2302277 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Monkung Factory for ThinkPad

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


もんくん

Archives

Category

Comments

KITA@ Re2:L420に設定されているSVPを簡単に解除?(03/14) 第6世代以降(6,7,8)の”SVP解除”につい…
わかりやすい@ Re:T530をwin10に:ダイナミックMBRとは何なのか?(12/13) 拝読させていただきました。詳しい説明あ…
Gusszan@ Re[2]:やっとレンジフードスイッチの修理が完了(04/03) もんくんさんへ お返事が遅くなり申し訳…
もんくん@ Re[1]:やっとレンジフードスイッチの修理が完了(04/03) Gusszanさんへ T61pの不安定な動作は、 GP…
Gusszan@ Re:やっとレンジフードスイッチの修理が完了(04/03) 初めまして、ヨーロッパに在住しています…
秋田県民K@ Re:T410sに載せたwlanカードが機能しない…なぜ?(07/04) こんにちは。 Intel製無線LANに関して苦労…
MINAG@ Re:X40液晶内部の汚れをきれいに掃除したい(01/25) 自分のノートPC Vostro3560 にも液晶内汚…
Ryoh_Sibainu@ Re:CPUファン回転数を最高速にTPFanControlの導入(10/05) 「64」って入れてみてください。 ThinkPad…
もんくん@ Re:BIOS更新でブルーバックの呪縛は解けるのか…。(03/20) L540にwin10のクリーンインストールを再度…
Monkung@ Re[1]:BIOS更新でブルーバックの呪縛は解けるのか…。(03/20) sorrimanさんへ  L540が2台あり、片方は…

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません
Jul 17, 2021
XML
カテゴリ:X220 X230
BIOSロックのかかったX230 (2325-SSF)だが、ロックされていてもhddを起動させることはできるので、通常使用にはさして問題もない。


 ところが、boot順序を変更したり、日付・時刻の調整、I/Oポートアクセスの有効・無効設定を変更しようと思うと、BIOSがロックされているのは、すこぶる都合が悪い。
 今回のX230で問題となるのは、wlanとbluetoothが無効に設定されていることと、bootがhdd以外できなくなっている点。とりわけ、wlanが繋がらないのは不便だ。

 ここはどうしてもBIOSロック(SVP(スーパーバイザーパスワード))を解除しなければならない。

■まずはeepromの所在を確かめねば…。
 SVPは、「24RF08」というeeprom (Electrically Erasable and Programmable Read-Only Memory)に書き込まれていることが多い。SVPを解除するためには、このeepromのデータを読み出す必要があるのだが、eepromの5-6pinをショートさせて、eepromをだましてSVPの入力タイミングを回避する方法がお手軽だ。

 X230のeepromの所在は、ネットに情報からすると、x220と同じように、cpuクーラーの近くのシスボ(システムボード)表面にあるという。

http://www.ja.axxs.net/x220.htm
https://forum.thinkpads.com/viewtopic.php?t=116179
------------------------------------------------------------
Re: X230 EEPROM location + introducing myself
#2 Post by RealBlackStuff » Mon Dec 08, 2014 9:46 am
The eeproms in X220 and X230 have the same location and are both L08.
This is as far as we will go.
Just in case: we do NOT allow discussions about password removals and related info on this Forum!
------------------------------------------------------------

 ここは、早速X230を分解。保守マニュアルに沿って、キーボード、パームレスト、キーボードベゼルと外していく。X220の写真を参考に黒い絶縁ビニールをめくってeepromの所在を確かめる。
 eepromはやはり、cpuファンの近く、LCDケーブルコネクタとの間、[U42]とシルク印刷されたシスボ上にあった。



※キーボード、パームレスト、キーボードベゼルを外し、絶縁ビニールをめくると…。


※[U42]とシルク印刷されたシスボ上の[L08]と刻印されたチップがeeprom。

 あとは、eepromの5-6pinを確認して、ショートさせながら起動するだけだ。





 ショートさせるタイミングがよく分からないが、何度か挑戦していくうちに偶然にも、パスワード入力画面をとばして、BIOSに入ることができた。

 こうなると、BIOSはSVPが書き込まれていないと思っているので、わざとSVPを設定する。これなら絶対忘れないだろうパスワードを入力して、未知のパスワードに上書きしてしまうのだ。


※BIOSのパスワード設定画面。わざとSVPを設定し、未知のパスワードを上書きする。

 あとは設定を保存して終了するだけだ…。


 再起動後、[F1]でBIOSに入ろうとすると、パスワード入力を求められるが、ここは「知ってるパスワードを入力。すると、BIOSは全ての項目を変更可能な状態になっている…。(まあ当たり前ですが…。ちなみにSVPを完全に解除するときは、新しいパスワードをNull状態にして登録します。)

 後は、「Boot Menu」や「I/O Port Access」を変更するだけだが、これはBIOSを初期化してしまえば簡単だ。


※「I/O Port Access」の設定画面。wlanとbluetoothを有効「Enabled」に…。


※wlanのLEDも点灯。しっかりとネットに繋がったX230。

 これで、BIOSロックも解除でき、wlanも機能するようになり、万々歳ってとこでしょうか…。

 







Last updated  Jul 17, 2021 10:24:09 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.