131639 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ものごいかっぱのあめふらし

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

万年筆

2012年02月07日
XML
カテゴリ:万年筆
ヤフオク沼から引き上げてしまいました^^;

セーラーのプロフェッショナルギア マイカルタ ブラック。
ペン先は21kのBです。

マイカルタ
マイカルタ posted by (C)ものごいかっぱ


「マイカルタ」というのは軸に使われている素材の名前です。
「キャンパス(綿布)とフェノール樹脂を高圧・高温で固めた素材で、耐久性が高く、吸湿性があり手に馴染む樹脂素材。感触は革に近く、使い込むと色の経年変化を楽しむことができる」のだそうです。

発売されてすぐに、日本橋の丸善に行き、試筆させて頂いたことがあるのですが、書き味のよさとすべりにくい軸の感触に、いつかは欲しい!って思っていました。しかし定価で¥57,750というのは、おいそれとは手が出せませんでした。

最近はお気に入りの万年筆が数本あるので、以前のように新しい万年筆を欲しいとは思わなくなっているのですが、セーラーの21kのペン先は1本欲しいと思っていました。

先日、いつものようにカメラ沼・レンズ沼を徘徊しているときに、なにげに万年筆沼を覗いたところ、憧れだったマイカルタが浮いていることに気づきました。幸いほとんど競ることもなく落札することができました。

ペン先は "B" ということで、太すぎるか? と思いましたが、実際に書いてみると、懸念したほどは太くなく、よく使っている長刀のMFと同じ位で、ノートに殴り書きをするのにちょうどいい太さです。
"調整"されているということだったので、本来の太さよりは細めなのかもしれませんね。

書き味はなめらか♪ 

”青墨”を入れたマイカルタは、常に持ち歩く1本になりました♪










最終更新日  2012年02月07日 23時55分24秒
2010年04月14日
カテゴリ:万年筆
桜は昨日の風雨で散ってしまいましたが、我が家には「桜」がやってきました。
ロングプロダクツさんの「アセテート 桜」です。
桜1
とても美しい桜柄の万年筆です。ひとめぼれしてしまいました。
とはいえ、40代のおにいさん(けっしておじさんとは言わない ^^;)が使える柄ではないので、娘の誕生日プレゼント(8月ですが・・・(^^;)と、自分に言い訳をして購入してしまいました。

軸の素材は「アセテート」。セルロイドに似ていますが、難燃性で衝撃にも強い素材だそうです。
ペン先はシュミットのスチールです。
桜2
セーラーの「桜森」インクを入れて・・・と思っていますが、桜を購入したペンルームさんでは売り切れ。まだどこかで手にはいるかな?






最終更新日  2010年04月15日 00時14分23秒
2010年04月04日
カテゴリ:万年筆
丸善日本橋店で、「世界の万年筆展」が開催されています。
1Fの入り口、B1の入り口と万年筆売り場付近と、会場がばらけており、少々わかりづらいのですね。ペリカンさんのところは、自由に試筆できるように、各サイズの万年筆が並べてありましたが、他のところは、頼めば試筆させてもらえるといった感じで、「万年筆に興味はあるけど、高いから買えないなあ」と思っている多くの人たちには、辛いですね。
こういうイベントでは、もっと気軽にいろいろな万年筆を、試筆できるようにしてもらいたいものです。高いワインと一緒で、実際に飲んで(書いて)見ないと、高くても欲しい!という気持ちにはなかなかなれないものです。
そういった意味で、このようなイベントは、新たに万年筆を使いたいという人たちを開拓する場になると思うのですが、今のようなやり方では、なかなか裾野は広がっていかないのかなって思います。
丸善をでて、東京駅に向かう途中、桜が満開!
日本橋の桜
とてもきれいでしたが、歩行者天国とかした道路では、そこら中で宴会が・・・。

せっかく東京駅まで来たので、千疋屋_メロンババロアを買って帰ります。
千疋屋_メロンババロア
ほんのり優しい甘さのババロアにメロンたっぷりのメロンババロアは、本当においしいです。
小さなカップ入りもありますが、4個買うと、大きいのを1個買うより高く付くので、大きいのを買って行きます。
ウチではまるでピラニアが群がるように、ものの3分で食い尽くされてしまいます。






最終更新日  2010年04月05日 00時20分35秒
2010年03月29日
カテゴリ:万年筆
私が万年筆を使い始めるきっかけは、絵を描くのが好きだったぴよに、妻が黄色のサファリ万年筆をプレゼントしたことから始まります。
子供のサファリを、時々借りて使っていた妻が、「自分用の万年筆が欲しい・・・木の軸がいいな」と言い始めました。
そこで、ネットでいろいろと万年筆について調べていたところ、自分も欲しくなってしまい、妻用にパイロットのカエデ、自分用にクロスのアポジーを購入しました。
それぞれを書き較べてみると、金属軸で重く、硬いペン先(18kですが・・・)のアポジーに対して、木軸で軽く、柔らかいペン先(14kです)のカエデ・・・と、全く正反対な性格だったため、他の万年筆はどうなんだろうと、一気に深みにハマッていってしまいました。

そんなわけで、パイロットのカエデです。
カエデ
軸の表面には、何も塗られていないため、木そのものの感触がとっても気持ちいいです。
経年変化で、だんだんと軸の色が濃くなってきています。
カエデ_ペン先
ペン先は柔らかめで、書くときには若干しなります。書き味は、少しシャリシャリとした感じです。太さはMなのですが、書ける線は細目です。
インクフローが少々渋めな感じですので、ペンクリでフローを増やしてもらったら、どうなるかななどと考えています。
カエデのペン先の大きさは、カスタム742と互換性があるそうです。
いつかカエデに、フォルカンのペン先を移植したいと思っています。
(自分用のカエデを買わねば・・・(^^;)

カエデ_名入れ
軸に名入れをしてもらっています・・・「piyo」って入っています。

カエデ_汚れ
使い始めてすぐに、軸にインクが付いてしまったらしく、汚れてしまいました。
表面が保護されていない木なので、インクが染みこんでしまいました。







最終更新日  2010年03月29日 23時46分52秒
2010年03月23日
カテゴリ:万年筆
うめだ阪急で I LOVE PEN, I LOVE LETTER というイベントが始まります。(3/24~3/30)
イベントでは、セーラーとのコラボで、花梨の軸の万年筆が販売されるようです。21kペン先が付いて\63,000! とても買えませんが、一度現物を見てみたいですね。できれば限定と言わず、定番品として販売してもらいたいものです。






最終更新日  2010年03月23日 22時14分57秒
2010年03月20日
カテゴリ:万年筆
趣味の文具箱vol.16が発売になりました。表紙の青空のような色の万年筆がとても印象的。DELTAのエテルニタ。ドルチェビータスリムと同じサイズ。キングダムノートというお店のオープン2周年記念モデルで、50本限定だそうです。お値段は\63,000ということで、おいそれとは手が出せません。






最終更新日  2010年03月20日 22時34分08秒
2010年03月10日
カテゴリ:万年筆
今日から日本橋三越で、「万年筆フェア」が始まりました。昨年までの「世界の万年筆博」に比べると、大幅に規模が縮小され寂しい限り・・・。
今回の目的は、ペンクリニック。セーラーとパイロットがペンクリニックを開いています。
エスカレータで5Fに上がると、セーラーのペンクリニックが開催されています。お昼過ぎに着いたのですが、かなりの人が待っている様子。受付をすると前に10人ほどおり、100分位の待ちではないかとのこと。とりあえず時間をつぶすため、ぶらぶらしていると、会場とは反対側に文房具屋があり、その前でパイロットがペンクリニックを開いていました。セーラーのペンクリは、どこのメーカのものでもOKですが、パイロットは自社品だけということなので、利用したことはなかったのですが、今回はカスタム742FAがあるので、それを見ていただきました。細字で、まだ使い始めたばかりと言うこともあり、多少ざらつきがあったので、滑らかにしていただきました。

調整していただいている間、「カスタム742は、いろいろなペン先があるのに、軸は黒しかないので、カエデの軸とかで使えればいいのに」と言ってみると、「742とカエデは、ペン先の太さ、奥行きが同じなので、付け替えできる。」とおっしゃっていました。公式にはできないが、非公式に頼めば、やっていただけるとのことでした。うちにもカエデがあるので、やってみたいが、神さんのものなので、もう1本自分用を手に入れるしかないか・・・(^^;)

さて、セーラーのペンクリですが、受付から約2時間後にようやく自分の番となりました。
今回見ていただいたのは、1月に購入したプロフィットモザイク。こちらも細字のため、若干ざらつきがあったので、滑らかにしていただきました。
ペンドクターの長原幸夫さんは、ちょっと “こわもて” ですが、お話しすると、とっても気さくでやさしい方です。 隣の方が智頭杉の万年筆を購入されているのを見て、「いいなあ」と言っていると、「今がチャンスですよ!」と背中を押されてしまいました。思わずクラクラッとなってしまいましたが、既に上期はフォルカンとモザイクを購入しており、ひな人形まで買ってしまったので、あやうく思いとどまりました。

智頭杉は、表面をコーティングしていないので、エイジングが楽しめるようです。また、ケースも木の箱となっており、とってもよさげでした。









最終更新日  2010年03月10日 23時57分35秒
2010年02月23日
カテゴリ:万年筆
パイロット カスタム742フォルカンです。
フォルカン
パイロットのカスタム742シリーズは、様々なペン先が選べ、しかも2万円を切る価格で購入できる、とてもお得な万年筆です。
特殊ペン先の場合、軸色が黒しか選べないのが残念です。
このフォルカンは、昨年の12月に、期限切れ寸前のポイントがあったので、思わず注文してしまったものですが、メーカ欠品のため、先日ようやく届きました。
フォルカンは、ペン先の両サイドが丸くえぐられた形状をしており、非常に柔らかいペン先をしております。ちょっと紙にペン先を押しつけると、ペン先がしなり、切り割りが開きます。
このため、筆圧に強弱を付けながら書くと、止め跳ね払いが、きれいに出ます。
できれば、このペン先を、カエデのような木軸に付けて使ってみたいものです。






最終更新日  2010年02月28日 20時39分18秒
2010年02月06日
カテゴリ:万年筆
ペリカンM320グリーン(EF)です。
M320
とってもきれいな緑色で、ネットで写真を見ては、「いいな」って思っていました。
一度実物を見たいと思い、丸善にいってみると「小さい! こんなに小さいの?」というのが第一印象です。
あまりの小ささに、自分の実用には向かないかなと思い、そのときは購入を見送りました。
しかし、あのきれいな緑色が忘れられず、また「柔らかいペン先」ってどういうものか試したい、「限定」なので手に入らなくなる、ということもあり、結局通販で購入してしまいました。

ペリカン兄弟の大きさ比較です。
ペリカン兄弟
手前から、M320,M205,M600になります。
M320はひときわ華奢で、強く握りしめたらパキッと折れてしまいそうです。
特にキャップは薄く、丁寧に扱わないと割れてしまいそうです。
「柔らかいペン先」ですが、たしかに紙に押しつけるとペン先がしなります。
ここで気づいたのは、「柔らかいペン先」=「柔らかい書き味」ではないということです。
「柔らかい書き味」ということでは、プロギアスリムのMFの方が上です。
M320のペン先はEF、プロギアはMFです。太い方が柔らかく感じるということもあるかと思いますが、実際に書ける太さではプロギアのMFの方が細い線が書けます。
「柔らかいペン先」というのは、書いているときに、筆圧によりペン先がしなるので、独特の書き味があります。今後M320のペン先がもっと馴染んできたときに、どのようになっていくか楽しみです。






最終更新日  2010年02月28日 20時39分59秒
2010年02月05日
カテゴリ:万年筆

ペリカンM320ルビーレッド
が予約開始されました。

深く透明感のある赤。おまけに文栄堂さんではペリカンフェアをやっていて、本革ペンケースとボトルインクが付くそうです。
思わずくらくらしてしまい、危ういところで踏みとどまっています。
とりあえず発売されたらどこかで現物を見てみたいと思います。






最終更新日  2010年02月28日 20時40分36秒

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

日記/記事の投稿

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.