2015年10月07日

天びん、はかりを快適に正しく使うために その2

天びん、はかりを快適に正しく使うために その2

◆点検・検査のルールを決める
あらかじめ、日常点検・定期点検を実 施する担当者と定期検査を実施する管理者を決め、点検・検査の方法や実施時期などのルールを定め、マニュアル化しておくと良い。校正分銅内蔵型の天びんを 使用すれば、分銅を用いなくても日常的に校正できる。エー・アンド・デイ、島津製作所、新光電子など、各社が校正分銅内蔵型の天びんを発売している。
 
自動キャリブレーション機能の付いた天びんも。温度変化による感度ドリフトの自動校正や、内蔵タイマーによって設定した時間に校正してくれるものがある。
 
また、新光電子は不確かさが簡単に算出できる「電子はかり計量管理ソフトHKS」を発売している。






TWITTER

最終更新日  2015年10月07日 09時05分57秒
[計量器コンサルタント小野学お奨めの計量器] カテゴリの最新記事