130710 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ものごいかっぱのあめふらし

全3件 (3件中 1-3件目)

1

2012年03月25日
XML
カテゴリ:
ドキュメントスキャナのScanSnapを購入して、自宅の本の電子化を始めたのですが、本をカッターと定規を使って、切っていくのって意外と大変です。
何度も何度もカッターを使わなきゃならないし、定規を当ててもゆがんでしまいます。やはり大量に自炊をするなら、裁断機はあった方がいいということで、カール事務器のDC-210Nを購入しました。

裁断機っていうと、刃のついたレバーを上に持ち上げてザクリと切るタイプしかしらなかったのですが、これはディスク状の刃がついているディスクカッターというタイプです。刃が外に出ていないので安全です。

裁断機
裁断機 posted by (C)ものごいかっぱ
右側に見える黒い小さな箱がカッターです。

箱を開けるとこのようにディスク状のカッターがセットされています。
カッター部
カッター部 posted by (C)ものごいかっぱ

この裁断機で一度にカットできるのは40枚。
カットできる厚みまで本をばらす必要はあります。

本をばらす
本をばらす posted by (C)ものごいかっぱ

裁断できる厚みにばらした本を、裁断機にセットし・・・
裁断機にセット
裁断機にセット posted by (C)ものごいかっぱ

カッターの黒いボックスを上下に1往復するとスパッとカットされます。
裁断
裁断 posted by (C)ものごいかっぱ

裁断機を導入すると、作業がとてもはかどりますね。
継続的に自炊をするのであれば、導入することをおすすめします。


あっという間に5冊完了です。
電子書籍の本棚
電子書籍の本棚 posted by (C)ものごいかっぱ














最終更新日  2012年03月25日 13時56分22秒
2012年03月20日
カテゴリ:
PDFに自炊した本や雑誌。iPhoneへ転送してみましたが、これを閲覧するアプリがなかなか納得のいくものがありませんでした。
右開きができなかったり、見開き表示ができなかったり、見開き表示ができてもきちんとページを合わせてPDFを作らないとならなかったり、ページめくりのエフェクトがなかったり・・・

そんな中、これだ!というアプリが見つかりました! しかも無料!!

SideBooksというアプリです。


本棚(木目調)の表示
SideBooks 本棚2
SideBooks 本棚2 posted by (C)ものごいかっぱ
木目表示は色の違いで3種類から選べます。

木目以外にも 青空と雲の本棚、竹林の本棚を選ぶことができます。
SideBooks 本棚 3
SideBooks 本棚 3 posted by (C)ものごいかっぱ


こんな風に一覧表示にもできます
SideBooks 本棚
SideBooks 本棚 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらは設定画面
本を右開きにするか左開きにするかを設定できます。
ここではデフォルトをどちらにするかを設定しますが、本毎に個別に設定することもできるのがとてもありがたいです。
見開き時の表紙 あり/なし の設定は、iPhoneを横にして見開き表示にしたときに、1ページ目を表紙として1枚だけ表示させるかどうかの設定で、ここを切り替えることで、本の見開きを正しく表示するように調整することができます。
SideBooks 設定画面
SideBooks 設定画面 posted by (C)ものごいかっぱ

見開き表示
SideBooks 見開き表示
SideBooks 見開き表示 posted by (C)ものごいかっぱ

ページをめくるエフェクトもあって大満足です。

iPadにも対応しているようです。・・・iPadほし~^^;









最終更新日  2012年03月21日 22時40分42秒
2010年04月16日
カテゴリ:
今日は仕事を19:30に切り上げ、丸の内の丸善へ行ってきました。
セーラーのペンクリニックをやっていたのですね。ペンドクターは川口さんのようです。
着いたときには20時近かったので、既に終っていましたが・・・
今日の第1の目的は、「桜森」。セーラーのインクです。
お店の人に聞いてみると、既に売り切れ・・・。でも5月になったらまた入荷の予定があるそうです。ピンクのインクなんて、そんなに需要があるのかなあ?

もう一つの目的は、ツイッターで知った「岐阜の山城を歩く」という本。
どんな内容なのかを確認したかった。

中を見ると、山城の縄張り図(というのか? 山の等高線に郭の配置が描かれているような図)に、遺構の写真に城の説明。戦国の山城なので、土塁に堀切(土の盛り上がりや溝ですね)たまに石垣といった感じで、まだまだ私には敷居が高い!春風亭昇太師匠クラスにならないと厳しいかも・・・。というわけで、とりあえず今回は保留。興味はあるので今後、購入する可能性はあります。他にも「近江の山城を歩く」「静岡の山城を歩く」といったものが置いてありました。

同じ棚を物色していて、目に付いたのがこの本。
「戦国の城と合戦」

これはCGで、戦国時代の城を再現した絵が描かれており、戦国の城初心者としては、こちらの方が、取っつきやすい。
今の城のイメージは、「天守」「石垣」ですが、戦国時代は「天守」も「石垣」も無い城の方が一般的。この頃の様子を再現した本は、いままであまり無かったのではないかと思う。

ついでにもう一冊見つけたのがこれ。
「真田信繁」

「真田信繁」って誰?という人も、「真田幸村」と聞けば知っているハズ。
「幸村」って名前は後世の創作で、本人は「信繁」と名乗っていました。
「信繁」を前面に押し出したものは、初めて見ましたので、とても興味を惹かれました。
本屋さんってこういう出会いがあるところがいいんですよね。

そんなわけで、「戦国の城と合戦」と「真田信繁」を・・・樂天ブックスで注文しました・・・(^^;) ごっごめんなさい丸善さん。だってポイントが付くんだもん。
文房具一杯買ってるから許して~<(_ _)>






最終更新日  2010年04月17日 01時20分03秒

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

日記/記事の投稿

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.