1418313 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Monkung Factory for ThinkPad

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


もんくん

Archives

Category

Comments

ジュリ@ Re:やっとT410sのバックライト切れを復旧できた(02/23) もんぐん様、初めまして。 私くしはMiniTo…
uni@ Re:やっと液晶割れE420の修理(上半身を換装)(10/11) はじめまして。 いつも楽しく勉強させてい…
通りがかり@ Re:USBポートを簡単に安全に取り外せないものか(12/19) ぜひ、半田吸い取り線を使ってみてくださ…
http://buycialisky.com/@ Re:T400の断線したLCDケーブルを修復したい(07/07) non prescription cheap cialis softcheap…
http://buycialisky.com/@ Re:T510の液晶交換、バックライトが点かなくなった(06/16) cialis and us doctorforum cialis ou via…
http://viagraiy.com/@ Re:T400の断線したLCDケーブルを修復したい(07/07) viagra dosage high blood pressure <…
http://cialisiv.com/@ Re:T510の液晶交換、バックライトが点かなくなった(06/16) cialis waar te koopcialis generika kauf…
http://buycialisonla.com/@ Re:t30のメモリスロット障害の克服(05/16) cheap cialis dailydoes cialis soft work…
gonsuke@ Re:T60の電源が突然落ちる…なぜ?(CPUやメモリの交換)(10/13) Thinkpadに魅入られた一人です。私もW510…
EaseUS@ Re:32GBのCFをT60に載せて擬似SSDにしてみた(04/21) ご担当者様 お世話になっております。Eas…

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません
Oct 29, 2016
XML
カテゴリ:SL510 SL410
パスワードが設定されているSL510(2875-55J)。

 SL510のEEPROMは、ワイヤレスWANカードスロットのプラスチック絶縁シートの下に配置されているTSSOP(Thin
Shrink Small Outline Package)規格の[PS08]。



 ピンピッチは0.65mmとかなり細かく、いつもSVP上書き解除に使っているスイッチのケーブル線より細かいので、そのままハンダ付けするのはちょっと…躊躇する。

 そこで今回は、極細のワイヤー線を使って、EEPROMの5・6pinに半田付けし、短絡させて解除することにした。(これでもけっこう半田付けはたいへんです。細かいものがよく見えないので…。)



 ところが…である。


 SL510を起動させてもフリーズしてしまい先に進むことはできない。ケーブルの接続を確認してみても問題がない。さては、SL510、今までのThinkPadにように甘くはないのか?


 調べてみると、ThinkPadのSVP解除方法は4種類あって、EEPROMにSVPが格納されている旧タイプのThinkPadでなければ、「短絡」による解除はできないとのことだ。ちなみは、旧タイプはX61、X200/X201まで。(SL510はどっちだ?)

 新タイプでは、EEPROMにSVP領域はないため、「短絡」による方法はできないようだ。

 ちなみにSL510の先代、SL500では、BIOSを格納するEEPROMにSVPが納められていたため、短絡したり、取り外したりするとBIOSが起動しなくなってしまった。そのため、SL500では、SVP解除にこだわらず、正常に起動するEEPROMに貼り換えるのが一番簡単だと思う。
(まさか、この[PS08]にはBIOS入ってませんよね。)


■Biosパスワード解除・ぶろぐ
http://www.ogatama.com/dsp/diary.cgi?field=6


 ということで…、SVP上書きの目論みは頓挫することに…。

 まあ、BIOSロックがかかっていても、HDDから起動させることさえできれば、とりあえずってとこだろうか?


※BIOSロックはかかっているが、とりあえずwin7を起動させることはできる。








Last updated  Oct 29, 2016 10:34:35 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.