1570981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ものぐさ父さんの子育て

PR

全89件 (89件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

中学受験(長男)

December 29, 2011
XML
カテゴリ:中学受験(長男)
首都圏の中学受験本番まで残すところあと40日を切りました。うちの長女もいよいよ本気スイッチがはいりつつあるようです(たぶん)。

SugarSyncに登録して、無料オンライン・ストレージ容量 5GB をゲットしよう!

Jimdo 別館こちらのページ中学受験に関する日記をまとめて整理してみました。読み返してみると、新小6から本格的に受験勉強を始めた長男の受験は本当に大変でした。

さて、長女の受験はどうなることやら。

PS: 掲示板へのコメント、お待ちしております。

ものぐさ父さん.com

  • ホーム
    このブログと連動しています。楽天ブログにアップされた最新の記事もこちらからご確認いただけます。
  • プロフィール
    プロフィールです。
  • 子育て
    子育てネタをまとめてみました。過去に楽天ブログにアップした『本の好きな子にしたい』という記事もアップデートしてこちらに掲載しました。ぜひ、ご覧下さい。
  • 教育
    主に中学受験ネタです。3年前の長男バージョンと現在進行形の長女のバージョンに分かれています。
  • 英語の修行
    英語では苦労しています。なんとかもう少し実力をつけたいのですが、なかなか一朝一夕にはいきません。
  • アップル
  • アフィリエイト
  • リンク
  • 掲示板
    楽点ブログの掲示板機能が終了してしまうので、今後はこちらの掲示板をお使いいただけると嬉しいです。
  • お問合せ
    楽点ブログのメッセージ機能が終了してしまうので、今後はこちらのメッセージ機能をお使い下さい。
楽天プレミアムカード

航空会社マイレージプログラムの
ゴールドメンバーじゃなくても
ラウンジが毎回無料で使える!!

【海外出張が多いビジネスマンにおすすめします】

275 以上の都市、90 以上の国や地域で 500 ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料付帯するクレジットカードの中で年会費が最も安いのは楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカード&プライオリティパスに関する投稿済み日記








Last updated  January 8, 2012 05:47:57 PM
コメント(0) | コメントを書く


December 28, 2011
カテゴリ:中学受験(長男)
前の日記からの続き)
さて、ここでようやく漢字の宿題の話になります。結論を申し上げますと、宿題の提出形式をもう少し変更していただけないでしょうか?勉強をしていないわけではないので、もう少し柔軟な目で見ていただけないかというのがお願いの趣旨です。

息子からは、次のような宿題がでていると聞いております。
  • 毎日3文字(毎日提出;土日分の6ページは、月曜日に提出)
  • その日練習する漢字を大きく書く
  • 部首を赤で塗る
  • 音読みを書く
  • 訓読みを書く
  • 画数を書く
  • 部首名を書く
  • 2行一文字練習
  • 1行熟語
  • 漢字を使って文を作る
  • 以上を1ページ150文字の漢字のノート1ページにやる

うちの息子の場合、この宿題を仕上げるのにだいたい7分~9分(丁寧にやった場合)/漢字・ページかかります。

小3以降の漢字の宿題を適当にやってきた息子にとってこの漢字の宿題は、正しい書き順を覚えるという目的には非常に役に立っています。しかし、いかんせん受験勉強に費やしている時間が多いため、宿題を終わらせると寝る時間がどうしても11時を回ってしまいます。今回のように週末に風邪をこじらせて寝込んだりした場合には、学校の宿題もたまってしまい、それを挽回するためにまた夜遅くまでかけてやらなければなりません。学校の勉強をないがしろにさせるつもりは毛頭ありませんが、11時には寝かしてやりたいのです。なら、塾をやめさせるあるいはもう少し早くに終わる塾に変ればいいじゃないかとお考えになるかもしれませんが、せっかくここまでがんばってきたのに可哀想ですし、多くの塾が小5から通い始めることを前提としたカリキュラムのため、小6から受験勉強を始めた息子には合わないようなのです。

具体的には、漢字の宿題の提出を1週間単位にしていただけないでしょうか?できれば、漢字の宿題は土日はお休みにしていただけるとさらによいのですが。また、せっかく練習しているので、学習の効果を確認するテストなどを定期的に実施して、テストの点数によって宿題の増減をしていただけるとより励みになるのではないかとも思います。

最後に漢字の覚え方についての私見を述べさせていただきますと、書いて覚えるという手法はかならずしもよい方法とは思えません。とくに高学年の子には、退屈すぎるのです。また、漢字を覚えるのに手をつかって覚えていると時間がかかりすぎます。まずは、書き順も含めてイメージをきちんとできるようになるまできちんと暗記をした上で2・3回書けば十分ではないかと思います。あとは、定期的に習熟度を確認してやることで、覚えている漢字とそうでない漢字把握させることが重要ではないかと思います。


SugarSync登録で、無料オンライン・ストレージ容量 5GB をゲット!
このリンクから SugarSync に登録すると、紹介者である私とあなた
の両方に 500 MB のボーナス容量が無料でプレゼントされます。


偉そうなことを書き連ね、ご気分を害されたかもしれませんが、私にとって息子は大切なこどもの一人です。彼の得意なことをより伸ばし、本当に打ち込める何かを見つけることの手伝いを少しでもしてやれればと思っています。この過酷な受験勉強の先に何があるのかは先に進んでみないとわかりませんが、漫然と公立中学に進むよりも、受験することを彼は選びました。私としては、それもちゃんとサポートしてやりたいと思っています。親ばかとお思いになるかと思いますが、私の心境をご理解いただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

楽天プレミアムカード

航空会社マイレージプログラムの
ゴールドメンバーじゃなくても
ラウンジが毎回無料で使える!!

【海外出張が多いビジネスマンにおすすめします】

275 以上の都市、90 以上の国や地域で 500 ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料付帯するクレジットカードの中で年会費が最も安いのは楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカード&プライオリティパスに関する投稿済み日記







Last updated  December 29, 2011 09:32:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:中学受験(長男)
小学校6年から(塾でいうところの新小6のカリキュラムが始まる2月から)塾に通い始めた長男が学校の宿題と塾の課題とを両立できず、どうしたものかと学校の先生に出そうかと思って書いた手紙の下書き*です。手直ししながら読み返してみると、学校の宿題と塾の両立、塾の宿題が思うようにこなせない息子、に対するいらだちを感じていたことを思い出しました。一方で学校の宿題を十分こなせない息子をなんとかしてやろうという気持ちも伝わってきます。
結局、学校の宿題を手加減してやってくれというこの手紙は出しませんでしたが、これだけ通塾、中学受験が当たり前になっている首都圏の小学校では、中学受験のために膨大な量の勉強をこなしている通塾生に対する配慮はあってもいいのかなと思います。
*: この日記は、2008年5月に書きかけた文章をベースにしています。


SugarSyncに登録して、無料オンライン・ストレージ容量 5GB をゲットしよう!
このリンクから SugarSync に登録すると、紹介者である私とあなた
の両方に 500 MB のボーナス容量が無料でプレゼントされます。


いつも息子がお世話になっております。ご相談させていただきたいことがお手紙を差し上げております。本当は、お会いして相談させていただくべきことであることは承知しておりますが、当面仕事をぬける余裕がないため、お会いしたこともないのにいきなり手紙でのご相談となり申し訳ありません。

現在、先生のご指導で毎日漢字の宿題がでておりますが、ご相談というのはこの宿題のことです。しかし、その前にこの2月から始まった長男の中学受験生活について説明させて下さい。

すでにお気づきかと思いますが、この4月から進学塾に通わせ始めました。息子が中学受験してみたいというので、いくつかの塾を体験受講して、結局小6からでも「なんとかなりますよ」と言って下さった現在通っている塾に決めました。多くの子が小5(早い子は、小4)から塾に通い始めている中、小6からの通塾でちゃんとついていけるか心配しておりましたが、自分から受験してみたいと言い出しただけに本人も真剣に取り組んでいます。3カ月ほど過ぎたところですが、以前から通っていた子たちにもなんとか追いついて参りました。

先生はよくご存じでしょうが、息子は小3の途中ぐらいからクラスでいろいろと問題を起こす問題児でした。音楽の時間にみんなと一緒に歌を歌ったり、楽器を弾いたりするのがいやだと言って、授業にでず石のように動かなかったり、体育の授業をボイコットしたり、ちょっとしたことで友だちと喧嘩したり、と小3・4、小5の担任の先生方には大変ご苦労をおかけしました(注: 小5の担任の先生は、ストレスで転校してしまいました)。

しかし、受験という目標を設定し、それに向かってがんばるようになってからは、人が変わったように落ちつき、前向きにがんばっています。私に似たのか、スポーツ特に球技が苦手な息子ですが、小さい頃から好奇心旺盛でいろんなことに興味を持ち、いろんな本を読む子です。本気になった時の集中力には、我が子ながら素晴しいと思うほどのものがあります。実際、小2の時に学芸会で演じた『半日村』では主役を非常にどうどうと演じ、いい意味でびっくりさせてくれました。
小学生に受験勉強をさせることがいいのか悪いのか、私自身もよくわかりませんが、勉強のできる子の多くが受験して、公立中学校に進まないことが多い東京ではよりレベルの高い切磋琢磨を求めるためには受験させるしかないのかなと思っています。自分ががんばれば人より秀でることができるのは勉強だという思いも、息子にはあるのかもしれません。

漢字の宿題の話にはいる前に、息子の現状をもう少し説明させて下さい。現在受験勉強のために通っている塾は平日は水曜日をのぞく毎日、夜10時まであります。月曜日が、国語、火曜日が算数、木曜日が社会、金曜日が理科といった具合に、曜日によって教科が決まっています。復習を重要視する指導方法のため、授業のあとにはかなりの量の宿題がでます。授業自体は、9時に終わるのですが、希望者は授業のあとに1時間残って自習することができる仕組みになっています。多くの子がこの時間を使ってその日の塾の宿題をできるだけやろうとします。友だちと一緒に取り組む方が集中でき、効率もいいようです。また、塾の先生も自習時間はついて下さるので質問などもできるようです。

夕食は持参したお弁当を塾で食べるからいいのですが、10時に塾を終えて帰宅する頃には10時半近くになっています。このあと、学校の宿題を終わらせお風呂にも入らなければならないのです。土曜日も午後から算数のオプションのコースを受けています。その日の宿題を土曜日の夜に終えることはほとんどなく、日曜日や翌週の土曜日の午前中までかかることがほとんどです。日曜日には平日の授業の宿題の残りもやらなければなりません。また、日曜日には模擬試験などもあるため、のんびりと羽を伸ばす時間はほとんどありません。

私も息子が受験勉強するようになってわかったのですが、中学受験の問題を解くのには学校の勉強だけでは全く歯が立ちません。とくに息子のように小6から塾に通い始めた子の場合には、それまでの蓄積がないので、通い始めた頃は毎日の塾の宿題をこなすのも一苦労でした。やりきれなかった宿題は、塾のない水曜日と土日を使ってやるのですが、知らないことが多い算数はとくに時間がかかります。それなりに息抜きなどはしているようですが、本当に合格という目標に向かってよくがんばっていると思っています。大人の私から見ても、こんなに大変なことをよくがんばっているなと思います。多少、発破をかける時はなくはありませんが、以前のようにだらだらと後回しにしたりすることはなく、やるべきことはきちんとやろうとしています。文部科学省のお役人の考えた指導要領に縛られることなく、自由に指導できる塾の先生ならではの好奇心を刺激する授業も楽しんでいるようです。

このような中、学校の宿題も(以前の息子では考えられないほどに)がんばってきました。私からも、学校の宿題もきちんとやらずに塾に通って勉強ができればいいなんて思うな、と強く言ってきましたが、本人もその考えには納得しているようです。しかし、このスケジュールの中で学校の宿題をすべてこなすためには下手をすると12時過ぎまで起きて勉強をしなければなりません(平日の帰宅後には、一切塾の宿題はやらせておりません)。

続く

楽天プレミアムカード
航空会社マイレージプログラムのゴールドメンバーじゃなくても
プライオリティ・パスでラウンジが毎回使えます!!

【海外出張が多いビジネスマンにおすすめします】
~もう航空会社にこだわる必要はありません~


275 以上の都市、90 以上の国や地域で 500 ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料付帯するクレジットカードの中で年会費が最も安いのは楽天プレミアムカードです。










Last updated  December 29, 2011 09:33:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 25, 2009
カテゴリ:中学受験(長男)
長男は、新小6から受験の準備を始めたため、学校選びに十分時間をかけることができなかったため、長女は、まだ小学校4年生ですが、すでに文化祭めぐりを始めています。

小6の秋ともなると、塾の勉強も忙しく、テストなども多いため、文化祭めぐりで長男を連れて行くことができた学校も限られてしまいました。しかたなく塾を休ませて見学に行った学校もありました。小4ですとまだまだ余裕なので、必要なら塾も休ませて見学に連れて行くことができます。小4の成績なんて当てにならないと思っていますので、まだまだ受験校を絞り込んでの見学というわけではなく、気軽にどんな雰囲気の学校があるのかをいろいろ見せてやるという趣旨でお母さんは連れて回っているようです。長女も、学校の雰囲気がいろいろあることがわかり楽しんでいるようです。さて、その文化祭めぐりで一番行きたがっていた超難関女子校がウェブサイトに文化祭の中止をアナウンスしていました。インフルエンザが理由とのこと。多くのお客さんが来てくれることを楽しみにして準備をしてきた生徒たちには、可哀想な決定です。でも、それだけインフルエンザによる欠席生徒数が多いということなのでしょう。

それでも日曜日には、どこかの文化祭を見に連れて行くようです。

私立中高一貫校レポート


中学受験でもっとも大切なこと、それは合格したいという志望校をきちんと持つこと。受験するお子さんが本当に入りたいという気持ちになることが何よりも大切だと思います。
中学受験進学レーダーの連載記事、「私立中高一貫校レポート」では毎月写真入りで中高一貫校を紹介しています。






Last updated  October 7, 2009 02:43:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 15, 2009
カテゴリ:中学受験(長男)
ようやく長男の合格祝賀会を開催することになりました。(なぜかお母さんのリクエストで)家族みんなで焼肉を食べにいきました♪

長男の合格がきまって、すでに1カ月と10日以上が過ぎています。その間、入学説明会も終え、教科書も取りに行き、注文した学生服も到着しました。あとは、入学式を待つのみ。しかし、お祝いの会はお祝いの会なので、再度みんなで「おにいちゃん、合格おめでとう!」と乾杯しました。

私は、いつものテグタン、長女はクッパを注文。お母さんは上カルビ、長男はたん塩。肉類は、いずれもみんなで食べることができるように2人前ずつ。あと野菜、サラダ、イカ、豚カルビ、豚トロ、鳥ナンコツなどなどいろいろ注文。最後は、シャーベットでしめくくりました。

しかし、お祝いの会は何度やってもいいものです♪

楽天プレミアムカード
航空会社マイレージプログラムの
ゴールドメンバーじゃなくてもラウンジが毎回使える!!

【海外出張が多いビジネスマンにおすすめします】
275 以上の都市、90 以上の国や地域で 500 ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料付帯するクレジットカードの中で年会費が最も安いのは楽天プレミアムカードです。






Last updated  December 29, 2011 09:42:55 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 12, 2009
カテゴリ:中学受験(長男)
中学受験を終えて1週間。長男もすっかりもとのダラダラ男に戻ってしまいました。
さて、なぜ中学受験をさせたのかについて、もう一度落ち着いて考えてみました。

一言で言ってしまえば、公立小学校の先生にがっかりしたから、というところでしょうか。
うちの息子は、ちょっと変ったところのある子でした。たぶん好奇心が非常に旺盛なことが大きな原因の一つだったのだと思います。命令調の先生の言うことに素直に従えないところがあったようです。で、面倒な子って言う風にくくられてしまったようです(特に1・2年生の時の担任の先生)。多くの場合、公立の学校では「普通の子」であることが求められています。つまり、教えやすい子、管理しやすい子です。先生の都合なのです。

あとは、理解が速い方だったと保育園の頃にみんなから言われていたことも理由です(小学校の成績は必ずしもよくありませんでしたが)。実際、3歳の頃には『エルマーのぼうけん』シリーズを読み聞かせではありますが楽しんでいました。ひらがなを読めるようになったのは、小学校入学直前でしたが、すぐにすらすらと読めるようになり、ハリーポッターシリーズには1年ちょっとでたどり着いたと記憶しています。こんな子でしたので、好奇心をきちんと与え続ければ伸びると思っていました。ところが、すぐに学校の授業では物足りなくなってしまったようです。公立中学でその子にあった課題を常に与えてくれるなら、それで十分だと思うのですが、それが期待できないことは小学校で十分すぎるほどに理解しました。実際、塾に通わせてみると、「授業が面白い」と楽しんでいました。野球が上手な子が野球の強い学校に、サッカーの得意な子がサッカーで有名な学校を目指すように、勉強が得意な子はそういう子が集まる学校を目指すのはごく自然なことだとも思います。
競い合う友だちがいるっていうことも多感な中学生時代には重要ではないかと思います。東京の場合、中学受験で歯抜け状態の公立中学には地方の公立中学のような雑多さを求めることもできません。成績上位層は、私立中学に進む子が多いので、同じレベルで競い合う友だちに巡り会える可能性は、地方の中学よりずっと低いと思います。地方の中学ですら、同じ公立進学校に進む同級生は1割程度でしたから。

しかし、そのために1年間を中学受験のために費やしました。外で遊ぶべき時間も、一緒に料理を作ったりする時間も、工作などで創意工夫を試したりする時間も、読書をする時間も、お話を作ったりする時間も、すべてあきらめて勉強をしなければなりませんでした。それが、よかったのか悪かったのかはわかりません。選ばなかった人生は検証しようがないからです。
逆に言えば、選んだ人生をよい選択だったと言えるように過ごして欲しいと思います。

楽天プレミアムカード

航空会社マイレージプログラムの
ゴールドメンバーじゃなくても
ラウンジが毎回無料で使える!!

【海外出張が多いビジネスマンにおすすめします】

275 以上の都市、90 以上の国や地域で 500 ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料付帯するクレジットカードの中で年会費が最も安いのは楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカード&プライオリティパスに関する投稿済み日記










Last updated  February 14, 2009 11:21:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 10, 2009
カテゴリ:中学受験(長男)
志望校の発表日の晩とその翌日には長男が「繰り上げ合格」という言葉を何度も口にしていました。未練があったのでしょう。志望校への思いが強ければ強いほど、残念な結果となったときに落ち込むのは当然です。また、中学受験を受験生であるお子さんとともに歩んできたお父さん・お母さんにこの志望校への未練が強く残る傾向があり、意外なほど引きずることが多いようです。私も、例外ではなく、つい調べてしまいました。


繰り上げ合格とは、一言で説明すると「入ってくれると思って合格に出した生徒のうち、想定していた人数以上に入学を辞退する生徒がいて、定員割れしないように合格最低ラインを下げて追加合格を出すことです」。多くの私立が合格発表の翌日には、合格者に入学手続きをすることを求めていますが、これだけでは最終的な入学者が確定できません。複数の学校から合格を勝ち取った生徒の最終的な進学先がすぐには決まらない(はっきりしない)からです。

ポイントは、東京・神奈川の私立男子中学の召集日への参加の有無により学校側が入学辞退者の確実な人数を把握するということです。また、慶応中等部の入学手続きが2月10日にあります。筑駒、開成、麻布、駒東などの入学説明会が翌日の2月11日です。この説明会を欠席すると、自動的に入学を辞退したと見なされ、その資格がなくなります。

例えば東京の男子最難関校とされる筑駒を受験する生徒は、当然のことながら御三家(開成、麻布、武蔵)あるいは駒東などと併願しています。普通は、これら学校とのダブル合格者は合格者集合日の11日には筑駒の合格者説明会に参加しますので、これら学校の説明会には参加できず自動的に入学を辞退したものと見なされます。学校側もそれを見込んで大目に合格者を発表するのでしょうが、入学者が多すぎる事態も避けなければならないでしょうから、ある程度の繰り上げ合格を考慮して合格者を決めているはずです。また、開成などは関西からの受験組も多いらしく、筑駒合格者と合わせるとかなりの数の辞退者があるようです(数十人~百人の規模)。
さらに繰り上げ合格になった生徒がその学校への入学を決めると、当初進学を決めていた学校には、定数の穴が開くことになるわけです。つまり、ここから先は難関校、中堅校へと玉突きのよう広がり、雪崩現象的に繰上げ合格の連絡が出始めるようです。原理的には、入学手続きの期限である合格発表日直後にも繰り上げ合格の連絡があってもおかしくないはずですが、やはりメインは12日以降になるようです。


繰り上げ合格の知らせが嬉しいかどうかは、お子さんによって異なるでしょう。実際、うちの息子も第二本命校の合格が決まるまでは、志望校からの繰り上げ合格に最後の望みを持っていたようですが、第二本命校の合格で気持ちをうまく切替えることができたようです。また、さらに合格者説明会などを経験して、すでに気持ちが進学を決めた学校に向いている場合もよくあるようです。むしろ親がひきずるケースが多いようです。特に開成や麻布のような最難関校を長年かけて目指してきたような場合には、気持ちの切り替えが簡単にできないのも無理はないかもしれません。

多くの方々がおっしゃっているようにお子さんが合格を勝ち取った学校が「縁のあった学校」なのだと思います。いつまでも繰り上げ合格に期待を残すことなく、「縁のあった学校」に合格したことをきちんと喜んであげること、褒めてあげることが大切だと思います。もちろん、実際に繰り上げ合格の連絡が来た時には、総合的に判断したらいいと思います。

楽天プレミアムカード
航空会社マイレージプログラムのゴールドメンバーじゃなくても
プライオリティ・パスでラウンジが毎回使えます!!

【海外出張が多いビジネスマンにおすすめします】
~もう航空会社にこだわる必要はありません~


275 以上の都市、90 以上の国や地域で 500 ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料付帯するクレジットカードの中で年会費が最も安いのは楽天プレミアムカードです。






Last updated  February 11, 2009 08:59:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 9, 2009
カテゴリ:中学受験(長男)
どこの塾でも年末にはどこの学校を受けるかの相談会が開かれると思います。

楽天カード】:使ってます。貯まったポイントの使いやすいカードです。
公共料金もカード引き落としにすると結構なポイントがたまります。

まあ、最難関校に余裕で合格できるほどの実力をつけていれば別でしょうが、たいていは実力よりちょっと上を狙ってしまうものです。文化祭を見て、長男が行きたいと言い出した学校は彼の現在の塾の成績を考えるとかなりのチャレンジ校です。塾の先生との受験校の相談では、当初先生からは志望校はそのままにして併願校にはもっと合格の可能性が見込める学校を加えませんかとのご提案をいただきました。結局、1月校に合格して2月校全滅の時に1月校に通うかどうかがポイントになりました。通学には歩く時間も含め1時間半弱かかりますが、「ここしか合格しなかったら行かせようと思っています」と決めたことが、W出願*などもせずに2月の受験でチャレンジ校ばかりという攻撃的な受験パターンを選ぶことにした理由でした。もちろん、1月校不合格の場合は2月受験校の見直しをするとの前提でしたが。
* 同一受験日に複数の学校に願書を提出すること。受験日までの合格・不合格の結果を見て、受験日当日にどこの学校を受験するを選ぶ。押さえ校などへの合格を決めていれば、チャレンジ校を受験するなど受験パターンを変更する余地が残せるが、やりすぎると受験料がものすごくかかるのが欠点。

東京の中学受験で、1月校はお試し受験という位置づけです。そのほとんどが埼玉や千葉の学校になるため、住んでいる場所にもよりますが、通うことを前提というよりは模試ではなく本番の試験に慣れるとか合格を勝ち取って自信をつけるとかそういう意味合いが強いと思っていました。当初、私自身は1月校受験に否定的でした。行くつもりもない学校を受けて合格したからといって、自信がつくものだろうかと思っていました。しかし、塾の先生が提案してくれた学校で1校はぎりぎり通学圏内でした。また、この学校は入学手続きも東京受験校の結果が出そろうまで待ってくれるという、親の負担を考慮したものでしたので、受験を決めました。

生まれて初めて体験する中学受験の本番ではあるものの、どうしても入りたいという学校ではない、というちょうどいい緊張と余裕のバランスだったの幸いしたのか、2月受験校とほぼ同じレベルの1月校に合格できました。長男の喜びようは想像していた以上のものでした。もちろん、その学校に行きたいという気持ちからではなく、年々合格が難しくなってきているこの学校に合格できたということが嬉しかったようです。やはり塾の先生が言っていた通りでした。小学生には、こうした自信が最後の何週間かを乗り切る上で大切なのだと。無事1月校合格を勝ち取った長男は、この学校を「おさえ校」とできたことで、予定通りの挑戦的あな2月校出願パターンを貫くことができました。


後は、とにかく最後まで信じてあげることしかできません。実際、最後まで実力は伸びると本人も私も信じてやり抜けたと思います(私自身が安心したいこともあり、ぎりぎりまで過去問演習もやらせてみましたが、結局安心はさせてもらえませんでしたが…)。

2月校全滅もあり得た中でなんとか納得のいく結果が残せたのは、信じることで引き寄せた運のおかげだったと思います。

メインのクレジットカードを「楽天カード」にしませんか?

私も楽天カードを使っています(今は、楽天プレミアムカードに変更しましたが)。楽天での買い物が多いので、ポイントを無駄にすることがないのがいいですね。お勧めします。






Last updated  February 11, 2009 10:42:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:中学受験(長男)
1年間の中学受験を終えてみて、中学受験でもっとも大切なことは、合格したいという志望校をきちんと持つことではないかと思います。過酷な受験を乗り切るためには、お子さん自信が本当に入りたいという気持ちになることが何よりも大切だと思います。

我が家の場合、新小6からの受験だったため、文化祭めぐりなどは小6の夏以降からでした。それが、小6前半での本気度が今ひとつだった大きな理由ではないかと思っています。
中学受験進学レーダーの連載記事、「私立中高一貫校レポート」では毎月写真入りで中高一貫校を紹介しています。志望校を選ぶ上で役に立つのではないかと思います。







Last updated  February 10, 2009 09:16:52 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 6, 2009
カテゴリ:中学受験(長男)
1年間の中学受験生活が終わりました。お母さん(妻)は、もう長女の受験を考え始めているようです(お母さんだけが、まだ志望校に落ちたことを引きずっています)。長女には4年からの通塾を、などと言い始めています。そろばんは辞めるにしても、週3回のバレエにヤマハとバイオリンをどうするのか、ひともめしそうです。

さて、まだ受験の記憶が新しいうちに思ったこと考えたことを残して置きたいと思います。

まずは、過去問演習と本番についてです。うちの息子は、合格した学校も含め受験したすべての学校の過去問演習で一度として合格者最低点に到達できませんでした。進学することになる第二本命校は過去4年分をやりましたが、もっとも高得点の時で合格者最低点との差が17点でしたので、本番の試験は過去問演習とは違うものだとということなのでしょう。息子が通う塾の先生によると、男の子の約2割が演習と本番とでは力の出方が違うとのこと(練習だとどこか本気になりきれない)。
逆に言うと、過去問演習で安心してはいけないということですが、親としては過去問演習で合格最低点を超える結果を出して安心させて欲しいというのが本音です(私もそうでした、はい)。直前になると、過去問演習で悪い点でも「なんだこの点は!」「今の時期にこんな点数でどうするんだ!」などとも言えず、ストレスがたまりました。

あと実際に過去問演習までやらせてみるとよくわかるのですが、受験する学校によって問題の傾向、形式などが大きく異なることは理解しておくべき重要なポイントだと思います。偏差値はあくまでも目安であり、合格したい学校が早くから固まっているのであればその準備は十分すぎるほどやっておいた方がいいと思います。ほとんど出ない問題っていうのも、学校によってはありますから、無駄にエネルギーを使わなくてもよくなります。
また、出題傾向と関係するのでしょうが、問題との相性というのがあると思っています。偏差値的には余裕で合格できるはずの、4日受験校の第1回の問題でも最低合格点には到達しませんでした。したがって、第2回の試験で合格を勝ち取れなかったのももっともと言えばもっともでした。

そうは言っても、過去問での相性が、もっともよかったのは合格を勝ち取ることができなかった志望校(それでも -4点がもっともよい点数)だったわけですから、やはり試験は水ものです。まぁ、ギリギリのところで挑戦させているので、仕方ないのかもしれませんが…

楽天トラベル






Last updated  February 8, 2009 09:59:57 AM
コメント(0) | コメントを書く

全89件 (89件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.