その代わりに聴覚が発達しており、こいつらと遭遇した場合は息を殺して移動しなければなりません。音を立てると猛追してきますからね。逆に言えば音さえ立てなければバレないので、真っ昼間に目の前をそ~っと通ってもバレないわけです。
一方、生存者はもちろん目が見えているので、音さえ立てなければという理屈が通用しません。しかし、聴覚は感染者ほど発達してないので、物陰に隠せていれば多少荒い移動をしてもバレません。この感染者と生存者の違いが、この作品の過酷な世界観を上手く表現している上に、ゲーム性をも向上させていると思います。

とまぁこんな感じで、今のところThe last of usをかなり楽しめてます。アンチャーテッド並に映画的な演出にも一見の価値ありなので、PS3を持っている方は是非とも購入してプレイしてみてください。






Last updated  2013.06.26 23:53:13
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.09
カテゴリ:ゲームの感想
ダークソウルをクリアしました!いや~、長かった!購入したのが大体一月上旬ですので、約二ヶ月の間奮闘していたことになります。あまりゲームしなかった週や、深淵の主マヌスが倒せなくてやや放置していた時期もありますので、単純計算とはいきませんが(笑)

Darksouls.jpg

クリア時の装備
右手武器:黒騎士の斧槍+5
左手武器:紋章の盾+2、呪術の火+5
呪術:薙ぎ払う混沌の炎
頭:牙猪の兜+5
胴:巨人の鎧+5
腕:黒鉄の手甲+4
脚:ゴーレムレギンス
指輪:寵愛と加護の指輪、ハベルの指輪

ステータスは基本的に体力、筋力、持久力を中心に上げていき、たまに技量に振ったりしていました。Lv70ぐらいでレベル上げを止めたので、余ったソウルは巨人火事場で光る禊石を購入したりして処分してました。
主力の武器は上記の黒騎士の斧槍で、R2で繰り出される飛びかかり斬りが格好良くて何回も使ってましたね。最初の頃は神聖のツヴァイヘンダー+5を主力にし、それでどこでも突き進んでいたんですが、偶然拾ったこの武器が超かっこよかったのですぐにチェンジしました(笑) 基本的に両手持ちでやってたので盾はあまり使わず、敵の攻撃を回避→一気に攻める戦法で敵を倒してました。
頭装備の牙猪の兜は重いし物理以外の耐性がかなり低いんで曲者なんですが、見た目がかっこいいのでずっと被ってました(笑)

プレイスタイルは基本的にずっとソロで、殆ど亡者状態で挑んでました。たま~に白いサイン蝋石で協力プレイしてましたが、協力プレイのホスト側にはなりませんでした。これは折角の初見なんだから独力でクリアしたいというのもありましたが、亡者から生者になるために使用する人間性がもったいなくて使えなかった、というのも最大の理由の一つです(笑) 
結局、人間性はよっぽどのこと(篝火強化など)がない限り使わず、そのおかげで最終的には人間性は40個、人間性の双子も20個近く貯まってしまいました(笑) 

一番苦戦したステージはデーモン遺跡ですね。苦戦というか、嫌な思い出があります。
当時、大王の封印を解かないと奥に進めないというのを知らずにどんどん突き進んでしまい、あの長い道のりをまた引き返す羽目になってしまったんです。篝火の転送はまだ使えなかったので、文字通り来た道をまた戻らないといけません。もちろん、途中の篝火に触れながら来たので敵は再配置されてます(泣)
しかも、デカいワームに酸を吐きかけられ、当時主力武器だった神聖のツヴァイヘンダー+5はボッロボロ。修理箱を買うのを忘れていたため、篝火で修復することも不可能神聖のツヴァイヘンダー一本でここまで来たので、有力なサブ武器も無く・・・もう詰んだと思いましたよ(笑)
最終的には、山羊デーモンから拾った武器でなんとか道を切り開いて帰還できたわけですが、しばらくダークソウルがご無沙汰になったのは言うまでもありません(笑)

とまぁそんな感じで、ダークソウルはなんだかんだで楽しかったですね。デモンズソウルのような安心安全ですぐに戻れる拠点が無い上に、前半は篝火の転送が使えないので、疲れるっちゃあ疲れるんですが、その分冒険感もあり、何よりダークでおどろおどろしい雰囲気が最高でしたよ!やはり全体的に難しいですが、人間性をフルに使って協力プレイすれば難易度も激減するでしょうし、良作ですね。上記の通りそれなりに疲労感を伴うので、デモンズソウルのように周回プレイをするかどうかは分かりませんが。

とにかく、GOD OF WAR : ASCENSION発売前にクリアできてよかったです(笑)






Last updated  2013.03.09 23:18:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.10
カテゴリ:ゲームの感想
inFAMOUS2の善ストーリーをクリアしました!いや~、かなり面白かったですね!
※ネタバレ注意。

inFAMOUS2 1.JPG

今作は前作よりもゲームシステムがとても洗練されており、多彩な技を手軽に切り替えられたり、いきなり大ジャンプできるアイスジャンプなどの氷技も増え、更にストーリーの中盤辺りで電磁浮遊が強化されるなど、このゲームの爽快感が大幅にUPされていました。こんなにも移動が楽しい箱庭ゲームは他に無いんじゃないでしょうか(笑)
それだけに、前作にあったワイヤーを滑走しながら吸電する爽快感溢れる便利な技が廃止されていたのが非常に残念です>< 敵の銃弾をかいくぐりながらワイヤーで吸電するのが好きだったので・・・;

しかし、それを抜きにしても今作の出来は素晴らしいとしか言いようが無いですね。ボス戦(特にゴジラ級モンスターとのバトルは最高だった!)やサブミッションの豊富さ(ユーザーがミッションを作れるというLBPのような機能付き)も賞賛に値するんですから、箱庭ゲーム最高峰に列せられるゲームであることには変わりありません^^

そしてストーリーですが、中盤までは「迫り来るビーストを倒すために頑張る!」といった王道だけど燃える感じでしたが、ビーストの正体が分かってからはそこまで燃えませんでした(・・;)
なんでしょうかね、「ジョン・ホワイトって誰だよ」って感じで全っ然入り込めませんでした><; 前作はやってるんですが、結構昔ですし、完全に存在を忘れていました;;

ビーストはある理念の為に暴れてるってのも良いと思うんですが、やっぱりここまでビーストをラスボスとして演出してるんだから、ビーストの正体がどうこうじゃなくて「ビースト、ニューマレイに到達!遂に決戦だ!」みたいな到達と同時に激突するという王道すぎる展開でも良かったんじゃないかなぁ~・・・と個人的には思いました。ジョン・ホワイトを覚えていたらまた意見が変わるんでしょうけど^^;

そんなこんなで、ストーリーは前作ほどの勢いはありませんでした。が、やはりゲーム部分はとんでもなく高水準なので、かなり満足はできました^^
善ストーリーではコールは死んじゃいましたが、続編とかはあるんでしょうかね?もしあったら間違いなく買いですね!






Last updated  2012.03.11 17:54:05
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.29
カテゴリ:ゲームの感想
先日、アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスをクリアしました!やはりGOTY2009に輝いたゲームの続編なだけあって、どっぷりとハマってしまいました(笑)

アンチャ3.JPG

今回のアンチャーテッドはネイトとサリーの関係に軸を置いており、知られざるネイトの過去やサリーとの出会いも描かれいて、今までモヤモヤしていたものが一気に解消されてより一層ネイトに感情移入できました^^ 少年版ネイトを操作できるというのも新鮮でした(笑)

アクション面も格闘を中心に進化しており、敵の放ってきた手榴弾を投げ返す技などは結構重宝しました。格闘は敵を障害物に押し付けて殴りまくる、手榴弾を敵に括り付けて自爆させるなど、バリエーションは増えましたが、前作よりも簡単になった気もします。しかし、度々出てくる大男との格闘戦はかなり白熱しました!

グラフィックは言うまでもなく、炎の中、水の中、砂漠の中など、今までにない環境で冒険できたのも新鮮でした。特に海を泳ぎ潜りながらの銃撃戦はめっちゃ楽しかったです(笑)

他にもハムナプトラに出てきそうな虫とのバトルも斬新でよかったですし、総合的な満足度は期待通りですね。ラスボスは前作ほど目立ちませんでしたが、崩れ行く砂漠のアトランティスを背景に戦うという演出は凄かったです!


また、マルチプレイも面白かったです^^ まだオフライン画面分割プレイしかしていないのですが、友人も満足するほどに楽しめました。ゲーム得意な友人とはサバイバルで敵を薙ぎ倒し、ゲームがあまり得意でない友人とはミニミッションで助け合いながら進むなど、使い分けもできてGOODです。


こんな感じで、アンチャーテッド3は前作に比肩するほどの傑作でした^^ PS3を持っている方は、是非買ってプレイしてみましょう!






Last updated  2012.02.29 12:20:52
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.