130551 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ものごいかっぱのあめふらし

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

2015年04月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こいつはツボだ(≧∇≦)


男の隠れ家 2015年 05月号 [雑誌]









最終更新日  2015年04月01日 12時19分34秒
2012年04月26日
カテゴリ:日常
突然ですが、ブログを引っ越しました。

引っ越し先は、ココログさんです→ものごいかっぱのあめふらし

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします m( _ _ ) m








最終更新日  2012年04月26日 22時43分20秒
2012年04月23日
カテゴリ:日常
しだれ桜
しだれ桜 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

4/19(木) 21:00頃、妻のお母様が急逝されました。
腰を痛めて寝込まれた後、3日ほど前より手に痙攣が出始めたということで、兄弟の方々が病院へ行くよう勧めたものの拒否されていたそうです。
連絡を受け妻が会いに行ったときも普通に話をしていたということですが、妻が退去してから10分後位に急逝されたそうです。
救急車で病院へ運ばれ死亡が確認された後、警察の方が来られました。
自宅で亡くなり往診なども受けていなかった為、警察での検死と事情聴取があるのだそうです。
遺体は警察へ運ばれ、刑事さんが自宅へ来られ、聴取と写真を撮られていました。

私は、いままで葬儀ってほとんど出たことがありません。
今回は、納棺から納骨まで初めて体験しました。
小4のムスメも、自らの意思で最初から最後まで一緒に来てくれました。

「納棺の儀」では、遺体の身を清め、化粧をし旅装束を整えて納棺。
化粧をすることで、まるで眠っているかのようなお顔になるんですね。びっくりしました。

困ったのは遺影。
故人は写真嫌いで、自分の写っている写真はみんな破棄してしまっていて、適当な写真が見つからないのです。
唯一見つかったのが、昔の結婚式に出席していた時の集合写真。
かなり小さい上に「絹目」の写真・・・
ところがこれが驚くほど、きれいな遺影となりました。プロの技術はすごいですね。

お通夜、告別式がつつがなく終わり火葬場へ・・・・
5歳くらいの頃、おばあちゃんのお骨を拾った記憶がうっすらとあるのですが、それ以来の火葬場です。
火葬用の炉というものを初めて見ました。

お棺を火葬炉へ入れる寸前、息子さんの手にあった数珠がいきなり弾け、ばらばらに飛び散りました。
なんだったんでしょう。故人がお別れを言ったのでしょうか・・・

1時間半ほど待合室で待った後、再び火葬炉の前へ。
炉の扉が開けられると ゴオォォ!っとすごい音。まるであの世とのトンネルが開いたかのように感じました。

お骨を壺に入れた後、係の方が骨について、いろいろと説明してくれました。
皆さんは、「喉仏」ってご存じです?
喉の所にある膨らみの部分のことって思っていたら、この部分は軟骨で、火葬すると燃えてしまうのだそうです。
本当の喉仏は、第2頸椎の部分なんですって。
第2頸椎の形が、仏様が座って拝んでいるような形をしているんですよ。
初めて知りましたよ。

今回、初めて納棺から告別式まで参加致しましたが、本当に大変なんですね。
遺族は悲しみに暮れる暇もなく、手続きやら準備やら接待やら・・・


私は死んだらお葬式もお墓もいらないです。灰にして沖縄の海にでも蒔いて自然に帰して欲しいなって思っています。







最終更新日  2012年04月24日 22時37分46秒
2012年04月18日
カテゴリ:カメラ・写真
いつもより春が遅れ、ようやく満開となった桜・・・

でも満開になったと思ったら花散らしの雨が降ってしまいましたね。
残念ながら今年は桜吹雪を見ることなく、散ってしまいました。
桜雨04
桜雨04 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)


桜雨02
桜雨02 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)


桜雨01
桜雨01 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)

雨に打たれ落ちた花びらたちは、水たまりを彩っていました。
桜雨03
桜雨03 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)

散った桜が流れていくさまを山吹が見送っています。
桜雨05
桜雨05 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)


リコーGRブログトラックバック企画『音』に参加








最終更新日  2012年04月18日 23時28分41秒
2012年04月17日
カテゴリ:カメラ・写真
居酒屋さんでのGXR友の会プチオフがお開きになり、駅に向かって歩いているとき、正面に見えた東京国際フォーラム。
「行ったこと無いんですよ」と言ったら、「じゃあ、行ってみましょう」ということになり、急遽撮影会となりました。

A16包囲網の隊長 hamachiさんにA16ユニットをお借りすることができ、自分のGXRに装着して試射することができました。(これは罠ともいいます^^;)

まずは自分のA12 50mmにて
WBを昼光にしているので、このような色合いになっています。
国際フォーラム01_50
国際フォーラム01_50 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)

国際フォーラム02_50
国際フォーラム02_50 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)

続いてA16ユニットを装着。
A16ユニットは24~85mmのズームレンズで、いわゆる一眼レフと同等のAPS-Cサイズの撮像素子をつんでいます。
使ってみて驚いたのはとても静かなこと。
A12はAFの音がジ~コ~ジ~コ~しますが、A16はほとんど無音です。
薄暗い中ですが、AFでしっかりピントが合います。

24mm
国際フォーラム03_A16
国際フォーラム03_A16 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A16(24-85mm)

見た目から「土管」などと呼ばれていますが、カメラをしっかり構えるのにホールドしやすいですね。
軽いので片手で撮る場合でも、苦にはなりません。
24mm
国際フォーラム04_A16
国際フォーラム04_A16 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A16(24-85mm)

24mm
国際フォーラム07_A16
国際フォーラム07_A16 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A16(24-85mm)

35mm
国際フォーラム05_A16
国際フォーラム05_A16 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A16(24-85mm)

短い時間でしたが、A16ユニットを堪能することができました。

ふたたび自分の50mmにて
国際フォーラム08_50
国際フォーラム08_50 posted by (C)ものごいかっぱ

撮影会を終了し扉をくぐると、そこにはさらなる罠が・・・・
国際フォーラム06_50
国際フォーラム06_50 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)

この扉を出るとすぐにビックカメラがあるんですね (^◇^;)

D-Dayは間近か・・・









最終更新日  2012年04月18日 00時21分32秒
2012年04月16日
カテゴリ:カメラ・写真
カメラの話をしようvol.2 ミラーレスの話をしようというトークイベントに参加してみました。
ミラーレスの話をしよう
ミラーレスの話をしよう posted by (C)ものごいかっぱ GXR A12(50mm)

お話して下さるのは、PENの小川治男さん、ONEの後藤哲朗さん、GXRの湯浅一弘さんです。

おしゃれなデザインのミラーレスが出たおかげで、カメラを使う人は増えていますが、キットレンズ以外のレンズに交換して楽しんでいる人はまだまだ少ないんだそうです。
これは、どういうレンズを使ったらよいかわからないということもあるようで、レンズの紹介に「ポートレート向け」「旅行向け」などというような名前を付けたところ、購入される方が増えてきたそうです。
1本のレンズを製品化するには億単位の費用がかかるそうで、キット以外のレンズをもっと買ってもらわないと、メーカも疲弊してしまうのだそうです。
いかにしてレンズを交換して写す楽しみを、みんなに知ってもらうかというところが、課題だそうです。

その他にもなぜ価格が下がっていくのかというような驚くべき話とか、あんな話やこんな話^^;
いやぁ、おもしろかったですねぇ。

次回は1眼レフについてやりたいと言っておられました。次回も参加したいですね。


イベントの後は、会場にいたGXR友の会のメンバーと、近くの居酒屋さんでプチオフになだれ込みました。
居酒屋さんではA16に周りを囲まれ危機一髪!
そんな状況を打破するために大砲をひとつ・・・^^;
タムキュ~
タムキュ~ posted by (C)ものごいかっぱ

とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

帰り際、たまたま眼に入った東京国際フォーラムに立寄り撮影会。
A16を貸して頂き、堪能させて頂きました。・・・ハッ!Σ(゚д゚lll) 罠か・・・

写真は次回アップします。











最終更新日  2012年04月17日 00時06分25秒
2012年04月13日
カテゴリ:カメラ・写真
お昼は職場の近くのコンビニかお弁当屋さんのお弁当なのですが、わざと遠回りをして20~30分歩いて行きますw

今回はGXRにjupiter-8 を付けて行きました。

このjupiter-8は、ソ連で1963年に作られたレンズ。自分の生まれる前に作られたレンズをデジカメに付けて持ち歩くなんて不思議な感じ。50mmなのでGXRに装着すると75mmの中望遠レンズとなります。

このレンズは絞りが開放だとほんわりした感じに写るので、好きなレンズです。
桜_jupiter_01
桜_jupiter_01 posted by (C)ものごいかっぱ with GXR jupiter-8

桜_jupiter_02
桜_jupiter_02 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with jupiter-8

桜_jupiter_03
桜_jupiter_03 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with jupiter-8

桜_jupiter_04
桜_jupiter_04 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with jupiter-8

春の柔らかな日差しを感じさせてくれますね。









最終更新日  2012年04月14日 16時55分01秒
2012年04月11日
カテゴリ:カメラ・写真
なかなか気温が上がらず、開花が遅れていた桜

一気に咲き始めましたね・・・・

満開になった!と思ったら花散らしの雨・・・・う~ん、もっと桜を楽しみたいですね~

桜01
桜01 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

桜02
桜02 posted by (C)ものごいかっぱ

桜03
桜03 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

桜04
桜04 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

桜05
桜05 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

桜07
桜07 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar









最終更新日  2012年04月11日 23時34分23秒
2012年04月09日
カテゴリ:カメラ・写真
近所にある料亭のお庭。

小川が流れ、水車が回っています。
四季亭_祠
四季亭_祠 posted by (C)ものごいかっぱ

うつむき加減にひっそりと咲いているカタクリの花。かわいらしいですね♪

四季亭_カタクリ
四季亭_カタクリ posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)

庭の水鉢には花が置かれ、素敵な空間になっています。

四季亭_水鉢1
四季亭_水鉢1 posted by (C)ものごいかっぱ

四季亭_水鉢2
四季亭_水鉢2 posted by (C)ものごいかっぱ


四季亭_水鉢3
四季亭_水鉢3 posted by (C)ものごいかっぱ

たまにはこんな空間で、ゆっくりと過ごす贅沢もいいものですね。


リコーGRブログトラックバック企画「音」に参加








最終更新日  2012年04月09日 23時31分54秒
2012年04月08日
カテゴリ:カメラ・写真
横浜の大桟橋

初めて行ってみましたが、とてもおもしろい造形をしていますね。

桟橋を駆ける
桟橋を駆ける posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar


桟橋_1
桟橋_1 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

桟橋には 豪華客船 飛鳥II が停泊していました。
飛鳥II_1
飛鳥II_1 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with Super Wide-Heliar

煙突から盛んに煙を上げていたので、動くのかな? と期待したのですが、残念ながら動くところは見られませんでした。スタッフさん、くつろいでますね^^
飛鳥II_2
飛鳥II_2 posted by (C)ものごいかっぱ GXR with A12(50mm)









最終更新日  2012年04月08日 22時44分45秒
このブログでよく読まれている記事

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

日記/記事の投稿

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.