1191091 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

土曜日の書斎 別室

PR

October 16, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
  1018 (寛仁2) 年10月16日。
  京都 ・ 藤原道長邸。

10181016.jpg


いやあ~~あ!

  栄華 ッて
良いモンですネ~~エ♪


  通称・・・土御門殿。
  今を時めく権門の威容を誇示する 前太政大臣 ・ 藤原道長 の豪邸に於いては、 盛大なる宴が催されていた。
  是の日・・・。
  道長の 三女 ・ 威子 は、 晴れて後一条天皇の中宮となったのであった。

  既に・・・。
  長女 ・ 彰子『源氏物語』 の作者 ・ 紫式部 が仕えたのは、 この人) を一条天皇の下へ・・・。
  次女 ・ 妍子 を三条天皇の下へ・・・。
  共に、 中宮として入内せしめていた。
  今又、 威子を中宮と成し、 道長にして、 息女三人を相次いで后に立てると云う、 古今未曾有の快挙 (暴挙か?) を達し得た事になる。

  将に 閨閥 とは、 是の一族に奉る言葉であろう。

  天皇家の外戚としての地歩を固め、 朝権を掌握すべく、 累代に渡って、 有りとあらゆる策謀を廻らせて来た 藤原一門 であったが、 道長に至って、 その権勢は遂に絶頂に達したと云える。


この世をば  わが世とぞ思ふ 

望月の欠けたることもなしと思へば


  宴の席上、 道長が即興で詠んだとされる、 余りにも有名な歌である。
  時しも、 爛熟期に達した平安文化の芳醇な香気に彩られて、 一門の栄華は頂点を極める。

  然し、 古代国家の基盤は、 既に危殆に瀕して居り、 押し止め様のない勢いで崩壊へ向かっていたのである。






Last updated  October 17, 2007 08:35:04 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.