2017.12.31

2017年を振り返って

カテゴリ:ライフイベント
​​​​​​​今年の漢字が「北」と発表されたことから分かるように、2017年は北朝鮮とアメリカが一触即発の状態に陥るという、国防について非常に考えさせられる年でした。かつて海上帝国アテナイが唱えた強者の論理は、現代社会でも衰えることを知らず、政治面だけではなく経済面においても如実に現れるようになった気がします。プラトンの批判した「迎合」が、人生のあらゆる面で当たり前になった現代社会の果てには、一体何が待っているのでしょうか。
・・・とは言うものの、世界政治に関して憂うよりも、まずは目の前のコト、ですね。笑 


等身大の感想を言えば、2017年はギリシア生活がかなり充実した年でした。(毎年同じようなことを言っている気がしますが笑)マケドニア王国所縁の地を巡ったギリシア一人旅に加え、駐日ギリシャ大使にお会いしたり、日本ギリシャ協会の会報にゼウスに関する記事を寄稿したり、古典ギリシア語で原典を解読したり・・・。今年読んだ書籍も100%ギリシア関連(漫画を除く)で、1年で30冊以上読破したのにも関わらず、その中に小説は1冊もありませんからね。後で参照できるように読む本は全て購入しているので、本棚のキャパがそろそろ厳しくなってきました。笑
もちろん、香港旅行や映画鑑賞など、ギリシア生活以外も楽しみましたがね!


​​​■2017年に読破した書籍​
​①ギリシア史2​(クセノポン/著、根本英世/訳)
​​②ギリシア喜劇2 アリストパネス<下>​​​(アリストパネス/著、呉茂一・村川堅太郎・高津春繁/訳)
③変身物語<上>(オウィディウス/著、中村善也/訳)
④変身物語<下>(オウィディウス/著、中村善也/訳)
⑤戦術書(ポリュアイノス/著、戸部順一/訳)
⑥英雄伝<上>(プルタルコス/著、村川堅太郎/編)
⑦英雄伝<中>(プルタルコス/著、村川堅太郎/編)
⑧英雄伝4(プルタルコス/著、城江良和/訳)
⑨饗宴(プラトン/著、久保勉/訳)
⑩パイドロス(プラトン/著、藤沢令夫/訳)
⑪ゴルギアス(プラトン/著、加来彰俊/訳)
⑫国家<上>(プラトン/著、藤沢令夫/訳)
⑬国家<下>(プラトン/著、藤沢令夫/訳)
⑭政治学(アリストテレス/著、山本光雄/訳)
⑮ソークラテースの思い出(クセノポン/著、佐々木理/訳)
⑯ギリシア哲学者列伝<上>(ディオゲネス・ラエルティオス/著、加来彰俊/訳)
⑰ギリシア哲学者列伝<中>(ディオゲネス・ラエルティオス/著、加来彰俊/訳)
⑱ギリシア哲学者列伝<下>(ディオゲネス・ラエルティオス/著、加来彰俊/訳)
⑲ピタゴラスの生涯/黄金の詩(ポリュピュリオス/著、水地宗明/訳)
⑳ギリシア奇談集(アイリアノス/著、松平千秋/訳)
㉑ヘレニズムの思想家(岩崎允胤/著)
㉒イソクラテスの修辞学校(廣川洋一/著)
㉓ギリシア考古学の父シュリーマン:ティリンス遺跡原画の全貌(天理参考館/編)
㉔医神アスクレピオス:生と死をめぐる神話の旅(カール・ケレーニイ/著、岡田泰之/訳)
㉕歴史言語学の方法:ギリシア語史とその周辺(松本克己/著)
㉖紀元前4世紀ギリシア世界における傭兵の研究(小河浩/著)
㉗王妃オリュンピアス:アレクサンドロス大王の母(森谷公俊/著)
㉘古代ギリシア遺跡事典(周藤芳幸・沢田典子/著)
㉙古代ギリシア 地中海への展開<諸文明の起源>(周藤芳幸/著)
㉚古代の格闘技(長田龍太/著)
㉛ヘレニズム文明(フランソワ・シャムー/著、桐村泰次/訳)
㉜学問としてのオリンピック(橋場弦・村田奈々子/編)
㉝The Complete Greek Temples(Tony Spawforth/著)
㉞ΑΓΗΣΙΛΑΟΣ(ΞΕΝΟΦΩΝ/著)
㉟ΛΑΚΕΔΑΙΜΟΝΙΩΝ ΠΟΛΙΤΕΙΑ(ΞΕΝΟΦΩΝ/著)
㊱ΤΡΑΧΙΝΙΑΙ(ΣΟΦΟΚΛΗΣ/著)​

今年は神話・歴史系の本だけではなく、古代ギリシア哲学にも本格的に手を出しました。哲学というと、小難しいイメージが先行しますが、プラトンの対話篇なんかは意外と読みやすいです。(アリストテレスは結構頭を使わないと読めませんが・・・)しかも、極めて興味深い。プラトンがソクラテスというキャラクターを通して主張する「善く生きること」は、曖昧な概念を明確に定義付けながら、快楽こそ善とする当時の風潮をバッサリと切り落とします。この風潮は現代でも支配的であるが故に、プラトンがどのようにこれを論破するのかが気になり、読んでいて非常に楽しいです。
この「善く生きること」を実践するのは、強靭な精神力と信念が無い限り、厳しい道のりになるでしょう。ただ、頭の片隅にでもこの思想を宿しておけば、人生の重大な選択の時に、道を誤らずに済むかもしれません。プラトンの哲学は、2017年の世でも、燻ることなく輝き続けているのですから。


​■2017年に劇場で鑑賞した映画​
①ローグワン:スターウォーズ・ストーリー(ギャレス・エドワーズ/監督)
②沈黙:サイレンス(マーティン・スコセッシ/監督)
③ドクター・ストレンジ(スコット・デリクソン/監督)
④キングコング:髑髏島の巨神(ジョーダン・ヴォート=ロバーツ/監督)
⑤ドント・ブリーズ(フェデ・アルバレス/監督)
⑥ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(ジェームズ・ガン/監督)
⑦LOGAN:ローガン(ジェームズ・マンゴールド/監督)
⑧ちょっと今から仕事やめてくる(成島出/監督)
⑨銀魂(福田雄一/監督)
⑩パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊(ヨアヒム・ローニング/監督)
⑪スパイダーマン:ホームカミング(ジョン・ワッツ/監督)
⑫ワンダーウーマン(パティ・ジェンキンス/監督)
⑬ダンケルク(クリストファー・ノーラン/監督)
⑭エイリアン:コヴェナント(リドリー・スコット/監督)
⑮アウトレイジ:最終章(北野武/監督)
⑯マイティ・ソー:バトルロイヤル(タイカ・ワイティティ/監督)
⑰IT/イット:"それ"が見えたら、終わり。(アンディ・ムスキエティ/監督)
⑱ジャスティス・リーグ(ザック・スナイダー、ジョス・ウェドン/監督)​

映画界では、ヒュー・ジャックマンが遂にウルヴァリン役を降りるという、X-MEN史上類を見ない衝撃的な出来事が起こりました。最後のウルヴァリンが脈動する『LOGAN:ローガン』は、ジョニー・キャッシュの"Hurt"がぴったりな、哀愁漂う渋い名作でした。ディズニーが約7兆円でFOX主要部門を買収しましたが、それでもヒュー・ジャックマンがアベンジャーズに合流することはないのですね・・・。ロバート・ダウニーJr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワースに並んで、ヒュー・ジャックマンがアダマンチウムの爪を構える画をスクリーンで鑑賞したかった・・・。

ヒュー・ジャックマンの切ない最期の隣で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『ドクター・ストレンジ』『スパイダーマン:ホームカミング』『マイティ・ソー:バトルロイヤル』と、マーベル・シネマティック・ユニバースはどんどん熱を帯びながら膨張を続け、来年遂に集大成となる『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』が公開されます!DCエクステンデッド・ユニバースの『ジャスティス・リーグ』が少々残念な出来だったが故に、インフィニティ・ウォーへの期待は否が応でも高まります。最近は熱を帯びすぎて「公開前にマーベル作品のBDを全部購入して手元に揃えようかな」なんて考えてます。笑


■2017年にプレイしたゲーム
①人喰いの大鷲トリコ(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
②バイオハザード7:レジデント・イービル(カプコン)
③ホライゾン:ゼロ・ドーン(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
④アンチャーテッド:古代神の秘宝(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
⑤アサシンクリード:オリジンズ(ユービーアイソフト)

書籍や映画に比べると、今年プレイしたゲームは比較的少ないです。これは、アマゾン・プライム(PS4対応)に加入したが為に、PS4を起動する度にゲームではなく会員無料海外ドラマ『スーパーナチュラル』シリーズ(ちなみに今はシーズン8に突入したところです!)を観賞してしまいがちだったからでしょう。笑 
とはいえ、来年は今以上にゲーム熱が高まるのは必然です。中学時代の青春を捧げたモンスターハンターシリーズの最新作が、満を持してPS4に降臨するのですから!12月にリリースされたβテスト版も何回かやりましたし、準備は万端です!メイン武器を、使っていて一番爽快感のあった双剣にするか、重装歩兵スタイルのランス or ガンランスにするか、非常に迷っていますがね。笑


来年はどんな年になるか想像も付きませんが、MHWにインフィニティ・ウォー、ギリシア生活と、楽しみは尽きません!このささやかな幸せが今後も「当たり前」のままであるように、願うばかりです。​​​​​​​





TWITTER

Last updated  2017.12.31 00:43:56
コメント(0) | コメントを書く